アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

どっち買う?速乾トップコート比較!【セシェヴィートVSネイルズインク】

目次

ネイルを塗る時間は自分に手間をかける大切な時間ですよね!でもとにかく乾かしてる時間がもったいない!グニッといったら最初からやり直しです…。そんな我らの強い味方速乾トップコートを比較します!

ネイルは速乾のほうがいい

社会人になるとネイルを塗る時間をゆっくり取れないことが多いですよね…!

私は以前あまり爪に装飾ができない仕事をしていたので、平日はだいたい素爪、土日はライブや旅行に行くために金曜の夜ネイルを塗っていました。

金曜の夜ですから1週間の疲れと眠さでまぶたは自然と下がってしまい、とにかくさっと塗れてすぐ乾いてくれるトップコートを探していたのです!

いろいろ試してたどり着いたのがセシェヴィート。

これがすごい!塗って30分後にはベッドに入れるほど速乾!

23時にネイルを塗って恐る恐る寝て、翌朝布団の皺が付いていて絶望するなんてことを何度も何度も繰り返して来た私にとってかなり革命的でした!

セシェヴィートのおかげで快適なネイルライフを送っていましたが、最近ネイルズインクのトップコートがとてもいいと評判になっています。なんと「45秒で乾く」と聞いて、これはセシェヴィートとどっちがいいのか比べてみたいと思ったのです。

ジェル並みのツヤ!セシェのセシェヴィート

セシェ トップコート セシェヴィート

商品名
セシェヴィート
ブランド
セシェ
金額
2,100円(税抜)

こちらが長年使用しているトップコート、セシェヴィート。もう何本リピートしたかわかりません。

セシェヴィートは他のトップコートと比べると粘度の高いドロッとした液です。

このトップコートはカラーのネイルが縮むことがあるので、出来るだけ全指塗って乾かしてから最後にトップコートを塗ると縮みにくいと感じました。

塗りムラや凸凹もこれを塗ると表面がつるつるになって、爪に厚みが出るのでジェルのような仕上がりを楽しめます。

こんな風に刷毛の線が出てしまっても…

たっぷりトップコートを塗ればこの通り!

凹凸や刷毛の跡が線になってしまっているのも消えて、つるんとした表面になります!

使っていると徐々に粘度が高くなるため別売りの【セシェ・リストア】といううすめ液が必須です!

45秒で乾く!ネイルズインクの45セカンドトップコート

商品名
45 セカンドトップコート
ブランド
ネイルズインク
金額
2,800 (税抜)

45秒で乾く人気のトップコート。セシェヴィートと比べると比較的サラッとしていてオレンジ色の液体ですが、トップコートとして下の色に影響を及ぼすことはありません。

キャビアエキス配合とのことで、キャビアエキスには高保湿で抗酸化作用があるそう。トップコートで爪の保湿もできるということですね!

本当に45秒で乾くの?と思って、実際に45秒後恐る恐る触ってみると…え!ちゃんと乾いてる!

ネイルズインク トップコート 45セカンドトップコート

軽く触る程度なら平気です!普通だったらまだ表面も乾かず指紋が付いて、ヘタするとグニッとよれてしまうのに…!

ものすごい速乾ですが、下のカラーポリッシュを何度も重ねたり粘度があるものだったりすると指紋が付いてしまうことがあるので注意です!

それでも数分経つとまったく問題ないので、時間がないときもパパっとネイルを塗ることができそう!すごい!

セシェヴィートとネイルズインクを比較してみました

速乾性

どちらも速乾を売りにしているので、その他のトップコートと比べると乾くのが各段に早いですが、どちらかというとネイルズインクのほうが早いです。

45秒で乾くと謳っているだけあって、少し待つと表面が触れる程度に乾き、数分くらいで動いても大丈夫。

セシェヴィートはもう少し時間がかかります。使い始めは数分で表面が乾きますが、使っていくうちに粘度が上がるので、リストア(うすめ液)で薄めると乾くのが遅くなるような気がしています。

多めに見ても20分くらい経てば十分乾くのでやっぱり普通のトップコートと比べると早いですよね…!

速乾力はセシェヴィート<ネイルズインクですね!

塗りやすさの比較

刷毛の形や大きさにかなり差があるので、どっちが塗りやすいかは好みにもよるかなと思います。ネイルズインクは刷毛が大きく硬めなので、液をたっぷり取らないとすこし筆跡が残ることがありました。

上からもう一度しっかり液を取って重ねると筆跡はちゃんと消えます。

【ネイルズインク】

ネイルズインクの爪に対する刷毛の大きさはこのくらいです!だいたいひと刷毛でいけますね!小さい小指とかははみ出すので慎重に…。

セシェヴィートは柄が長く刷毛が小さめなので爪が小さい人はこちらの方が塗りやすいかもしれません。
液の粘度が高いのでこちらも液はたっぷりと取ったほうが塗りやすく、つるんと綺麗に仕上がります。

【セシェヴィート】

セシェヴィートの刷毛はこのくらい。すこし小さいのではみ出しにくいですが、爪ひとつに対して何度か瓶と爪を往復しなくちゃいけないです。

爪が大きい人はネイルズインク、爪が小さい人はセシェヴィートの方が塗りやすいのではないでしょうか。

仕上がりの比較


20-40代女性 セシェヴィートとネイルズインク トップコート使用後のネイル

爪に厚みが出てジェルのように仕上がるのはセシェヴィートですね。

セシェヴィートの特徴としてはポリッシュを塗った際の多少の筆跡や凹凸はこれを付けるとなかったかのように、表面を修正してくれます。上手に塗れなかった場合もごまかしが効くのでネイルを塗るのが苦手な方のお助けアイテムとしてもオススメです。

ネイルズインクは液がさらっとしているのでそんなに厚みは出ませんが、光沢が出てツヤツヤに仕上がります。

この画像の爪は半分ずつトップコートを変えているのですが目に見える違いはなかったので、爪に厚みを持たせたい場合はセシェヴィート、そうでない場合はネイルズインクですね。

プチプラのトップコートなら…↓

関連リンク:すりガラスネイルをキャンメイクのトップコートで楽しんじゃおう!

モチの比較

モチはどちらも普通だと感じました。ネイルズインクのほうが若干いいかな。

セシェヴィートははげるというよりも、縮んだ指先部分からペロンっと剥がれる感じなので、そうなってしまうと塗り替え必須です…。

ベージュやピンクなどのはげても目立ちにくい色なら気になりませんでしたが、グレーやブラウンなどの濃いカラーは4日くらいでちょっと爪先が気になりだします。

速乾で塗り替え時も時間がかからないので、土日のみ派手ネイルしたい人やマメに塗り替える人には問題ないかなと思います!

セシェヴィートとネイルズインク、どっちにする?

どちらも乾く速度や仕上がりは申し分ないことがわかりました。

優越つけがたく悩んでしまいますが、自分の重視する機能と仕上がりで選ぶといいかなと思います。

それぞれの特徴とオススメしたい人をまとめてみました!

ネイルズインクがオススメな人

  • とにかく速乾がいい
  • 爪が大きい
  • ネイルが縮むのは嫌
  • モチにもこだわる

よくネイルする人はネイルズインクを買っておけば間違いないです! 短い時間で塗り替えられるので、隙間時間にネイルチェンジも可能!忙しい人にオススメです!

セシェヴィートがオススメな人

  • 修正効果がほしい
  • 爪が小さい
  • ジェルのようなぷっくり感がほしい
  • 数日ですぐ落とす

土日のみネイルする人やたまにしか塗らないので失敗しても補修してほしい人は、セシェヴィートですね! 表面が本当に綺麗になるので塗りにくいポリッシュでもどうにかしてくれるので頼りになります!

速乾トップコートでハッピーネイルライフを!

速乾のトップコートを導入すると、ネイルが乾くのを待つ億劫な気持ちがなくなり、ネイルをするのが楽しくなりました!

早く乾いて綺麗に仕上がる速乾トップコートで、ネイルライフが快適になること間違いなしです!


この記事を書いた人
コスメクリップライター: ゆかり

関連記事


/

この記事の著者

cosmeclip

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録