離乳食は冷凍保存が便利!冷凍に便利な容器、解凍方法などは?

更新日:2020年7月26日 / 公開日:2020年7月26日

離乳食は手間がかかる割には、赤ちゃんが食べる量はとても少ないですよね。時間効率よく、コスパを叶えるために、ママたちが実践しているのが「冷凍保存」。離乳食の冷凍保存についてのノウハウをご紹介します。

離乳食は冷凍保存が便利

下ごしらえが多く、手間がかかる離乳食を毎回一から作るのは大変ですね。多くのママが離乳食をまとめて下ごしらえをして冷凍で保存。どんなメリットがあるのか、冷凍する際に気を付けたいこと、知っておくとよいことをお伝えします。便利グッズを上手に使うと、離乳食がより楽になるのでぜひ参考にしてください。

離乳食の冷凍保存のメリット

食材を下ごしらえした状態、もしくは加熱解凍すればすぐに食べられる状態で冷凍保存しておく一番のメリットは、時短ですね。離乳食をつくるのも大変ですが、それを赤ちゃんに食べてもらうのも簡単なことではないはず。離乳食を用意する時間を短縮できれば、赤ちゃんは待たずに機嫌がよいタイミングで食べることができ、ママもイライラせずに食べさせることができるでしょう。

離乳食開始時は特に、少しの量を毎回一から作るのは、調理しにくいものです。まとまった量であれば、下ごしらえもしやすくなります。1回分ずつ使い切る量で冷凍保存しておけば、食材を無駄にすることなく、地球にもお財布にもやさしいですね。

離乳食が進めば、食べる回数も量も増え、1回に食べさせたい食材の種類も増えていきます。 “もう1品欲しいな・・・”という時に冷凍保存したものをさっと用意できれば、栄養バランスもよくなるはず。食べ慣れた食材の作り置きがあって、それにもう1品プラスして作るなら新しい食材にもチャレンジしやすくなるでしょう。

冷凍保存可能な期間

離乳食を作り置きして冷凍すれば、一定期間保存がきくというメリットがあげられます。では実際、どれくらい保存が可能なのでしょうか。

赤ちゃんは細菌への抵抗力が弱いので、食材の鮮度が落ちる前に食べさせたいものです。冷凍した食材は1週間以内に使い切るようにしましょう。冷凍庫の過信は禁物です。

離乳食を冷凍する際のポイント

1食分ずつ分けて冷凍する

1回の食事で食べられる分量ずつ冷凍するのがポイント。使う時にパッと取り出すことができ、食べさせる量も管理しやすくなります。食べ物の形状に合わせて、パッケージを選ぶのも上手な冷凍保存のコツですね。

食品が冷めてから冷凍庫に入れる

調理した食材を常温で置いておくと、雑菌が繁殖してしまうので、なるべく早く冷凍することが重要です。加熱直後のアツアツの状態から、粗熱がとれる(やや暖かいと感じる程度や湯気がおさまる程度)まで冷めたら冷凍庫に入れるタイミングといえるでしょう。

熱いまま容器に入れてフタをすると、フタに水蒸気がつき雑菌の繁殖につながるので、必ず粗熱をとってからフタをして、冷凍庫に入れるようにしましょう。

フタや封はきちんと閉める

一食分ずつ小分けする容器や、仕切られた容器を使用する際は、フタ付きの容器を選んでください。フタがないものやラップだけをして冷凍していると、食材が乾燥して酸化(劣化)しやすくなります。異物混入を防ぎ、容器を重ねることもできるので、冷凍庫の中をきれいに保つことができます。

袋タイプを使用する際は、封をするときになるべく空気を抜くことがポイントです。真空状態では、雑菌の繁殖がしにくいようです。

日付を記入する

冷凍するときに、パッケージに日付を記入すると管理しやすく、無駄なく使い切ることができるでしょう。冷凍庫に入れた日付とあわせて、食べきるとよい日付(期限)を記入しておくと、意識を高く保てるかもしれませんね。

冷凍庫の手前に置かない

冷凍庫を開閉するたびに冷凍庫内の温度が変化するので、一定の温度を保てる位置、いわゆる奥の方での保存をおすすめします。冷凍したものの温度を一定に保つことにより鮮度を失わずおいしさもキープできるのです。

まずは主食の冷凍を

離乳食開始時であれば10倍がゆはつぶした状態で冷凍保存。その後は7倍がゆ、全がゆ、軟飯とステップアップしますが、毎食食べる主食を1食分ずつ冷凍保存すればとても楽になります。

うどんなどの麺類は茹でてから冷凍保存。乾麺は茹でる前に長さをカットしておくと便利ですね。

食パンであれば適当な大きさに切り分けてラップに包み、密閉してから冷凍保存。使う時は凍った状態のままおろし金ですりおろすこともできます。

野菜は下ごしらえをしてから冷凍

よく使う野菜はやわらかく茹でたあと、ペースト状か、きざみか、もしくは手づかみ食べしやすい大きさか、それぞれの時期に合わせた状態に下ごしらえをしてから冷凍保存するとよいでしょう。

どの食材も冷凍前には水気をしっかり切っておくことが美味しさを保つコツです。ほうれん草などアクが強い野菜は、茹でた後水にさらしてアク抜きを忘れずに。

また、にんじんはスティック状に切ったら茹でて冷凍、ほうれん草などの葉物はゆでたら数枚を重ねてスティック状に巻いて冷凍、どちらも使う時に凍ったままおろし金ですりおろして使えます。

冷凍に向かない食材もあるけれど

すべての食材が冷凍できるというわけではありません。水分の多い食品は冷凍に向きません。

それでも、きゅうり、トマト、なす、キャベツ、レタス、白菜、りんごなどは、ペーストやピューレ状にすれば冷凍できます。じゃがいもは茹でたあと熱いうちにマッシュにして冷凍するとよいでしょう。牛乳はホワイトソースなどに加工したものは冷凍できます。

冷凍に便利な容器・アイテム

製氷皿

お粥やペースト状のもの、スープ、だし汁などの冷凍に便利です。1食分ずつきっちり分けられて、使う時も取り出しやすい製氷皿は、低コストで人気。フタつきのものを選ぶことをおすすめします。

ジップロック

ペースト状や水分の多いものから固形物まで様々な形状に対応してくれる便利なアイテムです。サイズも大小いろいろあるので、使い分けることができます。

大きな袋でまとめて冷凍する場合は、空気を抜いて封をしたら、袋を平らに薄くのばし、使いやすい量に箸などでくぼみをつけるように印をつけて冷凍。印のところでパキッと折れば、必要な分だけ取り出せます。

また、ラップで巻いた固形の食材をまとめて入れておくときにも使えます。透明なので、どんな食材が入っているか見やすくて、使用期限なども分かり取り出しやすいのが嬉しいですね。

電子レンジ対応のフリーザーバッグを選ぶと、いざ使う時に袋のまま加熱できて重宝しますよ。

おかずカップ

お弁当によく使われるシリコン製のおかずカップも活用できます。凍ったまま取り出しやすいのが特徴です。そのまま電子レンジで温めてもいいですし、繰り返し使えるので経済的ですね。同じ高さのタッパーに並べ、フタをして冷凍保存するとよいでしょう。

冷凍した離乳食の解凍方法

電子レンジか鍋で加熱

冷凍した食材は、食べさせるときに電子レンジか鍋で加熱解凍します。過度な加熱により、食感や旨みを損なってしまう場合もあるので、水分を少し足して加熱したり、時々かき混ぜたりして、目を離さないように加熱時間を調整しましょう。

自然解凍はNG

前述したように、赤ちゃんは細菌への抵抗力が弱いので、食べるものが雑菌に汚染されないように気を付けなければなりません。そこでNGな行為として「自然解凍」することはやめましょう。常温での保存により雑菌は繁殖しやすくなります。解凍する際は電子レンジや鍋を利用し、なるべく早く加熱をして食べさせることが大切です。

再冷凍はしないこと

一度解凍したものを、再冷凍するのもNG。こちらも雑菌の繁殖につながりますので、解凍する場合は使う量、食べる量のみとしましょう。

まとめ

食材の鮮度がよいうちに下ごしらえをして冷凍保存、使う分だけを取り出して適切に利用できれば、おいしい離乳食が手早く用意できます。冷凍するポイントをしっかりおさえておきたいですね。離乳食の冷凍保存を利用して、ママの負担を軽減できれば、赤ちゃんと接する時間も増えて、離乳食の幅も広げていけるでしょう。

記事の監修

えいよう未来研究所 こどもえいよう管理プロジェクトメンバー競 公与 管理栄養士。病院栄養士を経て、フリーランスの管理栄養士として活動。プロジェクトでは保育園給食の365日献立と離乳食の進め方を確立。食物アレルギーや離乳食の進め方など、最新の学会情報を織り込んだ正しい知識を「分かりやすく、実行しやす く」伝えることを得意とする。現在は大阪府茨木市を拠点に地域の人々に寄り添った食育活動に邁進中。大阪府栄養士会所属。 https://www.instagram.com/eiyomirai/


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録