アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【ダメ男】「わっ、サイテー!」40代独女が出会いがちなダメンズの特徴

目次

春は環境が変わる人も多く、新しい出会いに期待する40代独女もいると思います。

知り合うのはいいけれど、恋に焦ると見落としてしまうのが相手の本性。

上辺だけの顔にほだされて好きになってしまい、いざ交際してみるととんでもないダメンズだったなんて、悲しいですよね。

「こんなハズでは……」と頭を抱えた40代独女に何があったのか、お伝えします。

 

「割り勘」から「おごり」が当たり前になって

「会社で異動になり、それまで関わることがなかった部署とも連携して仕事をするようになりました。

そこで出会ったのが年下のバツイチ男性で、慣れない業務で苦しむ私をいつもサポートしてくれて感謝を伝えていました。

『息抜きに』と彼からランチやディナーに誘われるようになり、しばらく男性と密な時間を過ごしていなかった私は、年甲斐もなくドキドキしてしまい。

支払いのときは、『私が出すよ』と言うと『女性におごらせるわけにはいきませんよ』といつも割り勘で、それも”対等に扱ってくれるんだな”とうれしかったですね。

ある夜、居酒屋で飲んでいつも通り別れようとしたら『帰したくない』と言われ、そのままホテルに行ってしまいました。

これはお付き合いOKってことでいいのかな、と思いながら確認するのが怖く、でも彼がそれからも誘ってくれるのを見て安心していました。

変わったのは、彼と食事やホテルに行ったとき、『持ち合わせがなくて』『今日支払いがあって』と私が出す場面が多くなったこと。

最初はそれでも良かったのですが、そのうち彼はお財布を出さなくなり、私が払うのが当たり前のような状態になっていました。

さすがにしんどいなと思い、おそるおそる『たまには割り勘にしない?』と言うと、

『そっちのほうが稼いでいるのに、俺との時間にお金を出すのがもったいないの?』

と返されて。

何も言えなくなってそれからもしばらく私が払い続けていましたが、旅行に出かける話が出たときに彼の分も私が出すのが当然の流れになっていて、『さすがにこの金額はきついよ』と言うと

『とりあえず銀行からでも借りて、ボーナスで返せばいいんじゃない?』

と真顔で言われて別れを決めました。

好きな女性に借金なんてさせないでしょ……」(39歳/営業)

 

★ 自分より収入が多いから、デート代はそっちが払って当然。男性でこんな考え方をする人は、まずダメンズと思って間違いありません。

好かれていることを知ると、途端に態度が変わるのがわかりやすいですね。

こんなときばかり年齢や稼ぎを持ち出すなんて、男らしさから遠ざかる姿。

ふたりで過ごす時間なのに女性の負担をいっさい無視して支払いを求めることに、愛情なんて感じられるはずがありません。

すっからかんになる前に別れる決意ができて、本当に良かったと思います。

 

付き合えない本命の”二番目”にされて

「失恋してからなかなか出会いがなく、新しい趣味でも楽しもうと思ってジムに入会しました。

そこで出会ったのがバツイチの男性で、お互い”傷を負った人間”同士気が合って仲良くなり、彼から交際を申し込まれました。

それまで、ジムで彼と特に親しくしている女性はおらず噂も聞いたことがなく、女性関係については安心していたのですが……。

付き合う前から知っていたけれど、彼はある女性インストラクターのレッスンが好きで熱心に通っており、その人と『こっそりふたりで飲みに行った』ような話は本人から聞いていました。

憧れみたいなもの、と口にするのを真に受けていたのですが、ジムの知り合いから『何年も前から口説いているのはみんな知っている』と言われ、私と付き合いはじめてからもずっとLINEでやり取りをしているらしく。

彼に問い詰めたら相変わらず『恋愛感情はないから』と言うけど、デート中彼のスマホが鳴り、その女性から『次はいつ会える?』とメッセージが送られているのが見えました。

頭にきて『こっそり付き合っているんじゃないの? それなら規約違反になるけど』と言ったら、

『余計なことをするな。

お前はどうせ二番目なんだから』

と激怒した彼に返されて、大ショックでした。

自分は『付き合えない本命の”2番目”』、いわば隠れみののような存在だったのかも……」(42歳/自営業)

 

★ レアかもしれませんが、両想いだけど交際できない恋人の代わりにされた、というこちらのケース。

周りに関係を隠すために”代打”を用意するなんて、人の愛情を何だと思っているのでしょうか。

「交際期間が短かったことだけが救い」とこちらの女性は話していましたが、規約違反を持ち出されて本音を漏らすダメンズなどさっさと切るのが吉。

次は、誠意ある男性と出会えることを祈っています。

 

 

ダメンズといっても、わかりやすく「ダメな男」ばかりではありません。

悪い人間性を隠していたりずる賢かったり、深い仲になってみないとわからないことも多々あります。

失恋はつらいですが、交際を続けても幸せな未来は訪れないことを考えれば、早めに終わらせるのが最善の道。

ダメンズと気づいたらいさぎよく離れる勇気が、最後は自分を救うといえます。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録