アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

テレワークの効率アップを図りたい!デスク周りを機能的にするヒント

目次

機能的なデスク周りでテレワークを快適に

コロナウィルスの影響によって、自宅でお仕事をするテレワークの人も増えています。

そんなテレワークでの作業を少しでも効率的に行うには、デスク周りを少しでも機能的にして快適にしていきたいですね。

今回はそんなデスク周りの機能化にスポットを当て、ヒントやコツなどをまとめていきます。

よく使うものをデスク周りに置く

よく使うものをデスク周りに置く

instagram(@kikilala.003)

お家でのお仕事を少しでも効率的にするには、作業に必要なモノをデスク周りに集中させることが重要です。

とはいえ、モノが増えると作業スペースが狭くなる恐れもあるので、収納アイテムを取り入れて賢く整理していきましょう。

よく使うものをデスク周りに置く2

instagram(@hiiroooon)

特にお仕事でパソコンを使う場合は、作業スペースが大幅に占領されてしまいます。

大きめのデスクを使うなどの方法もありますが、少しでも作業スペースを確保するためにも、収納アイテムを活用して賢く整理していきましょう。

ペン立てやミニサイズの引き出しといったアイテムも便利ですが、壁面収納を使うと収納力のアップやデスク周りの機能性も上がります。

使ったらしまうを徹底する

使ったらしまうを徹底する

instagram(@yuno1009)

作業スペースを有効活用するためにも、文房具などの使ったものはできるだけ直ぐに戻しておきましょう。

どんな時でもすぐに作業スペースを使えるようにして、お仕事の効率化を図っていきます。

使ったらしまうを徹底する2

instagram(@sea_green_sky)

モノをすぐにしまう癖がつくと、デスク周りが常にすっきりするという点でも効果的。

使用頻度の高いモノをデスク周りの収納に集中させれば、作業アップにも繋がります。

デスク周辺の収納を充実させる

デスク周辺の収納を充実させる

instagram(@mayuru.home)

自宅でお仕事をしている間は、行動範囲をデスク周りに集中させて少しでも作業を効率化させていきたいですね。

そのためにお仕事で必要なモノはデスク周辺に収納したいので、デスク側に収納棚などを置いていきましょう。

デスク周辺の収納を充実させる2

instagram(@yuuko0217)

椅子に座った状態でも出し入れできるような範囲に収納棚を置くと、作業の効率アップにもなりやすいです。

カラーボックスやチェストなどを選ぶと、アイテムの出し入れがしやすくなるので素早く作業できます。

デスク照明でおしゃれ度アップ

デスク照明でおしゃれ度アップ

instagram(@mariiiiijennu)

夜間の仕事環境を機能的にするためにも、デスク照明はマストな存在。

デスク照明を選ぶ際は機能面も大切ですが、やはり見た目のデザイン性でデスク周りをワンランクおしゃれにして作業モチベを上げていきましょう。

こちらは黒の照明を置いて、シンプルでモダンなデスクインテリアにしています。

デスク照明でおしゃれ度アップ2

instagram(@maca_home)

こちらはヴィンテージな風合いのデスク照明で、インダストリアルなアクセントをプラス。

機能面ばかり重視すると素っ気ないデスク周りになりがちなので、照明などで個性をだしてインテリアのバランスを取るのも必要です。

好きな小物で作業モチベアップ

好きな小物で作業モチベアップ

instagram(@mihomuchacha)

作業モチベアップのためにも、お気に入りの小物を並べてみるのもいいですね。

好きな小物を見える場所に置けば、お仕事で行き詰った気分を少しでも緩和してくれるでしょう。

好きな小物で作業モチベアップ2

instagram(@reiya_14)

ただし、デスク周りに小物を置く際は、程よい量にこだわること。

あまりたくさん小物を並べると、デスク全体が乱雑に見える原因になったり、作業スペースが狭くなることもあります。

デスク周りに置く小物としておすすめなのが、観葉植物などのナチュラルなモノ。

多肉植物などはお手入れも簡単なので、デスクに添えると気分もすっきりしやすいです。

デスク周りの機能化で自宅のお仕事を楽しく

テレワークなどの自宅で行うお仕事は、比較的ストレスなく作業ができるため今後も続けたいと考える人も多いはず。

とはいえ、職場と比べると作業効率が低くなりやすいので、少しでも環境を整えて自宅のお仕事を効率化させていきましょう。


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録