アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

マスクの日に使っちゃダメなのはこの3色!【老け見えアイシャドウ】の色

目次

マスクをしているときには、アイシャドウが思いのほか悪目立ちしているパターンも。ノーマスクならバランスのいいメイクでも、マスクで顔の下半分を覆うことによって、残念なメイクに見えてしまうのも“あるある”です。

40代は肌にくすみが出やすかったり、疲れているとマスクのせいで病的な印象を与えやすかったりしがち。それだけに、アイメイクの印象によって、その日のイメージをも左右すると言って過言ではありません。

時短美容家の私、並木まきが、40代がマスク顔で老け見えしやすいNGアイシャドウをお伝えします。

 

40代のマスク老け見えアイシャドウ1:くすみ系レッド

今年の春夏も、レッド系のアイシャドウで目元を彩っている40代が多い傾向に。派手になりすぎないよう、ぱきっとした鮮やかな発色よりも、肌になじむ色みを選んでいる人が多いと思います。

しかしこの「なじむ色」は老け見えな目もとと紙一重。くすみ系カラーのレッドを塗ったアイメイクにマスクを合わせてしまうと、病的で不健康な印象が際立ってしまう場合も少なくないのです。マスクがないときには全体の統一感によって病的に見えずとも、“マスク×赤い目もと”だと腫れぼったさが強調されやすいのも否めません。

マスクをする日にレッド系シャドウを使うなら、健康的に見えやすい明るいトーンの発色が無難です。

 

 

40代のマスク老け見えアイシャドウ2:カバー系ベージュ

ベージュのアイシャドウは、くすみがちな40代の目もとを明るく見せてくれる便利な存在。ナチュラルメイクを極めたい日に、アイシャドウを塗っていないように見せる色みとしても重宝します。

しかマスクで顔の下半分が隠れる日には、ちょっと注意が必要な色。インパクトが弱すぎることから老けた印象を与えることがあるのです。悲しいかな、40代はノーメイク風メイクにマスクを合わせてしまうと、生活感が強く見えすぎるパターンも多く、これが残念な印象を与えてしまう原因に。

もしもベージュ系を使うのであれば、アイラインやマスカラはきっちり使って普段よりインパクトを強めるなど、メリハリのある目もとを意識したほうが安全です。

 

 

40代のマスク老け見えアイシャドウ3:暗い発色のブラウン

ブラウンシャドウは、40代にも定番カラー。落ち着きのあるメイクをしたかったり知性を演出したい日には、目もとのカラーはブラウン一択な女性も多いと思います。

しかしブラウンメイクは定番ではあるけれど、だからこその“老け見え”落とし穴が。暗めな発色のブラウンは、目もとを沈んで見せるためマスクと合わせてしまうと、不健康なイメージが加速しがちなのです。

マスクをする日にブラウンを使うなら、光沢のある質感を選んだほうが、顔が明るく見えやすいです。

 

ニューノーマルな今は、マスクで顔の半分が隠れることにより、アイメイクの印象がより重要に。肌の質感やチーク、リップとのバランスで魅せていたメイクがかなわないことから、アイシャドウの色がその日の印象を左右します。トレンドカラーでも、40代がマスクと合わせるとNGになりやすい色もあるので、ご用心を。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録