アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ブルーベリーと野菜のスムージー~グラノーラ乗せ~【冷凍ストック】

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!


こんにちは^^

寒い時期に冷たいドリンクのレシピで失礼致します

夏場はよく作るミックスジュースやスムージーですが

冬だからこそ摂りたいビタミンもあったり

体調を維持すためにも

手っ取り早く補給できて効率がいいですよね^^


そこで今回はとっても飲みやすい

スムージーのレシピをご紹介させてくださいね(*^^*)

 

ブルーベリーと野菜のスムージー

【2人分】

*種や根を除いた正味の分量です

ブルーベリー..............................100g

りんご(皮つき)........................1/8個(30g)

にんじん......................................1/4本(30g)

小松菜.........................................1/4束(30g)

バナナ.........................................1本(100g)

カスピ海ヨーグルト(無糖).....大さじ3

牛乳............................................100ml

はちみつ.....................................大さじ2

 

【作り方】

野菜、果物(ブルーベリーを除く)は小さくカットする。

ブレンダーに入れて攪拌してカップに注ぎ

お好みで生のブルーベリー、いちご、グラノーラを適量乗せる。

 


 


 

【冷凍ストックの仕方や栄養分・ポイントなど】

 

●りんご1個は皮ごと4等分の櫛形に切り

さらに薄くカットして

レモン汁小さじ1をからめて保存袋に入れる

(レモン汁は酸化防止・色止めのため)

 

●小松菜1束(葉物野菜)はきれいに洗って、4㎝長さくらいに切り

キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き保存袋に入れる

 

●にんじん2本は薄い短冊切りにして、さっと水で洗い水気をキッチンペーパーで拭く

(にんじんに含まれるβカロテンは油に溶けやすく、加熱した方が生食よりも栄養を吸収しやすいでの、レンジでさっと加熱してサラダ油小さじ2を絡め、冷ましてから冷凍しておく方が、スムージーにした時に栄養分を吸収しやすいくなりますよ^^ビタミンCはあまり含まれていないので、果物と合わせるのがおすすめです)

 

 

●バナナはレモン汁をかけて冷凍してもよいのですが、それでも酸化しやすいので生の物を使うのがおすすめです。

手で簡単に皮も剥けてちぎれるので手間もかかりません。

 

●缶詰の果物は汁気を切って小さくカットして保存袋に入れて冷凍

 

●ブルーベリーやいちごは市販の冷凍の方がきれいな紫色がでます

 

●はちみつを加えて飲みやすくしています

でも果物をたっぷり使うと果物の糖度によっては

甘みを足さなくても大丈夫です

ですがはちみつは疲労回復・血圧を下げる効果や

美容にもよいとされているので

少しは摂取したいものですよね^^

果物を少し減らすなどして微調整してみて下さいね!

 

●セロリ・ミニトマト・ケール・アボカド

豆乳・きなこなどもおススメです♪

 


 

冷凍した野菜・果物を使ってスムージーを作ると

どろっとしたシェイク・フローズン状になるので美味しいですが

冬にはちょっと冷たいです(^^;

内臓も冷やしてしまうので

温かい部屋でゆっくり飲む方が良いかと思います(*^^*)

 


 


関連記事


執筆者:BIGLOBE Beauty



0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録