アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

抜け感がポイント!パールを使ってバージンネイル

目次


2020年の流行のひとつとされる、"バージンネイル"。その特徴は、ベースのカラーがクリアかヌードカラーであることです。

人によって肌馴染みの良い色味は多少異なりますが、マニキュアの人気色である、ヌード系ベージュから何本かをご紹介。

抜け感を意識した仕上がりの、パール×ヌードのバージンネイルのご紹介です。

 

使用カラー


・ATサロンネイルエナメル 22(キャンドゥ)

・エスポルールネイル 5 ライトピンク(ダイソー)

・エスポルールネイル 52 サーモンピンク(ダイソー)

 

その他ヌード系ベージュ


OPIサモアンサンドは言わずと知れた王道ベージュです。そのOPIよりもシアーなのが、プチプラで有名な韓国ブランド プロランスマニキュアの#203です。

ダイソーのカンコレシリーズのベージュ(ネイルコンシーラー)も、かなりナチュラルに仕上がります。

どれも冠婚葬祭に使えるくらい肌馴染みのいいカラーです。

 

その他使用品


フレンチネイルをする為の、"フレンチガイドシール" か、パンチ穴補強シールを用意します。

また、パールは大小いくつかサイズがあるとベターです。
今回は5mm、2mm、1mmの3種類を使用します。

 

手順


※あらかじめ全ての爪にベースコートを塗っておきます。

 

人差し指~小指


1. サロンネイル22を2度塗りします。1度塗りでムラなく塗れた場合は、そのまま次の工程に進みます。しっかりと乾かして下さい。

2. ガイドラインシールを画像のように貼ります。シールの浮きをなくすため、シリコンブラシ等で押さえます。

3. サーモンピンクをガイドシールよりも先端側に塗ります。

4. サーモンピンクがやや乾いたら、端からそっとピンセット等でガイドシールを剥がして下さい。

 


5. 画像の黒丸あたりに、糊の代わりのクリアマニキュアやトップコートを塗ります。

6. 中央から順に、パールを乗せていきます。画像の3つは2mm半球タイプです。

7. 先程のパールの両サイドに1つずつ、1mmパールを乗せ、しっかりトップコートで覆います。

 

親指


ライトピンクを2度塗りした爪の根元に、大きめのパールを乗せます。

今回は5mmです。不安定な場合は糊代わりのトップコートではなく、ネイル用の接着剤を使用することをおすすめします。

仕上げのトップコートは、しっかりと2度塗りをして下さい。

 

完成です!


バージンネイルの特徴は、自然なカラーのベースに、美しい抜け感があるところです。

今回のようなフレンチの他にも、ラインテープなどで遊んでみたり、ごく一部にアートを施したり…と多くの楽しみ方ができるかと思います。

ぜひ色々なデザインを楽しんでみてくださいね。

 

ayako.r

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録