アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

【医師監修】ほうじ茶のカフェインは大丈夫? 妊婦や赤ちゃんへの影響について

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠中は控えるべき成分「カフェイン」。今回は、ほうじ茶に含まれるカフェインは大丈夫かを中心に、妊婦さんや赤ちゃんへの影響をご紹介します。

この記事の監修ドクター 藤東クリニック藤東淳也先生 女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、 女性のライフサイクルを応援します。 https://fujito.clinic

妊婦のカフェイン摂取について

479849034

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦はカフェインNG?

カフェインは、神経を興奮させる作用を持つ成分です。コーヒーをはじめ、ウーロン茶、紅茶、緑茶、煎茶、そしてほうじ茶などの「各種お茶」、さらに栄養ドリンクや清涼飲料水にも含まれることがあります。

そんなカフェインの摂り方について「妊婦さんが全く摂取してはいけない」というわけではありませんが、意識的に摂取する量を制限する必要があります。見解は、それぞれの国の各種機関によって異なりますが、参考までに目安となる「制限すべき、1日あたりのカフェインの摂取量」をご紹介します。

■世界保健機関(WHO) コーヒー1日3〜4杯まで=カフェイン量換算で「350mg程度まで」と考えられる

■英国食品基準庁(FSA) コーヒー1日2杯まで(マグカップで)=カフェイン量換算で「200mgまで」

■カナダ保健省(HC) コーヒー1日2杯まで(マグカップで)=カフェイン量換算で「300mgまで」 (*授乳中や、妊娠を予定している女性も対象)

どうして飲んじゃだめなの?

カフェインを摂りすぎると、胎児に様々な影響を及ぼす危険性が指摘されています。まだ、その影響が確定的に判明しているわけではありませんが、WHO(世界保健機関)をはじめ、アメリカの保険福祉省や農務省、欧州食品安全機関、カナダ、ニュージーランドなどの各国が「妊婦さんのカフェインの過剰摂取は避けるべき」との注意を促しています。

日本の厚生労働省からも注意喚起されており、ホームページ上には「カフェインに敏感な妊婦や授乳中の方、子供などは引用を控えるように」と記載されています。(*)

(*「食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html)

カフェインと流産の関係

カフェインの過剰摂取によって引き起こされると考えられるリスクの1つに「流産」があります。英国食品基準庁(FSA)2008年に公表した情報によると「高濃度カフェインの摂取が自然流産につながる可能性がある」(*)としています。コーヒー好きの女性は、特に注意が必要かもしれません。

(*「Pregnant women advised to limit caffeine consumption」 http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20120403152025/http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2008/nov/caffeinenov08)

ほうじ茶のカフェインは赤ちゃんに影響する?

560779579

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ほうじ茶のカフェインの量は?

ほうじ茶の「カフェインの量」は、コーヒーやその他のお茶、清涼飲料水などに比べても少ない量です。以下、それぞれの飲み物のカフェイン量を比較してみましょう。

・ドリップコーヒー:100 mLあたり60mg ・粉末インスタントコーヒー:100 mLあたり80mg(*2gの粉末を使用した場合) ・緑茶:100 mLあたり30mg ・玄米茶:100 mLあたり10mg ・ウーロン茶:100 mLあたり20mg ・ほうじ茶:100 mLあたり20mg

比較すると、コーヒーに含まれるカフェイン量がとても多いことがわかるでしょう。一方で、清涼飲料水や栄養ドリンク(特に眠気覚まし用のドリンクなど)は、コーヒーと同等かそれを上回るほどのカフェインが含まれていることもあるため、注意が必要です。カフェイン濃度は製品によっても異なりますが、口にする前に表示を厳しくチェックするようにしてください。

赤ちゃんへの影響は?

微量とはいえカフェインが含まれるので、赤ちゃんによっては刺激になってしまうことがあります。特にカフェインに敏感な赤ちゃんだと、夜泣きや寝付きの悪さにつながったり、胃腸への刺激で嘔吐を誘発する場合もあります。

赤ちゃんもほうじ茶飲める?

赤ちゃんに飲ませる場合は「赤ちゃん用のほうじ茶」か、カフェインを含まない麦茶を飲ませてあげると良いでしょう。大人と同じ濃度のほうじ茶だと、少々濃すぎる場合もあるのでご注意ください。 「ほうじ茶を飲ませたいけれどカフェインがどうしても心配」というママは、ノンカフェインのほうじ茶を購入するとよいでしょう。

赤ちゃん本舗のほうじ茶がおすすめ!

乳幼児向けのグッズ専門店「赤ちゃん本舗(アカチャンホンポ)」では、赤ちゃん向けのほうじ茶を各種取り扱っています。(*)

例えば、ペットボトル入りの「ピジョン ベビーほうじ茶 500ml」「和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶 500ml」は低カフェインで、生後1ヵ月から飲ませることが可能と表示されています。 また、ティーバッグの「ティーブティックやさしいほうじ茶」はノンカフェイン仕様となっていますので、赤ちゃんだけでなく、妊娠前後・妊娠中・授乳中のママにも安心のほうじ茶と言えるでしょう。

(*http://akachan.omni7.jp/search/?keyword=%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%98%E8%8C%B6%E3%80%80-%E3%82%80%E3%81%8E%E8%8C%B6&searchKeywordFlg=1)

ほうじ茶のメリット・デメリット

479825136

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ほうじ茶がおすすめってほんと?

ほうじ茶はカフェインが少ないだけでなく、妊婦さんにとって嬉しい成分も含まれています。赤ちゃんのことが心配ならば、ノンカフェインのほうじ茶も発売されていますので、ぜひほうじ茶のメリットを享受してみると良いでしょう。

妊婦に嬉しいほうじ茶の成分

ほうじ茶には、血行促進効果によって冷え防止の効果も期待できる「ピラジン」という成分が含まれます。冷えが大敵の妊婦さんにとっては、強い味方になりそうですね。この他、妊婦さんに必要な、アミノ酸、ビタミン、ミネラルも豊富です。

ほうじ茶のカテキンと妊婦への影響

お茶によく含まれる殺菌・抗酸化成分「カテキン」。実は、赤ちゃんの成長に不可欠な葉酸の働きを阻害してしまうため、摂りすぎには注意しなければならない成分の1つです。しかしながら、ほうじ茶は、カテキンの豊富な緑茶などに比べれば、カテキンの量は少ないのであまり神経質になる必要はありません。ほうじ茶の「飲み過ぎ」にさえ注意すれば、まず問題はないと考えられますが、気になることがあればかかりつけ医の相談に相談してみましょう。

妊婦の上手なカフェインとの付き合い方

174495009

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

我慢してストレスをためるとよくない?

カフェインを無理なく我慢できれば、それに越した事はありません。しかしそれよりも怖いのは、我慢しすぎによって「ストレスを溜めてしまうこと」。ストレスで体重増加してしまったり、禁断症状でイライラしたり、精神的に不安定になったり…などの悪影響がある女性もいるようです。 近年ではノンカフェインのコーヒー(デカフェ)も発売されているので、取り入れてみるのもいいでしょう。

ちなみに、ほうじ茶には「テアニン」という注目すべき成分が含まれます。テアニンには「脳をリラックスする効果がある」と言われていますので、ストレスの多い妊婦さんにとっては、嬉しい成分といえるかもしれません。しかし、カフェインも含まれていますので注意しましょう。

摂取量を守れば大丈夫ってほんと?

世界各国より「妊娠中(もしくは妊娠前、授乳中)のカフェイン摂取は控えるべき」という情報が発表されています。しかしそれは「過剰摂取は控えるべき」という意味で「妊娠中にきっぱりやめなければいけない」というわけではありません。

最も厳しい基準を設けている、英国食品基準庁(FSA)でも「マグカップでコーヒー1日2杯まで=カフェイン量換算で200mgまではOK」としているので、この範囲内でカフェインを摂取するのであれば、まず問題ないといえるでしょう。

上手に飲んでリラックス!

カフェインは飲みすぎることなく、規定の量を守れば、完全にやめてしまう必要はありません。むしろ、コーヒーだけでなく、ほうじ茶のようなカフェイン含有量の低い飲み物も取り入れながら、毎日の生活をリラックスしてお過ごしください。

まとめ

ほうじ茶は、カフェイン含有量が低く、妊婦さんに嬉しい「リラックス成分」も含まれています。デカフェや低カフェイン、ノンカフェインの飲み物なども取り入れながら、過ごしていきましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て



2

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録