アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

猫を助ける賃貸住宅!猫と暮らしながら働ける複合型施設が三軒茶屋にオープン

目次


新生活に向けて転居が増えるシーズンが到来。せっかく引っ越すのなら、猫と生活してみたいと夢見る人も多いだろう。そんなネコ好き必見の複合型施設「SANCHACO」が、6月より三軒茶屋にオープンする。

オープンを前に、同施設のコンセプト・物件説明会が3月22日(日)に開催される。

「SANCHACO」とは?

「SANCHACO」とは、保護猫を譲渡するメゾネット型賃貸住宅と、保護猫駐在のワーキングスペース・カフェや、スナックなどが入ったレンタルスペースの複合型施設。猫と住むだけでなく、猫と一緒に働く・猫とともに街ともつながる、そんな暮らしが実現できるスペースだ。

ずっと猫を飼っていたけれど新生活でも飼い続けられるかどうか不安な人や、猫を介して多世代・多様な人たちとつながりを持ちたい人、保護猫活動に興味がある人などにぴったりの物件となっている。

猫と心地よく過ごすための工夫がいっぱい!

同施設では、1階は店舗や事務所として、ワーキングスペースのほかカフェやギャラリーの入居も想定。2階と3階は「猫と暮らすメゾネット住宅」として保護猫譲渡を前提とした環境住宅になっており、二層空間を利用した、猫が楽しく快適に暮らせるデザインに注目だ。

また、各部屋には、番号ではなく「Roomみけ」「Room​ちゃとら」など、猫好きの心をくすぐるネーミングがされている。

物件説明会を開催

そんな「SANCHACO」の物件コンセプト・募集説明会が、下北沢駅より徒歩2分の複合レンタルスペース「くらうましもきた」にて3月22日(日)に開催される。<午前の部>10:30~12:00、<午後の部>13:30~15:00の1日2回開催を予定しており、いずれも同内容なので都合にあわせて参加してみよう。

猫が楽しく快適に暮らせるデザインの家は、人間にも快適。これを機に、ずっと胸に温めていた猫との暮らしや、猫と働く夢をかなえてみては。

■「くらうましもきた」
住所:世田谷区代田5-35-26


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録