アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ダークカラーを使いこなせ!軽重バランスの取れたネイルがひと味ちがう!

/

目次

深みのある色味が美しい、ダークカラー。ただ、この色を使う場合、重くなりすぎないよう軽重バランスをうまく調整することが大切です。この記事では、ダークカラーを使っても重くならない、バランスの取れたネイルデザインをご紹介します。

クリアネイル×ダークカラーで作る軽重バランスネイル

 (618727)

JunoQuartz×mission

via itnail.jp

ブラック、ネイビー、ボルドー、ブラウン、といったダークカラー。大人っぽく、シックで渋い色味は、本当に素敵ですよね。

ただ、この色を爪全体にそのまま使うと、全体的に重い仕上がりになってしまうことがあります。これからの季節は特に、重くならないようバランスを取りながらダークカラーを使いこなしたいですよね。

そこでまずおすすめしたいのが、クリアネイルにダークカラーのポイントアートを施すデザインです。

例えば、クリアネイルをベースに、ダークカラーのニュアンスアートを重ねるデザインはいかがでしょうか。ダークカラーの周りから自爪の色が透けて見えることで、重くなりすぎない、バランスの取れたデザインに仕上げられます。

ダークカラーのアートに、パールやスタッズといったパーツを重ねるアレンジも素敵ですよ!

 (618729)

SPICENAILS (吉祥寺)

via itnail.jp

ダークカラー同士はどちらかをシアーな色味にして

 (618731)

Sleep (自由が丘&中目黒)

via itnail.jp

ボルドー×ブラック、ブラック×ブラックラメ、というようにダークカラーを2種類組み合わせる場合は、どちらか一方をシアーな色味に変化させることで、軽重バランスの取れたデザインに仕上げられます。

例えば、透明感のあるボルドーでカラーリングしたネイルに、ブラックのポイントアートをプラスするデザインはいかがでしょうか。透け感のあるボルドーにブラックが映える、素敵な仕上がりを楽しめますよ♪

クリアブラックをベースにブラックラメを重ねる、同系色でそろえた軽重バランスネイルも素敵ですよね。

 (618733)

affection TAKAKOnail

via itnail.jp

ポイントアート×マット仕上げで重さを回避!

 (618735)

LAURA POMPONNEE 表参道

via itnail.jp

ダークカラーは、ポイントアートに取り入れ、さらにこれをマットな質感に仕上げることでも、軽重バランスの取れたネイルが完成します。

例えば、クリアカラーやホワイト、ベージュ、ライトピンク、といった主張しない色をベースにダークカラーのポイントアートを施し、マット仕上げにするデザインはいかがでしょうか。

マット仕上げにすることで上手に「引き算」された、重くなりすぎないお洒落ネイルが完成します。爪先にスタッズを1粒あしらったり、爪1本だけにチェーンをONしたり、といったアレンジもいいですよね。



Itnail編集部


関連記事



この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録