アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

マスク顔でも「あの人、美人!」と感じさせる40代の共通点

目次

マスクをしていると、顔の下半分が隠れてしまうので、うっかり“美”への手間を怠りがち。しかし逆に言えば、見えている部分が限られるからこそ、そのパーツの印象によって、好感度が上がりもすれば下がりもしますよね。

マスク顔でも「あの人って美人!」と思われる40代女性ほど、見えている部分に手をかけています。時短美容家の私、並木まきがマスクをしていても美人見えする40代女性の共通点を探りました。

 

マスク美人な40代の共通点1:髪の毛にツヤがあり適度なボリュームがある

マスクをしていると、健康な人でもどうしても「病人風」「不健康」なイメージが出やすいもの。そこをいかに払拭できるかも、40代がマスクをしつつ美人見せするには欠かせないポイントです。マスク顔だと、視線が顔の上部に行きやすいだけ、ふだんよりもさらにヘアの印象が重要に。

髪の毛が残念な印象だと、それだけ不健康なイメージが増すだけでなく、生活に疲れた様相にも見えやすいのは否めません。年代的に、どうしても髪のボリュームがさみしくなったりツヤがそこなわれたりしがちなだけに、今年は例年よりも髪型が与える印象を意識したいところです。

スタイリングを終えても、どうしても髪が納得できないときには、ヘアアクセサリーや帽子を活用してみるのも◎。

 

マスク美人な40代の共通点2:眉がきちんと整っている

マスク装着中は顔の上半分しか見えないからこそ、眉の印象は極めて重要。どんな眉に仕上げるかによって、その日の印象がガラリと変わるのは、ノーマスク以上かもしれません。

今はふわっとしたナチュラルな眉がトレンドではあるけれど、40代がこのトレンドをそのまま意識してしまうと、ボサ眉やダサ眉に見えやすいのも傾向。美眉に整えてこそのマスク美人なわけです。

マスクをしているときは、ふだんよりしっかりめに整えるくらいのほうが、40代は知的な印象かつ清潔感のある装いに見えやすいでしょう。

 

マスク美人な40代の共通点3:アイメイクは派手すぎず地味すぎずの「いい塩梅」

マスク装着時のアイメイクは「濃すぎないほうがいい」が定説。見えている部分のメイクが濃いと、ケバい印象を醸しやすいのも事実です。しかし一方でアイメイクが「薄すぎる」のも、40代にはオバ見えのもとに。

つまるところ、40代が美人に見えるマスク顔のアイメイクは、派手すぎず地味すぎずの「いい塩梅」が重要に。アイシャドウやアイライン、マスカラを使いつつも、統一感のある華やかな仕上がりを心がけるとベターかと思います。

具体的には、顔色が沈みやすいくすみカラーのアイシャドウは避け、アイラインは控えめにいれつつも目のインパクトは死守。マスカラはボリュームよりも長さを重視して仕上げると、上品なアイメイクが完成します。

 

マスクをしていても美人に見せるなら、“見えているパーツ”の印象を重視したメイクに。しばらくはマスクを付けての外出が続きますので、日々のメイクの“見せ方”も、これまでとは少しだけ変えてみるといいかもしれません。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録