アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「ごうひょう」ではない!「合評」の正しい読み方、知っていますか?

目次

よく目にする漢字であっても「こう読むのでは?」と推測した読み方とは違う読み方をすることがあります。漢字にはさまざまな読み方がありますから、誰しも一度は読み間違いをしたことがあるはず。でも、人前で読み間違いをしてしまうと、恥ずかしい思いをすることも…。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「合評」の正しい読み方、知っていますか?

「合評」の読み方は?

「合評」とは

何人かの人が集まって、ある作品・問題などについて批評し合うこと。また、その批評。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

“何人かの人が集まって”と聞くと、「合同」や「会合」などの言葉も思い浮かぶのではないでしょうか。「合同」も「会合」も「合」の字は「ゴウ」と読みます。そのため「合評」を「ごうひょう」と読んでしまった人もいるのでは?

しかし「合評」の読み方は「ごうひょう」ではありません…。

正解はこちら!

「がっぴょう」です。

「合」には

音読み ゴウ・ガッ・カッ(常用外)コウ
訓読み (う)・(わす)・(わせる)

引用元:合|漢字一字|漢字ペディア

の読み方がありますが、「合評」はそのうちの「ガッ」の読みがあたります。

“いくつかのものが一つになる”を意味する「合する」も「ガッ」の読みがあたる言葉で「がっする」と読みます。探してみると「ガッ」と読む言葉はたくさんあります。

  • 合算 がっさん
  • 合宿 がっしゅく
  • 合唱 がっしょう
  • 合戦 がっせん
  • 合体 がったい
  • 合点 がってん

日常生活において「合評」という漢字を見かける機会は少ないかもしれませんが、“作品・問題などについて批評し合う”場にいる人は「合評会」という言葉を見かける機会に巡りあうかもしれません。くれぐれも「ごうひょうかい」と読まないよう注意してくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録