ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

大人女子の夏ネイル◎大きめのシェルを使ってアートするデザイン5選

目次

これからのシーズンのネイルアートで大活躍してくれる、シェル。ネイルに使われるシェルにはいくつかの種類がありますが、今回は、大きめのシェルを使ったネイルデザインに注目してみましょう。カジュアルなものから上品なものまでたくさんのバリエーションがありますので、デザイン選びの参考にしてくださいね!

大きなシェルを大胆にあしらって♡

 (623121)

Schelm (静岡県島田市)

via itnail.jp

ネイルアートに使われるシェルというと、これまでは細かいクラッシュシェルがメジャーでしたよね。しかし最近は、薄いシート状になったものや、大きくカットされたもの、厚みのあるものというように、色々な種類が販売されています。

そういったシェルを使うと、クラッシュシェルを使ったものとはひと味違う、お洒落度高めなネイルを楽しめるでしょう。

例えば、単色でカラーリングしたシンプルネイルの中央に、大きなシェルを大胆にあしらうデザインはいかがでしょうか?厚みのあるシェルを大胆にONすれば、シェル特有の上品な輝きが際立つ、素敵な仕上がりを楽しめるでしょう。

 (623123)

MeVius nail (名古屋)

via itnail.jp

色味の異なるシェルを組み合わせてアートして

 (623131)

MOROSY

via itnail.jp

大きなシェルは、色味の異なるものを数種類組み合わせてアートしても、素敵なネイルが完成します。

例えば、落ち着いた色味のラメをベースに使い、その上に2~3色のシェルを並べるデザインはいかがでしょうか。それぞれのシェルが上品に発色する、素敵なネイルを楽しめるでしょう。

スキンカラーベースにホワイトやグレーのシェルを重ねたり、ビビッドカラーベースに深みのある発色のシェルを数種類重ねたり。ベースカラーとシェルのカラーによって、仕上がりのテイストがかなり変わってきますよ!

 (623135)

Liliana (兵庫・西宮)

via itnail.jp

大きめシェルで爪を埋めつくしたデザイン

 (623137)

Treail (大阪)

via itnail.jp

大きめのシェルを使ったネイルは、これで爪を埋め尽くしてアートするのもおすすめです。

アートに使うシェルは、ワンカラーで統一してもいいですし、ピンクやイエロー、ブルー、といった色を組み合わせてカラフルなデザインに仕上げてもいいでしょう。

クリアネイルをシェルで埋めつくして涼しげに仕上げたり、ラメで埋めつくしたギラギラのネイルをシェルで埋めつくしてカジュアルな仕上がりにしたり。強い光沢を放つミラーネイルをベースに、大きなシェルを重ねるデザインも素敵です。

お好みに合わせて、ベースデザインも工夫してみてくださいね!



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録