アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

あえて変えてみるのがお洒落。左右非対称ネイルの魅力

目次

ネイルアートでは、左右のデザインを統一するのが一般的ですよね。しかしあえて左右のデザインを変え、左右非対称ネイルにしてみるのもたまにはいいものです。ここでは、今シーズンおすすめの左右非対称ネイルのデザインをたっぷりご紹介します。

左右で色を変えるネイルデザイン♡

 (564131)

左と右でネイルのデザインや配色を変える、左右非対称ネイル。「アシンメトリーネイル」と呼ばれることもありますが、定番はやはり、デザインはそのままに左右のベースカラーを変えたデザインです。

冬ネイルには深みのあるカラーやグレーカラーがよく似合いますので、ボルドー×グレー、マスタードイエロー×ネイビー、カーキ×グレーといったように、いろいろな組み合わせを試してみてください。

また、片方は深みのあるカラーにしてもう一方はクリアベースにする、というように左右で極端な差をつけてみるのもおすすめです。

 (564133)

片方はシンプルに♡もう一方にはアートを施して

 (564135)

次にご紹介する左右非対称ネイルは、片方はシンプルにカラーリングしただけ、もう一方はアートを施したデザインです。

ベースカラーは左右同じ色にして、片方にだけアートを施したり、片方は濃いめのピンクやボルドーといった主張の強いカラーを使ったシンプルネイルに、もう片方はクリアベースにドット柄やストライプ柄、フラワー柄をはじめとするお好みのアートを施したり、というように、いろいろな楽しみ方ができます。

片方はフラットなワンカラーネイルに、もう片方はストーンで埋め尽くしたキラキラネイルに、なんていうのも素敵ですね!

 (564137)

左右違うデザインにするのも可愛い♡

 (564139)

最後は、左右とも全く違うデザインに仕上げたネイルデザインのご紹介です。
このタイプの左右非対称ネイルでは、片方はドット柄、片方はストライプ柄にして配色も変える、というように左右のデザインを全く異なるものにします。

これだけを聞くと「ごちゃごちゃな感じになってしまわないかな…」と不安に思われるかもしれませんが、ある一つのテーマを決めたうえで左右のデザインを決めると、全体として統一感のある仕上がりになります。

例えば、片方をドットネイル、もう一方をストーンを使ったネイルにする場合、「エスニック」というテーマのもと、使う色はエスニック系のものをセレクト、ストーンは天然石やスタッズをセレクトする、といった感じです。
ドット柄×星柄、ドット柄×ハート柄といったデザインを組み合わせる場合は、「幾何学模様」というテーマを決めてからアートするとまとまりのある仕上がりになるでしょう。



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録