アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

脱・オバサン1つ結び!「ゴムだけでカンタン美人髪」アレンジ4つ

目次

朝のヘアセット、なるべく簡単に済ませたい人は多いのではないでしょうか。できればピンを使わず、ゴムだけで済むなら嬉しいですよね。今回はそんなアラフォー女性にピッタリのヘアゴムアレンジを4つご紹介します。

 

1:ツイストテールシニヨン

最初はシンプルなおだんごヘア。大人の場合、えり足の上にあるくぼんだ部分にシニヨンを設定するのが理想的。落ち着いた印象を与えつつ、地味になりすぎないベストポジションです。

そしてこちらのシニヨンですが、こんなにしっかりまとまってるのにピンは全く未使用。ちょっと髪が崩れたと思ったら、ゴムをササっと取り外して作り直すこともできます。

髪全体をしっかりまとめるため、ゴムは太めのものを選ぶのが理想的です。

【How to】

 

①えり足付近でゴム結び。毛束を数回ゴムの間に通し、あと1回ゴム通しができそうなところで手をとめておく。

 

②片手はゴムを指に入れた状態にしておき、反対側の手で毛束を根元から捻る。ねじった毛束はゴムを軸にグルグル巻きつけておだんごに。

 

③ねじり終えた毛束の上から、片手で待機させていたゴムを素早く上からかぶせる。はみ出した毛束で気になる部分は毛束と毛束の間に押し込めばOK。

 

その2:サイドツイスト1本結び

このアレンジの場合、サイドの毛束を2本に分けて、それぞれをねじってゴムにはさむだけ。ピシっとまとめたいけど崩れやすいサイドの髪も、これならキレイにまとまります。

しかも後ろから見るとゴム上の髪にボリュームが生まれ、ふわっとした仕上がりが楽しめます。あらかじめ髪を巻いておけば、パーティヘアにも十分通用するデザインです。

【How to】

①両サイドの毛束を多めに残した状態で、全体の髪を1本結びに。たるみが出ないよう、キツく結ぶ。

 

②サイドの毛束を二等分して、それぞれ根元から毛先までねじる。ねじり終えたら、①で結んだゴムの間に毛先をはさむ。

 

③ねじった毛束をゴムにはさみ終えた状態。この上にもう1本ゴムを使って重ね結びをして固定。仕上げにゴム部分を押さえながらねじった毛束を指で引き出してニュアンスを作る。

 

その3:2段結びくるりんぱ

ポイントは、くるりんぱする毛束の上に結び目を作っておくこと。こうするとペタンコの後頭部に奥行きが出て、美しいシルエットに仕上がります。指で毛束を引き出してボリュームを出すよりも、こっちの方が簡単です。しかも指で引き出すと毛束がボサつきますが、これならその心配もありません。

 

【How to】

①ハチ上の毛束をハーフアップで結んだあと、両サイドの毛束をバック中央に引き寄せ、ハーフアップしたゴム結びのすぐ下で結ぶ。

②下で結んだゴム上のすき間に毛束を上から通してくるりんぱ。これを2回連続で行う。

 

③ゴム部分を押さえながら、くるりんぱでねじれた毛束を指で少しずつ引き出す。反対側も同様に毛束を引き出し、立体感を出してフィニッシュ。

出典>>ピンを使わない簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

 

その4:手グシでざっくり。サイドをねじって結ぶだけの簡単まとめ髪

手グシで耳上の髪をざっくり取り、内側に3回ねじってハーフアップ。

 

耳の高さぐらいの位置でバレッタを使って留めます。バレッタをプラスするだけでより華やかな印象になります。

 

③残ったうしろ髪をざっくり2つに分け、内側に3回ねじります。

 

④低めの位置でひとつに結び、ゴムを押さえながらサイドの髪を少しずつゆるめます。

あっという間に完成です。

三つ編みだと少しハードルが高いですが、ねじるだけなら簡単で手抜きなのに手抜きに見えません(笑)。低めに結ぶことでより落ち着いた雰囲気になりますが、結ぶ位置を変えたり、ねじる部分のボリュームを調整したりすればまた印象も変わりますので、ぜひ試してみてくださいね。

出典>>【ひとつ結び】ピン不要、ねじるだけの1分ヘアアレンジ

 

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録