ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

世界初 徐放型型脂肪溶解剤「プロストロレーン インナーB」登場!

目次

手術をしなくても注射だけで、脂肪を撃退、パーツ痩せを叶える治療として人気の「脂肪溶解注射」。



この度、新たに脂肪溶解を最大限に促進する合成抑制ペプチド配合の脂肪溶解剤「プロストロレーン インナーB」が登場しました。注入後、2週間に亘り、徐々に脂肪溶解ペプチドを放出する(徐放型)のドラッグデリバリー機能を有し、より安全で高い脂肪溶解効果を実現しました。

 

 

 

新しい脂肪溶解剤「プロストロレーン インナーB」

美容クリニックでも人気治療の脂肪溶解注射。元々はメソセラピーにおけるFat Dissolve(ファット ディゾルブ)から発展し、フォスファチジルコリン(レシチン)、痛みの少ないハーブ系脂肪溶解剤(BNLS輪郭形成注射など)が汎用されており、そして最近ではデオキシコール酸製剤が二重アゴの改善目的で米国FDAの認可を取得しました。効果や安全性が高まり、今後も注目の治療法です。



今回、新たに登場した「プロストロレーン インナーB」は、世界で初めて脂肪溶解促進及び脂肪合成抑制効果のあるハイブリッド・ペプチドを用いたボディ用の脂肪溶解剤です。

 

 



【注入箇所】


アゴ (二重アゴ)

二の腕

腹部 (全体、脇腹)

太もも (内側、外側)

 

特徴

脂肪溶解を最大限に促進する “ ペプチド “配合

蓄積された脂肪の分解を促進し、一方で新たな脂肪の合成を抑制するペプチド(3種類)を配合



脂肪の分解による炎症反応を防ぐ “ ペプチド “配合

ヒアルロン酸分解酵素の活性化を阻害するペプチドで、脂肪の過度分解による炎症を抑制



徐放型(Sustained Release)製剤

プロストロレーン インナーBは、注入後約2週間に亘って 、脂肪溶解作用のあるペプチドを少しずつ放出します。
この徐放作用により、脂肪溶解効果を持続

 

 


関連記事


/

この記事の著者

alluxe

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録