アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

新感覚!“高級だし食パン”を使った「だし巻揚げサンド」専門店が大阪に誕生

目次


「生クリーム専門店ミルク」や「生タピオカ専門店モッチャム」など、日本初業態を運営するオペレーションファクトリーから、新ブランドが登場!「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」が、7月20日(月)、大阪・なんばCITYにオープンする。

今までにない至極の「だし巻揚げサンド」

「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」は、新感覚の高級「だし巻揚げサンド」専門店。出汁のしっかりきいた高級食パンに、揚げてうまみを閉じ込めただし巻たまごを挟んだサンドイッチを販売する。


ブランド名の「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」は、“たまごを、巻いて×揚げる”と、1本1本丁寧に“巻いてあげる”の二つの意味から命名。いままでにない「だし巻揚げサンド」を丹精込めて1つ1つ作り上げるというメッセージが込められている。

「だし巻揚げサンド」専用食パンを開発


「だし巻揚げサンド」に使用されている食パンは、話題の高級食パン専門店「明日が楽しみすぎて」が同店のために専用に開発したもの。高級料亭で使用されるまぐろ節をふんだんに練りこんだ、ふんわりと和だしが香る日本初の高級だし食パンとなっている。

巻いて×揚げる!だし巻へのこだわり


だし巻には、北海道南地方の最高級天日干し昆布と、まぐろ節でひいた風味豊かな一番出汁のみを使用。毎日ひきたての出汁と新鮮な卵を使って巻きあげただし巻を1本ずつ丁寧に揚げて、高級だし食パンにサンドする。

食べるとじゅわっと出汁を感じる、巻きたて、揚げたてのだし巻と、高級だし食パンのハーモニーを楽しんで。

商品詳細


「まいてあげる謹製 だし巻揚げサンド」の価格は、フルサイズ(6貫)/800円(税抜)、ハーフサイズ(3貫)/450円(税抜)となっている。

“高級食パン”דだしソムリエ”の饗宴を、ぜひ味わってみて!

■「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる なんばCITY店」
住所:大阪市中央区難波5丁目1-60 なんばシティ本館1F SIGN OF THE FOOD内

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録