アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

セルフネイルでもオシャレに仕上がるセンスのいい“盛り方”とは

目次

最近ではネイルをしていることがそこまで珍しいことでもなくなりました。仕事や職業上の理由からネイルをするのが難しいケースはまだまだありますが、ネイルをできる環境はとても増えました。その中で、自身でネイルを楽しむセルフネイラーさんもとっても増えているように感じます。今回はそのセルフネイラーさんに嬉しいネイルの“盛り方”をお伝えします。

ネイルでいう“盛り”とは何を意味するのでしょう

 (564084)

盛ったネイル…はけっしてパーツやストーンがごちゃごちゃしたものではありません。季節感やトレンドをしっかりとキャッチしていて、誰にでも「キレイだね。」、「美しい指先だね。」といってもらえるようなネイルです。

ネイルの好み、ネイル自体が好きか嫌いかにもよりますが、ネイルを好まない人にすら好感を持ってもらえるネイルはとっても素敵なネイルではないでしょうか。そんな素敵なネイルを作り上げる為には美しい盛り方を身に付けることをおすすめします。

 (564082)

特にストーンとパーツの使い方には注意が必要!

 (564080)

それでは具体的な盛り方の説明です。やはり、ネイルはつるんと整った表面のなめらかな爪の上にキラキラ輝くストーンやパーツが乗っているのがいいですよね。ネイルの醍醐味ともいえます。

このストーンやパーツをご自身で選んで買うと思うのですが、その時、サイズ感と組み合わせに注意して選んでみてください。例えば、自爪の中でどの程度存在感を持たせるのかでもネイルの仕上がりのイメージは変わります。ベースカラーをきちんと見せたいのであれば、ストーンやパーツのサイズは控える必要があります。

また、ストーンやパーツをきちんと見せたいのであれば、どのストーンを主役にするかを決めて、組み合わせるストーンやパーツもそれを引き立てるようなサイズ、カラーのものを選びましょう。そうしないとただゴチャゴチャの爪になってしまうので注意してください。

 (564078)

まずは雑誌や有名な先生をお手本にして

 (564076)

方法をどれだけわきまえていても、やはりセンスは磨かなければ身につかないものです。ネイルのデザインが沢山掲載されているアプリや雑誌は沢山あります。

ちょっとコストがかかる方法ではありますが、まずはそういったお手本になるデザインを見つけて、カラージェルやストーンをきちんと揃えて忠実に真似をするところから始めてみましょう。

そうすることで、きちんとデザインの基本が押さえられます。その知識があって初めて自分でオリジナルの盛り方、ネイルの作り方が導き出せるのではないでしょうか。まずは騙されたと思って、忠実に真似をするところから始めてみてください。きっと、ご自身の思い描く素敵なネイルを作ることができますよ♪



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録