アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

目次

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「鯛」です。いつから食べさせられる?血合いは除くべき?など、離乳食に鯛を使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「海の幸のやわらかごはん」です!

うま味たっぷり!鯛を使った離乳食

637658720

Getty logo

高たんぱくで低脂肪、淡泊な味わいなのにうま味たっぷりと、鯛は離乳食にぴったりな白身魚です。身もやわらかいので離乳初期のたんぱく源としてもおすすめ。ぜひ積極的にとり入れてみてください。

鯛、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期)

1148177832

Getty logo

離乳初期(5~6ヶ月)

茹でた後、繊維がほぐれるまですりつぶします。つぶした鯛に水分を加え、とろみをつけてなめらかに。

■ワンポイントアドバイス■

鯛などの白身魚にある細かい繊維は、裏ごしではなかなか切れませんので、すりつぶしてあげたり、細かくしておかゆなどにまぜるといいでしょう。

離乳中期(7~8ヶ月)

茹でた後、ほぐします。とろみをつけるとさらGood!

■ワンポイントアドバイス■

パサつかず食べやすくなるので、初期〜中期ごろまではとろみをつけるといいでしょう。

離乳後期(9~11ヶ月)

Img 3418

茹でて、ほぐします。

離乳完了期(12~18ヶ月)

茹でれば、そのまま食べらます。お刺身大なら手づかみ食べにも最適!

■ワンポイントアドバイス■

離乳食に使う鯛は、お刺身用がおすすめ。調理しやすく、かつ新鮮なので安心です。刺身1切れは約10~15gなので、分量の調整もしやすいですね。柵で購入したときも、1切れ分に切り分けて使うと便利です。

Img 3405

大人はお刺身で、赤ちゃんはお刺身を加熱して、みんなで鯛を楽しんで!

離乳食の鯛、よくある疑問・質問

離乳食には真鯛と金目鯛、どっちがいい?

495469327

金目鯛

Getty logo

どちらでもOK

真鯛でも金目鯛でも、どちらでも構いません。金目鯛は深海魚なので真鯛とは異なりますが、魚の種類に細かく気を遣うよりも、鮮度のほうを気にするといいかもしれませんね。

鯛の骨は大きくしっかりしているので、調理中に取り除きやすい一方で、赤ちゃんが食べるときに残っていると大変です。 調理する手間を考えても、骨がない分、お刺身になっているものがおすすめです。

鯛の血合いは取り除いたほうがいい?

是非食べさせて

赤ちゃんが嫌がらなければ是非食べさせてあげてください。血合いの部分だけ細かくほぐして他の部分とまぜてあげると気になりにくいかもしれませんね。

■ワンポイントアドバイス■

血合いには、鉄分も多く含まれています。離乳食から鉄分をとることはなかなか大変なことではありますが、少しずつとっていけるといいですね。

おすすめの加熱方法は? レンジでもOK?

Img 3410

お刺身を加熱するときには、ひたひた(お刺身が浸るぐらいの量)の水に火にかける前から入れて茹でると、いい “だし” が出るのでおすすめです。

■ワンポイントアドバイス■

電子レンジで加熱する場合は、しっかりラップをして耐熱皿を使いましょう。500W(少しだけ弱め)で20-30秒程度で様子をみて。

おすすめレシピ!海の幸のやわらかごはん(9ヶ月~)

Img 3477

離乳後期は、水加減も普通のごはんに少しずつ近づいてきます。このころの硬さの目安は「赤ちゃんが歯ぐきでつぶせるくらい」なので、大人の指で軽くつぶせるくらいになっていればOK。少なめのお水で調理することで、鯛のうまみを活かせます。刺身なので臭みも少なく、だしをとる手間もはぶけますよ。

材料

・鯛刺身1切 (10-15g) ・ごはん大さじ5 ・水100m ・青のり少々

作り方

① 小鍋に、水、鯛の刺身、ごはんを入れて茹でます ② 途中で鯛を取り出してほぐし、再度鍋に戻して、軽くあわせます ③ 仕上げに青のりをちらしてできあがり

■ワンポイントアドバイス■

魚はぱさつきやすいですが、おかゆと一緒だと食べやすくなります。また、青のりを加えることで栄養面でプラスでき、香り高くなるので魚の独特な匂いも軽減されて食べやすくなります。

まとめ

476461902

Getty logo

淡泊な味わいで消化もいい鯛は、離乳初期から使える白身魚の代表です。 うま味が強いので、調味料の使用をできるだけ控えたい初期~中期にはとくに使い勝手のいい材料ですね。 ほぐしてそのまま食べさせるだけでなく、すりつぶしておかゆに混ぜたり、ふわふわのお団子にしてスープに入れるなど、いろんなアレンジも可能。さまざまな味と食感を経験させてあげたいですね。

この記事の執筆・監修管理栄養士 川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事 女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。 ◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文・写真:川口由美子先生)

※クレジットありイメージ写真:getty


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録