アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

英語で「ワイシャツ」って言える?意外な和製英語な3つ

目次

海外で洋服を買うなんて、ちょっと特別な感覚でウキウキしますよね。でも、和製英語を使って赤っ恥をかいてしまったら、思い出が台無しに…。

服に関するフレーズは、日本で和製英語として使われているものとかけ離れています。この機会に覚えましょう!

 

その1:ワンピース

ワンピースって英語じゃないの?と思うかもしれませんが、典型的な和製英語。

 

一般的には「dress」が正解。「one piece」では通じません。

日本語で「ドレス」というとパーティーで着るような服を想像してしまいますが、英語ではワンピースもパーティードレスも両方「dress」を使います。

出典>>英語で「ワンピース」って言える?海賊ではなくお洋服のほうです

 

その2:ワイシャツ

皆さんが使ってしまいがちな「Y-shirts(ワイシャツ)」。実は「white shirt(ホワイトシャツ)」の“ホワイト”が“ワイ”に聞こえたことが由来だそうで、英語ではありません。

“襟付きのシャツ”を英語で言いたいときは「collared shirt」が正解です。

他にも「dress shirts(ドレスシャツ)」と表現することもできます。

出典>>英語で「ワイシャツ」って言える?答えは2単語です

 

その3:フリーサイズ

「フリーサイズ」は、和製英語。「free(フリー)」には“制限されない”といった意味もありますが、服のサイズについては通常使われません。「free size」と言うと“無料の大きさ”という意味に聞こえてしまうので要注意!

一般的には「one size fits all」もしくは「one size fits most」が使われます。「one size fits all」は、“一つのサイズですべての人に合う”という意味です。

出典>>英語で「フリーサイズ」って言える?カン違いしがち


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録