ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】「流産」と「切迫流産」の違いは? その原因とよくある症状

目次

妊娠検査薬で念願の陽性反応が出ると喜びたくなるものですが、悲しいことに「流産」は決して珍しくはありません。「切迫流産」という言葉を耳にすることもありますが、流産とはどう異なるのでしょうか。流産と切迫流産の違い、またこれらの原因やよくある症状についても解説します。

「流産」と「切迫流産」はどう違う?

1140510388

Getty logo

「切迫流産」との違いを考える前に、まずは「流産」について確認しておきましょう。

「流産」とは

人工妊娠中絶(人工流産)ではなく、妊娠22週未満で妊娠が終わることを自然流産(以下流産)といいます。

家庭での妊娠検査薬ではなく、医療機関での検査を経て確認された妊娠のうち、15%前後が流産になります。妊娠した女性の約40%が流産しているという報告もあります。

つまり、流産は決して珍しいことではなく、人知れず経験している女性は非常に多いのです。とくに妊娠初期に多く、流産全体の8割以上は妊娠12週未満の早い時期に起こっています[*1]。

「切迫流産」とは。流産とはどう違う?

「切迫流産(せっぱくりゅうざん)」は、「流産になる可能性が高まっている状態」のことをいいます。流産では妊娠を継続することができませんが、切迫流産はまだ流産に至ってはないので、妊娠を継続できる可能性があります。「流産になる可能性が高まっている」とは言っても、「切迫流産と診断された」=「流産する」ということではありません。あくまで「流産のリスクがあるので注意が必要」ということです。

「切迫流産」では少量の出血などの症状がありますが(症状についてくわしくは後述)、子宮口はまだ開いておらず、赤ちゃんも子宮の中で生存しています。

「切迫流産」から「流産」に至ることを確実に防ぐ方法は確立されていませんが、妊婦さんの状態に合わせて安静を指示されたり、妊娠16週以降で子宮の収縮がある場合は子宮収縮抑制薬による治療が行われる場合もあります。

「流産」と「切迫流産」の症状はどう違う?

「流産」とひとくちにいっても状態や進行具合によって分類され、それぞれ症状は異なります。ここでは、「流産」の時によくみられる症状と、「切迫流産」の時の症状について解説します。

「流産」でよくみられる症状

稽留(けいりゅう)流産

胎児・胎芽が子宮内で死亡しているものの、外に出ずに子宮の中にある状態です。自覚できる症状がないことが多いのですが、性器から少量の出血があることも。

進行流産

今まさに流産が進行し、子宮内のものが外に出てきている状態です。陣痛のような下腹部痛があり、性器から大量に出血します。

不全流産

流産が進行したものの、胎児・胎芽を含む子宮内のものが完全には排出されず、一部が残ってしまっている状態です。下腹部痛と性器からの出血が続きます。

完全流産

流産によって胎内のものが完全に排出された状態のことを指します。それまであった下腹部痛や出血が軽くなったり消えたりします。

「切迫流産」の症状は? 「流産」と症状は違うの?

「切迫流産」でよくみられる症状としては、「少量の性器出血」「軽い下腹部痛」「下腹部の張り(緊満感)」「腰痛」などが挙げられます。

ただ、痛みの感じ方は人それぞれなうえ、さきほど紹介したように、これらの症状は「流産」の場合も起こりうるものです。「流産」と「切迫流産」を症状だけから区別するのは難しいでしょう。もし、このような症状があったら、かかりつけの産婦人科に連絡をして指示を仰ぎましょう。

なお、まだ医療機関で子宮内に胎嚢(たいのう)があることを確認してもらう前で、大量の出血や急激な下腹部痛がある場合は、緊急の処置が必要であるケースが考えられるので、すぐに医療機関を受診してください。

「流産」や「切迫流産」の原因は?

妊娠を続けることができない「流産」と流産の危険はあるものの妊娠を続けられる可能性もある「切迫流産」。これらは何が原因で起こるのでしょうか。

「流産」と「切迫流産」の原因に違いはあるの?

「切迫流産」は「流産になる可能性が高まっている状態」のことと説明しましたが、その原因は流産と変わりありません。

妊娠10週未満の流産の原因の60~70%は、赤ちゃん自身の染色体異常によるものです[*2]。つまり、ある程度成長はするけれど、それ以上育つことができないとあらかじめ決まっていた赤ちゃんだったということです。

そして、妊娠10週以降の場合は感染症や子宮奇形、頸管無力症などの母体側の異常によるものが多いといわれています。ただし、母体側の異常とは言っても、妊婦さんが何かを控えたり努力したからといって防げないものがほとんどです。

流産をすると「私が無理をしたからいけなかったんだ」と自分を責めてしまう人がいますが、ほとんどは赤ちゃん側の問題で起こってしまう、仕方のないことなのです。しかも流産は最初に説明したとおり、珍しいことではありません。妊婦さん本人はもちろん、周囲の人もそのことをよく理解しておくことが必要です。

まとめ

「流産」と「切迫流産」の違いについて解説しました。流産は妊娠した女性の40%に起こる、よく起こると言っても過言ではない現象です。そこから考えると流産の危険が高まっている「切迫流産」もけして珍しいものではないでしょう。「切迫流産」と診断されたら、まずは医師の指示をよく聞いて守りましょう。また、流産の原因のほとんどは胎児の染色体等の異常によるものです。たとえ流産したとしても決して自分を責めないでください。

この記事の監修ドクター 産婦人科医・医学博士宋美玄先生 大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事

(文:今井明子/監修: 宋美玄先生)

※画像はイメージです

参考文献 [*1]日本産婦人科学会「流産・切迫流産」 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=4 [*2] 岡井崇ほか「標準産科婦人科学」(医学書院)p.326

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録