納豆の離乳食レシピ!いつから?ひきわりと粒納豆どっちがいい?【管理栄養士監修】

更新日:2020年7月9日 / 公開日:2020年7月9日

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「納豆」です。デビューの目安は?ねばりは取る?など、離乳食に納豆を使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「納豆だいこんもち」です!

食べやすい!納豆を使った離乳食

言わずと知れた発酵食品の納豆。やわらかいので食べやすく、さまざまな栄養もあるので離乳食にもぴったりです。初めのころは熱湯をかけるなど、加熱したうえで食べさせてあげましょう。

納豆、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期)

離乳初期(5~6ヶ月)

絶対にダメ!というわけではないですが、この時期に納豆を無理に食べさせることはありません。 食べさせたい場合は、必ず加熱した上でなめらかにすりつぶし、少量で様子を見ながら進めましょう。

離乳中期(7~8ヶ月)

粒納豆は、軽く包丁で叩いてからあげましょう。ひきわり納豆は、皮もないのでそのままあげても大丈夫ですが、粒納豆に比べると少し硬いかもしれません。

■ワンポイントアドバイス■

つるつるしているので粒のままでも飲み込めないことはないですが、消化しやすいよう細かくきざんであげることが大切です。

離乳後期(9~11ヶ月)

ひきわり納豆はそのままで。粒納豆は軽く包丁で叩いてからのほうが安心かもしれませんね(食べさせてみて大丈夫そうであれば、そのままでもOK)。

■ワンポイントアドバイス■

中には納豆特有のねばりを苦手とする赤ちゃんもいます。 その際は、納豆をざるに入れて水や熱湯につけ、ねばり気を取ってあげると食べやすくなります。

離乳完了期(12~18ヶ月)

ひきわりと粒、どちらの納豆もそのままあげられます。

離乳食の納豆、よくある疑問・質問

離乳食で納豆をあげるなら、いつまで加熱すればいい?

中期以降は加熱しなくてもOK

加熱をしたほうがより安心なのは離乳初期くらい。あとはそのままでも食べられます。

■ワンポイントアドバイス■

初期に納豆を加熱する際は、冷凍おかゆと一緒に温めてもいいですね。もちろん電子レンジ加熱でも構いませんが、匂いが気になるかもしれません。

納豆は冷凍保存できる?

できるけど、家族みんなで食べきるほうがおすすめ

冷凍保存をしても構いません。食べ残しなどではなく、パックから清潔なスプーンなどで取り、1つずつラップをして冷凍できるといいですね。 でも、あまり無理に冷凍せず、残りは家族が食べるくらいだといいですね。

■ワンポイントアドバイス■

納豆にはパパママにも必要な栄養がいっぱい含まれています。納豆に限らず言えることですが、赤ちゃんだけはなく家族が一緒に食べることはとても大切です。

市販の納豆についているタレは使ってもいい?

できれば使わない

一般的なタレは少し味が濃いのと添加物が気になります。なるべくしょうゆなどを使うようにすると安心ですね。 味は大人の半分くらいを目安にしてください。

おすすめレシピ!納豆だいこんもち(9ヶ月~)

納豆のネバネバが好きな子も、ちょっと苦手な子も楽しくたべられるおやきです。納豆は食べさせたいけど食べこぼしの後片付けが大変!というときにもおすすめです。

材料

・だいこん100g(3〜4cm程度) ・片栗粉大さじ2 ・米粉大さじ1 ・納豆 大さじ1 ・ごま油適量

作り方

① 大根はすりおろして、軽く水気を切ります ② ①に片栗粉と米粉を加えて5-6個にわけます ③ 成形し、フライパンにゴマ油を敷き、両面を焦げ目がつくまで焼きます

■ワンポイントアドバイス■

味付けしなくても赤ちゃんはおいしく食べられますが、もし食がすすまない場合はしょうゆを数滴たらしてもOK。 大人はしょうゆや豆板醤をつけてみてもいいかもしれませんね。 是非家族でおなじものを食べてみてくださいね。赤ちゃんもパパママと一緒の食事は喜びますよ。

まとめ

納豆はたんぱく質が豊富で、離乳食にも積極的にとり入れたい食材です。スタートは生後7ヶ月を過ぎたころからが望ましいですね。また、最初は少量で念のため加熱もしましょう。 おかゆやご飯のお供にもいいので、使いやすく食べやすい納豆。赤ちゃんのたんぱく源としてもってこいなので、是非いろいろとレシピに取り入れてみてください。

この記事の執筆・監修管理栄養士 川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事 女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。 ◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文・写真:川口由美子先生)

※クレジットありイメージ写真:getty


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録