アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

キッチンの未来形!ツヴィリングから調理家電「エンフィニジー」が誕生

目次


ドイツ・ゾーリンゲン生まれのキッチンブランド「ツヴィリング」が、3月26日(木)、調理家電シリーズ「ENFINIGY(エンフィニジー)」を発売する。

日本では切れ味のよいナイフが有名な「ツヴィリング」だが、今回発売される「ENFINIGY」シリーズは、業界最高水準のブレード開発に成功したブレンダーシリーズと電気ケトル、トースターを展開。すべて、世界的に著名なイタリア人デザイナーであるマテオ・トゥン氏がデザインを担当し、機能的かつスタイリッシュでタイムレスなデザインに仕上がっている。

ブレンダーシリーズは4ラインアップ


ブレンダーシリーズには、ナイフ作りの経験を活かして開発された特殊形状のステンレス製ブレード“ピラニアエッジ”を採用。シャープな切れ味が長持ちし、食材を驚くほど滑らかにブレンドしてくれる。


ラインアップは、「パワーブレンダー プロ」9万8000円(税別)<5⽉発売予定>、


「パワーブレンダー」3万9800円(税別)、


「テーブルブレンダー」2万4800円(税別)、


「パーソナルブレンダー」1万4800円(税別)の4種類で、容量の違いのほかそれぞれの機種に合わせた自動プログラムやマニュアルのパルスモードなど多彩なモードを搭載している。「パーソナルブレンダー」以外には自動で洗浄できるクリーニングモードも搭載されているので片付けもラクラクだ。

オシャレな電気ケトルとトースターも!


大容量1.5Lサイズで広口設計の「電気ケトル プロ」1万6800円(税別)、「電気ケトル」9800円(税別)<5⽉発売予定>もシンプルなフォルムが美しい。「電気ケトルプロ」は40℃の温めの他、60℃から100℃まで10℃刻みに最適な温度に設定でき、保温機能もついている。


キッチンを一層スタイリッシュに演出してくれそうな「ポップアップトースター」9800円(税別)は、7段階の焼き目調整機能が付いている。

見た目も機能も日々進化を遂げている調理家電に、引き続き注目だ。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録