アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

おしゃれで機能的! ストレスも軽減できる「ペットフードボウルスタンド」

目次

家族の一員であるペットにとって、ストレスになることはできるだけ減らしたい。そんな望みを叶えてくれる、kurassoのネットストアで見つけた「ペットフードボウルスタンド」。おしゃれで機能的なこの製品の使用感をレビューします。

こんにちは♪キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

我が家には2匹の猫がいます。猫との生活を夢見る高校男子(長男)の強い希望で飼いはじめて1年半以上経ちますが、家族の猫愛が日を追うごとに増しています。猫との生活の経験者は私だけだったので、夫も子どもたちもはじめてのことばかり。何をどのくらい用意したらいいのか本を購入して勉強して、必要に応じて揃えてきました。

基本的に必要なものは揃ったけれど、なんだかちょっと使いづらい。もっとこうならいいのにな……そう感じるアイテムもちらほら。そう思っていたところ……ちょっと気になる悩みを解決してくれる、そんな製品をkurassoネットストアで発見しました!

ペットフードボウルのここが悩み

Img 3131

猫が我が家に来たときは生後1カ月半程度。小さくて体重も300gと500gしかありませんでした。食べるものは猫用のミルクとカリカリ。はじめはカリカリもミルクに浸して柔らかくしたもののほうが食べやすい様子でした。

そんな小さな子猫だったので、フード用のお皿は、2匹で一緒に使っても事足りるくらいでした。大きくなるにつれて、お皿は1匹にひとつ、水は自動で容器にたまるものに変更。100均で購入したステンレスのお皿を使っていましたが、安いし洗えるし、特に問題がないように思えましたが……段々と困ったことも出てきました。

■最後まで食べないので、いつもカリカリが残っている

底や隅に残ったカリカリが食べづらいのか、絶対にきれいに食べきることがありませんでした。そのため、いつお皿を洗うタイミングなのかがわからず、カリカリも古くなったものが残る状況に。

■お皿が移動する

ステンレスのお皿は軽いので、カリカリスペースとして設置している場所から猫たちが引っ張ってはみ出ていることがありました。

■ひっくり返す

同じく軽いため、ときどきひっくり返して悲惨な状況に。カリカリは拾えないこともありませんが、水を入れていたときはまわりが水浸しになってしまいました。家族が在宅のときはいいですが、誰もいない留守の場合、床に水がしみ込むとフローリングの変色や破損につながります。また、ほかに水がない場合は誰かが気づくまで猫が水を飲めない状況になります。長時間、猫だけで留守番をしている間にひっくり返してしまうと体調を壊すことになるかもしれません。

■食べ散らかす

猫は……食べ散らかします。犬のようにきれいに食べ切ってくれません。また、お皿からこぼしても知らん顔(我が家の猫たちだけ?)。大好きなかつお節ですら、お皿からこぼれてしまうとわからなくなってしまうのか、食べずに散らかったままです。お皿のまわりはカリカリやかつお節のくずが散らばっている状態によくなるため、こまめなお掃除が必要です。

このステンレスのお皿が使えないわけではありません。でも、もう少し使いやすいものはないかな?と感じていました。そんなときに見つけたのが「ペットフードボウルスタンドセット」です。

「ペットフードボウルスタンドセット」 はどんな商品?

Img 3079

kurassoのネットストアでは、生活の中でもう少し便利で暮らしやすくしてくれるような、選りすぐりのアイテムが取り扱われています。見ているだけでもワクワクするような製品が集められているので、試したいものがたくさん!その中で絶対これは使ってみたいと思ったのが「ペットフードボウルスタンド」。漠然と改善したいと感じていた猫たちのカリカリ容器の問題点を、いくつもクリアにしてくれる製品だったからです。

商品情報

■商品サイズ約W29×D15.5×H6cm ■品質表示フレーム:スチール(粉体塗装)ボウル:陶器 ■ボウル容量ひとつあたり:約300ml ■ボウル外寸ひとつあたり:約W13×D13×H4.5cm ■ボウル内寸ひとつあたり:約W9cm×D9×H4cm

お手入れ方法

■ペットが食べ終わった後は、ボウルは毎回中性洗剤できれいに洗浄・乾燥させてください。 ■フレームに付いた汚れや水分は乾いた布で拭き、しっかり乾燥させてください。 長時間、付着したまま放置すると錆の原因となります。 ■フレームは電子レンジ・食器洗い乾燥機・熱湯を使用しないでください。 ■フレームの水への浸け置きはお避けください。 ■錆・カビ・ヌメリ・変色を防ぐために、こまめなお手入れをおすすめします。 ■シンナー・ベンジン・漂白剤等の薬品は塗装を痛めますので、ご使用はお避けください。

汚れを放置することで、汚れが落ちにくくなり、傷みの原因になります。またボウルは陶器、フレームはスチールだということを考えて取り扱うことが大切です。

使用上の注意

※店頭・落下・ケガ・破損・変形・変色・接地面のキズ・錆等の原因となりますので、以下の点にはご注意ください。

■製品本来の用途以外でのご使用はお止めください。 ■製品は室内用です。野外では使用しないでください。 ■不安定な場所を避け、平らな場所に設置してください。 ■落としたり、ぶつけたりせず丁寧にお取り扱いください。 ■ボウルに使用している素材は、性質上サイズや形状、色等が異なる場合があります。 ■色の濃い食品や、着色料などを含んだ商品はボウルに色が付く場合があります。 ■ペットに製品を噛ませないでください。噛みつきによる破損につきましては返品の受付をいたしかねますのでご了承ください。 ■ひび割れや破損した場合はケガなどの原因となりますのでご使用をお止めください。 ■火が直接当たる場所、直射日光のあたる場所では使用しないでください。

ボウルは陶器なので、濡れても平気なので洗えるし、重みがあって安定感がありますが、割れます。しっかりしているので簡単には割れそうもありませんが、やはり強い衝撃は避ける必要があります。フレームは塗装がしてあるため、ちょっとくらい濡れても錆びないでしょうが、スチール製なので、濡れたままでは錆びます。塗装もできるだけ剥げないようにして、長く使えるよう心掛けたほうがいいですね。

「ペットフードボウルスタンドセット」 のここがおしゃれで機能的!

Img 3082

それでは、実際に使ってみてわかった使用感などを含め、詳しくレビューしていきます。ペットのこと、飼い主さんのことをよく考えて作られた製品なので、どんなところがこの製品の良いところなのかじっくりご紹介していきます。

おしゃれな質感

Img 3097

まずはこのスタイリッシュな質感。シンプルでとてもおしゃれです。私が選んだのはホワイトですが、ブラックもあります。どちらも部屋に馴染むようなビジュアルです。

Img 3095

陶器製のボウル。ホワイトといっても微妙な色の違いがあると思いますが、このボウルの色は柔らかい白で、しっとりとした優しい印象です。

Img 3096

しっかりとした重みの安定感と、角のカーブも柔らかさがあり、手に馴染みます。このカーブが、フードを食べるときの食べやすさや、洗うときの汚れの落ちやすさにもつながっています。

Img 3094

裏側は釉薬がなくザラザラした感触。

Img 3092

フレームはスチール製なので錆びますが、塗装がしてあるため、傷みにくく耐久性がUP。ザラザラっとした粉体塗装が上品でおしゃれ。つるんとした陶器のボウルの組み合わせで、表情に変化が付けられています。

このフレームの形状もとてもシンプルでスタイリッシュです。単にシンプルなだけでなく、使い勝手も考えられた上での無駄のない美しさだと思います。

取り外しできる

Img 3088

フレームとボウルは独立していて、取り外し可能となっています。そのため、ボウルを水でジャバジャバ洗っても、きちんと水分を取れば、フレームが錆びたりするなどの心配はありません。また、ボウルの片方だけ取り外すことも可能です。

組み合わせ自由

Img 3447

独立しているボウルが2つあるので、中に入れるものは自由に組み合わせることができます。ペットが1匹の場合は、フードと水を区別して設置できるので、これで両方置くことができます。

Img 3448

我が家は2匹いるのでどちらもフードを入れています。仲良く2匹同時に、並んで食べることができます。どっち側で食べるのか個々に決まっているようなら、それぞれに合わせたフードを入れることも可能。年齢や体調によって食べるフードが違うこともあるので、多頭飼いのお宅では便利です。

滑り止め

Img 3469

華奢に見えるフレームですが、しっかりとした機能性も考えられています。底面には4カ所の滑り止めクッションがあります。

Img 3470

この滑り止めのおかげで、フレームがずれたり、床に傷をつけるのを防いでくれます。

洗いやすい

Img 3438

陶器のボウルはお手入れしやすいように考えられています。取り外しが簡単にひとつずつできること、陶器なので水で洗えること、つるつる面は汚れがスルッと落ちやすいこと、角が丸みが付いているのでゴミがたまって取りにくい状態にならないこと、などが挙げられます。

Img 3440

水で洗い流せるのはやっぱりいいですよね!乾いてこびりついた汚れも、柔らかくなって洗い流せます。

Img 3441

簡単にスッキリキレイ!水分もすぐに拭き取ることができます。

ひっくり返らない

Img 3443

安定したフレームの形状とボウルの重み、底の滑り止めのトリプル効果でペットがこのスタンドを動かしたりすることはほぼなくなり、ひっくり返すことも、使いはじめてから今まで一度もありません!下に敷いているシートとの摩擦で動きづらさも増しているとは思いますが、効果は絶大。

ペットのストレス軽減

Img 3445

製品サイズを見ると高さは6cm。ボウルの外寸の高さは4.5cmなので、設置するとボウルが浮いている状態になります。ということは、ボウルの底が高いということ。ペットがフードを食べるときに床の位置まで体をかがめる必要がないので、腰への負担が軽減されます。また、頭を低く下げて食べることで食道に負担もかかるので、高い位置で食べることができるということはペットにとってはストレスが減ることにつながります。今までは、これがお皿に少なくなったフードを食べない原因のひとつでもありました。

Img 3436

横から見るとわかりやすいです。我が家の猫は標準的な大きさ。フードボウルスタンドの前にいるとこの位置になります。

Img 3435

フードを食べるときは体を低くし、ボウルにかがみこむようにして食べます。この高さだと、頭を下げるのは少ない様子。

Img 3446

立って食べてるとこれでも高さが低いかも?

「ペットフードボウルスタンドセット」 でここが解決!

Img 3453

しばらく試してみての使い心地は……。

■解決したこと ・ずれたり、移動したりしなくなった ・ひっくり返ることがなくなった

これはとても効果がありました。それに加えて、デザインがとても素敵なところも魅力的です。ボウルの取り外しができることで洗いやすさや使いやすさもあって、清潔感がキープできるのもいいですね。

Img 3281

■解決しなかったこと ・最後まできれいに食べることはやっぱりない ・食べ散らかす

前のお皿に比べると状況的には改善していますが、完全に解決とまではいきませんでした。猫だから仕方がない面もあるので改善しただけでも満足。トータルして考えると全ての悩みに改善が見られたといえるかもしれません。

ボウルとボウルの間にカリカリが挟まってしまうこともありますが、ボウルを外せばすぐに取ることができます。まわりにこぼす量はかなり減りました。

解決したことと、改善されたことを総合して、これは今後も使い続けたい!という結果。長く使うために、注意事項を守って使っていきたいと思いました。

「ペットフードボウルスタンドセット」 はどうやって購入できる?

こちらの製品はkurassoのネットストアで購入することができます。ネット注文すれば届くのでとても便利。いつでも手軽にお買い物できます。じっくり製品の情報を確認して購入するかどうか検討できるのがいいですよね!

Img 3074

こちらが届いたときの状態。

Img 3076

試しにプレゼント用に包装してもらいました。シンプルだけど品のあるラッピングです。クラフト袋に入ってリボンがかけてありました。こちらの包装は無料でしてもらえます。プレゼント用に注文してもいいですね。

まとめ

暮らしを便利にしてくれるアイテムを集めたkurassoのネットストアでは、生活グッズが数多く取り扱われています。その中でも今回は、前から悩みのあったペット用のフード容器を試してみました。紹介した「ペットフードボウルスタンド」はシンプルで上品なビジュアルながらも、ペットやお世話をする人のストレスを軽減してくれる工夫がいっぱい!ずっと悩んでいた問題も解決&改善し、お手入れや使い心地はとても良かったです。もしペットがフードを食べづらそうにしている、散らかしたりひっくり返したりする、お手入れしにくいなどの悩みがあったら、こちらの製品を試してみるといいかもしれませんよ♪

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録