アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

1杯300円で先行販売!ゴンチャから果汁発酵の飲む“お酢”ドリンクが登場

目次


タピオカドリンクなどで人気の台湾ティーカフェ「ゴンチャ(Gong cha)」より、果汁から発酵して造られたお酢を使用したオリジナルドリンク「フルーツ ビネガー(Fruits Vinegar)」が登場!7月22日(水)より全店にて発売される。

発売に先駆け、東京都渋谷区にある渋谷モディ店限定では7月21日(火)より先行発売を開始。26日(日)までは、特別価格300円(税込)で販売される。

100%果実発酵の飲むお酢を使用

同商品に使われているのは、100%果実発酵の飲むお酢「美酢」。「美酢」は、後からお酢と果汁を配合するのではなく、果汁から発酵しているため、天然果実ならではのフルーティーでまろやかな味わいが感じられるのが特徴だ。

ミルクorソーダに3種のフレーバーをセレクト

今回登場するのはそんな「美酢」を使った「フルーツビネガー ミルク」と「フルーツビネガー ソーダ」の2種類。

「フルーツビネガー ミルク」は、「美酢」に、ゴンチャオリジナルのフルーツソースを合わせ、そこに牛乳を加え、さらにざくろ酢を使用し作ったこんにゃくゼリーをトッピングした新食感ドリンク。まるでヨーグルトのようなまろやかで爽やかな味わいを楽しめる。

「フルーツビネガー ソーダ」は、「美酢」にゴンチャオリジナルのフルーツソースを合わせ、ソーダで割り、ざくろ酢を使用し作ったこんにゃくゼリーをトッピングしたドリンク。さっぱりと喉越しがよく、ごくごく飲めそうだ。

それぞれ、<カラマンシー><パイナップル><ざくろ>の3種のフレーバーをラインナップし、合計6種類となっている。


<カラマンシー>は、主に東南アジアで広く栽培される柑橘『カラマンシー』の美酢に、ピーチソースを合わせて、酸味を抑えてほんのり甘みを感じる味わい。7月22日(水)~通年の販売予定。

<パイナップル>は、パイナップルとパッションフルーツのトロピカルな組み合わせが夏にぴったりなフレーバー。7月22日(水)~8月30日(日)の期間に販売予定。

ざくろの美酢にゴンチャオリジナルのストロベリーソースを合わせた<ざくろ>は、甘酸っぱくフルーティーな味わい。9月4日(金)~通年の販売予定。

店頭価格は各1杯470円(税別)、デリバリー価格は510円(税込)。ただしデリバリーでは「フルーツビネガー ミルク」のみの取り扱いとなる。

プレゼントキャンペーンも開催


渋谷モディ店限定で、7月21日(火)13:00~7月26日(日)の期間、『フルーツ ビネガー』を購入した人を対象に、抽選で 「美酢 Beauty Plus(ざくろ/400ml)」を1本プレゼント!なお期間中は『フルーツ ビネガー』のみの販売となるが、発売前の<ざくろ>が楽しめるという。

また、渋谷モディ店、札幌アピア店、デリバリーを除く全店では、7月22日(水)限定で、『フルーツ ビネガー』を購入した人を対象に抽選で「美酢 Beauty Plus(ざくろ/400ml)」を1本プレゼントするのでこちらも要チェック。

疲労回復などの健康効果も期待できる『フルーツ ビネガー』で夏を元気に楽しもう!


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録