アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お洒落度高め!レッド×ブルーでアートするネイルデザイン特集♡

目次

2020年の流行色でもある、レッドとブルー。今回は、これら2色を組み合わせてアートするネイルデザインにスポットを当ててみたいと思います。お洒落女子も注目しているこの2色を使ったネイルデザインにはどんなバリエーションがあるのか、さっそく見ていきましょう!

レッド×ブルーでつくるアシンメトリーネイル

 (614452)

Petit Nail Miu

via itnail.jp

JAFCA(一般社団法人日本流行色協会)が2020年の流行色に選んだ「ヒューマンレッド」と、PANTONE(パントン)が2020年のテーマカラーに選んだ「クラシック・ブルー」。ヴィヴィッドなレッドと夕暮れの空のようなブルーを組み合わせると、色々なデザインバリエーションが生まれそうですね。

例えば、左右のデザインを変えるアシンメトリーデザインはいかがでしょうか。爪ごとにレッドとブルーでカラーリングするシンプルデザインも、左右で配色を変えるアシンメトリーな仕上がりにするだけで、お洒落度がぐっと高まります。

これら2色はどちらも主張の強い色ですので、シンプルネイルをベースにしつつ、片方は1本だけレッドを、もう一方は1本だけブルーを使ったデザインに仕上げるのもおすすめです。

 (614454)

Treail (大阪)

via itnail.jp

レッド×ブルーネイルにペイズリー柄を取り入れて

 (614456)

affection TAKAKOnail

via itnail.jp

レッド×ブルーでアートするネイルには、ペイズリー柄を取り入れてみるのもおすすめです。

例えば、親指、薬指の爪をブルーで、残りの指の爪をレッドでカラーリングし、お好みの爪数本にペイズリー柄をアートするデザインはいかがでしょうか。レッドとブルーは暖色と寒色で正反対の色味ではありますが、同じ柄をアートすることで統一感が生まれ、素敵なデザインに仕上げられます。

レッドベース×ペイズリー柄ネイルに、ブルーの色味を活かしたデニムネイルを組み合わせて、カジュアルなデザインに仕上げるネイルも素敵ですよね!

 (614458)

noooooca. (東京都港区)

via itnail.jp

ブルーベースネイル×レッドアートでカジュアルに

 (614460)

affection TAKAKOnail

via itnail.jp

レッド×ブルーでアートするネイルは、ブルーベースのネイルにレッドのアートをプラスして、個性的でカジュアルなデザインに仕上げるのもおすすめです。

ブルーベースのネイルに、ドット柄やチェック柄、ハート柄、ダイヤ柄、といった感じでお好みのアートを重ねてみてください。爪全体にアートしてもいいですし、爪の一部分にレッドのポイントアートを施してもいいでしょう。

レッドのラメやグリッターを使ったり、鮮やかレッドのメタルスタッズやストーン、パールを使ったりするのもおすすめですよ!



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録