鹿児島県の郷土料理“鶏飯”を手軽に味わえる!「スープで味わう 鶏飯」発売


鹿児島県の郷土料理『鶏飯(けいはん)』は、茶碗に盛ったごはんに、ほぐした鶏肉、錦糸玉子、漬け物などの具材と、柑橘類の皮、ねぎ、白胡麻などの薬味をのせ、鶏だしのスープをかけて食べる料理。

そんな『鶏飯』を手軽に味わうことができる商品が新登場!丸美屋食品工業より、「スープで味わう 鶏飯」が7月20日(月)に全国のコンビニエンスストアにて発売される。

さっぱりとした味わいが魅力!

今回発売される「スープで味わう 鶏飯」180円(税別)は、カップにお湯を注ぐだけで『鶏飯』を楽しめる商品。

独自の製法で作った“押し麦入りごはん”は、お湯を注ぐだけで、米の粒感がしっかりとある炊飯したごはんに近い味わいが楽しめる。鶏の旨味にゆずの風味を合わせたスープは、コクがありながらも、さっぱりとした後味。暑い夏にもさらさらと食べられそうだ。

鶏肉・かき卵・ねぎ・白胡麻入りの同商品は、程よいボリュームのため、朝食やお酒の〆にもピッタリ!

暑さで食欲がダウンしがちな夏にオススメの「スープで味わう 鶏飯」を、ぜひチェックしてみて。



更新日:2020年7月20日 / 公開日:2020年7月20日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録