【革命グルメ】ゆでたまご2個とほうれん草だけなのにウマくて大満足! セブンイレブンのエッグポット

金属製の鍋と呼ばれる器に水を注ぎ、そこに生卵を殻付きのまま入れ、ガスに引火して火と呼ばれる化学反応を発生させ、水を温めてお湯と呼ばれる状態にする。お湯から伝わる熱により生卵はゆで卵と呼ばれる固形となり、歯を駆使して摂取し、生命エネルギーを得つつ舌と呼ばれる口の中にある器官で味を楽しむ。

・シンプル過ぎる料理

ゆで卵はシンプルでありながら絶品で、塩でも醤油でもコショウでもソースでも美味しく食べられることから、世界各国で親しまれている料理のひとつだ。そんなゆで卵2個とほうれん草がパックになった、あまりにもシンプル過ぎる料理がセブンイレブンで販売されており、インターネット上で話題となっている。

・利便性が良いのでお得

セブンイレブンはゆで卵2個とほうれん草のセットをエッグポットという名称で販売している。ある意味、あまりにもシンプルすぎて、今までありそうでなかった商品といえよう。価格は188円(税別)で激安だ。人によっては「高くない?」と思うかもしれないが、パックに入っていて管理しやすく、保存もしやすいし、持ち歩きも可能であることから、かなり利便性が良いのでお得に感じる。ほうれん草も添えられているのでちょっと嬉しい。

・塩をかけて味の違いを楽しむのもアリ

そのまま食べても美味しいが、塩をふりかけて食べるとゆで卵の美味しさが際立つ。最近はいろんな種類の塩が販売されているので、さまざまな塩をかけて、その味の違いを楽しむのもアリだ。

・ちょうど良い黄身の状態

このゆで卵の嬉しい点は、温かくない状態でもじゅうぶんに美味しいという点だ。そして黄身は硬すぎず、柔らかすぎず、まさに万人ウケする状態を保っているのがイイ。「黄身が硬すぎると苦手」「半熟すぎるのは苦手」という人もいるだろうが、これはどちらにも偏っていない、ちょうど良い黄身の状態だ。もちろん人の好みに寄るので「ちょうど良い」の程度も違うとは思うが。

・今すぐゆで卵を食べたい人にオススメ

そもそもだが、ゆで卵を作るのは手間だったりする。いや、手間というより時間がかかる。卵を用意し、お湯を沸かし、卵をむかないといけない(そんなの手間のうちに入らないと言われそうだが)。そして殻の破片が卵に残ってて食べているときガリッと噛んでしまうこともある。エッグポットは今すぐゆで卵を食べたい!! という人に向いている便利なものといえよう。

もっと詳しく読む: ゆでたまご2個とほうれん草だけなのにウマくて大満足! セブンイレブンのエッグポット(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2020/05/04/7-eleven-egg-pot-umai/



更新日:2020年5月23日 / 公開日:2020年5月23日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録