ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

やっぱり可愛い!セルフでも挑戦したいレース柄のネイルデザイン

目次

冬になるとレース柄のネイルってしたくなりませんか?一口にレースといっても様々な種類があります。サロンでの施術は もちろん、セルフで自宅でも実は簡単にできるのがレースネイルの魅力。そんなレースネイルがどんなものなのか見ていきましょう!

サロンで施術してもらうならやはりエアブラシ

 (564047)

レース柄のネイルと聞くと様々なデザインが思い浮かびますよね。ネイルサロンで施術する場合に一般的なのは本物のレースをステンシルとして用いてエアブラシでレース柄を吹き付けるものが一般的です。

エアブラシは専用の器具と、専用の顔料を使っていて、ご自宅でセルフネイルを楽しんでいる人でもそう簡単には持っていない機械を使ってできるものです。サロンによっては導入していない店舗も珍しくはありません。

なので、サロンでエアブラシができるお店なのであれば、是非とも施術してもらうといいでしょう。とっても細かく、そして何より本物に忠実な柄が一瞬でネイルの上に出来上がります♪見ていても気持ちいい瞬間といえるでしょう。

 (564044)

手描きのレース柄もとってもカワイイですよ

 (564041)

セルフネイルでレース柄を楽しむのにはどうすればいいでしょうか?こちらももちろん、サロンでの施術が可能ですがセルフネイルで簡単に挑戦できるのはペイントでネイルに描き込む方法があります。

繊細なレースの柄を描くために専用のとっても穂先の細い筆と、描いてもにじみにくい、広がりにくいカラージェルを準備しましょう。とっても緻密な作業にはなるものの、キレイな線が描けてキレイなレースが描けるようになるとハマってしまうこと間違いなしです!

 (564039)

時短テクでレース柄ネイルをセルフで楽しむ方法

 (564036)

また、セルフネイルであまり手描きが好きではないけど、レース柄ネイルにチャレンジしたい場合は下記の方法を試してみてください!

まず、アクリル絵の具を準備します。アクリル絵の具は乾くと水分を弾く性質があるのでネイルアートにはとても適しています。そして歯ブラシとザルを準備してください。いずれも100均で売られていますよね。そしてステンシルしたいレース柄のシートないし、レースを準備してください。

やり方も簡単で、ベースのカラーを塗って硬化。未硬化ジェルをふき取った後に、歯ブラシの先に絵の具を付けて、ザルでブラシを撫でてみてください。すると簡単に霧状に顔料を飛ばせるのでレース柄がしっかりと転写できますよ!あとは指周りについた絵の具をふき取ってトップコートを塗り硬化させれば終わりです!事前に爪の周りに剥がせるシール材を貼ったり、レースがいがまないようにテープで固定しておけば片手でもできます。

ちょっとセルフネイルでは上級、というより面倒な方法ではありますが、より精巧なレース柄を試したい場合はチャレンジしてみてください!



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録