アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「ノーファンデ」にしてみたら、褒められ美肌になりました

目次

美肌は永遠の憧れ。これまでファンデーションで美肌つくりを頑張ってきた私が、ノーファンデメイクに変えてみたら、なんとそれだけで褒められ肌に。話題のノーファンデメイクのハウツーをまとめます!

「ノーファンデ」と「すっぴん肌」は別もの!

ノーファンデメイクとは、その名の通りファンデーションを使わないでメイクをすること。

それだけ聞くと、「肌はすっぴんでアイメイクやリップを塗るということ…?」と不安になりますよね。

だって、さすがに素肌の上からアイシャドウ塗ったって、全然映えない!!

勘違いしちゃう人も多いのですが、ノーファンデはすっぴん肌とは違います

あくまでもファンデーションは使わない、というだけなので、日焼け止めや下地は塗ってもOKなんです。というか、そうじゃないと外出歩くの無理ゲーじゃないですか。

日焼け止めや下地にコンシーラーで気になるところだけを隠して、仕上げにパウダー。

いつものベースメイクからファンデーションの工程を抜いたものがノーファンデメイクです。

ノーファンデメイクのメリットって?

ノーファンデのメリットは、何よりお肌の負担を少なくできること!いくらスキンケアをして下地をしていても、何層にも重ねてクリームやファンデーションを塗るお肌には負担がかかってしまいます…。しっかり落とすのも大変なので、毛穴汚れの原因にもなり、肌が呼吸できないような状態になってしまうことも。

ファンデーションにはリキッドタイプやクリームタイプなど、いろんなタイプのものがありますよね。

ファンデーションはどんな形状にしても品質を保つために、合成界面活性剤や防腐剤など、さまざまな添加物が含まれてしまうんです。それがお肌にさらなる負担をかけてしまっているんですね。

ノーファンデは基本のスキンケア+αくらいのメイクなので、お肌を休ませることができるメイク方法。

ファンデーションがないだけでかなりの時短にもなるので、忙しい朝にもぴったりです!

特に予定がなくて仕事だけ、ちょっと近くまで出かけるだけ、という日にもおすすめしたいメイク法。

ノーファンデメイクにはデメリットもあるの?

先述した通り、ノーファンデを「すっぴん肌メイク」と思い込んでしまい、何にもケアをしない無防備な状態のまま過ごしてしまうと、かなりお肌に悪影響が出ます。というのも、紫外線や乾燥、ホコリなど、家の中でも外でも、肌はよくない影響を受ける環境にあるんですね。

そんな環境で素肌を晒していると、外的影響をもろに受け、何かを塗るよりも大きなダメージを与えてしまうことも…。

日焼け止めや保湿など、必ずお肌を何かで守った上でファンデーションを無くす

それはノーファンデメイクの1番のポイントなんです。

最近は美容成分たっぷりのファンデーションも多いので、何もしない素肌より、ファンデーションを塗った肌の方がお肌には優しいなんてことも。

ノーファンデメイクの基本のやりかた

ノーファンデメイクは、基本下記の流れです。

1.スキンケア、保湿をしっかりと

メイクの前に、しっかりと保湿をして肌を整えるのがメイクの基本!これはノーファンデでも普通のメイクでも基本です。化粧水でしっかり水分を補給したら、乳液やクリームで潤いを閉じ込めます。

2.日焼け止め、化粧下地を塗る

化粧下地に日焼け止め効果があったり、日焼け止めで化粧下地もカバーできたり、最近はどちらかだけで1本化できる紫外線対策と下地。この工程はノーファンデメイクで1番のポイントになります!

肌荒れで肌に何も塗りたくない!という人も、日焼け止めは塗りましょう。紫外線は肌荒れ悪化の原因。ちょっとカバーもしたい方は、日焼け止め効果もある下地を使うのがおすすめです。

3.気になるところはコンシーラーでカバー

肌荒れが気になる方はこの工程はすっ飛ばしてOK!肌荒れは気にならないけど、肌の負担は減らしたい、という方はコンシラーで気になるくすみなどをカバー。

4.仕上げにパウダー

ノーファンデでもアイメイクやリップメイクはいつも通りする!という方がほとんどだと思います。パウダーで余分な油分を抑えないと、ベースメイク後のメイクがうまく決まってくれません。

ファンデーションがない分、透明感が出るものや毛穴カバーができるものなど、好みに応じてパウダーを選んでくださいね。

ノーファンデメイクにおすすめのSPF入り化粧下地

ノーファンデメイク、パウダーや日焼け止めはいつものがあるけど、下地で少し肌悩みをカバーしたい!という人向け、SPF入りで紫外線対策もできて、カバー力もある化粧下地をご紹介します。

これさえあれば スキンケア→下地→パウダー の3工程でベースメイクは完了!

素肌感のあるナチュラルメイクも叶えられます。

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBB

画像引用元
ラロッシュポゼ
商品名
UVイデア XL プロテクションBB
ブランド
ラロッシュポゼ
価格
3,400円(税抜き)

ラロッシュポゼは、フランスで誕生した敏感肌のためのスキンケアブランドフランスは肌に刺激が強い硬水なので、スキンケア用品はかなり保湿にも優れ肌に優しいものが多いんです!

世界82か国で90,000人以上の皮膚科医が採用しており(公式サイト参照)、その実力はお墨付き。

UVイデア XL プロテクションBBは化粧下地として使えるアイテム。

紫外線からしっかり肌を守りながら、シミ・色むらなど肌の気になる部分もしっかりカバーし、ツヤのある、自然で明るい印象に仕上げてくれます。このカバー力は本当にファンデーションいらず…!

SINN PURETE (ジョンマスターオーガニック) スムースフィットベース

画像引用元
SINN PURETE
商品名
スムースフィットベース
ブランド
SINN PURETE
価格
3,900円(税抜き)

SINN PURETEは、ジョンマスターオーガニックから派生したコスメブランド
自然由来のオーガニック成分で作られた、スキンケアとベースメイクのアイテムが人気です。

このスムースフィットベースは、カバーしながら、透明感も作ってくれる優秀下地。

SPF17 PA++で、ちょうどこの春の時期には嬉しい紫外線カット効果もあります!

1本でリキッドファンデーション、UVカット、下地、コンシーラー、コントロールカラー、美容乳液、肌引き締めの7役を果たす人気のベース。

いやいや、ファンデーション機能もあるやん!って思われた方、大丈夫。

むしろこの1本でコンシーラー機能もあるくらい肌をカバーしてくれるので、ベースメイクの工程カットというノーファンデメイクにはかなり向いています

素肌感を残した適度なカバー力に、ツヤ感と崩れにくさもプラス。

ワサビノキ種子エキスや、ミツロウなどの保湿・美容成分を配合。メイクしながらも、肌に負担を掛けずに素肌のキメを整えてくれます

ノーファンデメイク、実際のところどんな効果があった?

私がノーファンデメイクを始めたきっかけは「肌のため…」とかではなく、特に誰かと会う予定もないのにしっかりメイクするのが面倒で、カバー力強めの下地でメイクの工程をショートカットすることが目的で始めたものでした。

始めてみると時短できるし、周りから「肌の調子悪い?」とか「顔色悪い?」と聞かれることもなく、ポイントメイクにもなんの支障もない。

それどころか時間が経ってファンデーションがよれたり粉が浮いてくることもなく、メイク直しが気になることも減りました。

すっかりノーファンデメイクに慣れると、「厚塗り感ないよね」「コンシーラーなに使ってるの?」とベースメイクアイテムを聞かれるまでに…!

(ちなみにSINNのベースメイクを使ってます。ほんとカバー力と透明感がいい感じ)

時短もできて負担も少ない、クレンジングもさっぱりできる。

素肌感のあるナチュラルメイクも可能にしちゃうノーファンデメイク、ぜひ一度チャレンジしてみてください!


この記事を書いた人
コスメクリップライター: さとみ

関連記事


/

この記事の著者

cosmeclip

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録