アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

目次

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。

大根、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

8366

離乳中期ごろまでは、大根の葉はかたいので避けます。後期以降に葉を使うならば細かくきざみましょう。

・初期の調理:しっかり茹で、すりつぶし、茹で汁でのばしてペースト状に ・中期の調理:しっかり茹で、刻んでとろみをつける ・後期の調理:つぶれない程度に茹でて、手づかみできる形状に ・完了期の調理:すりおろして片栗粉でつないで、おやき形状に

■ワンポイントアドバイス■

調理しやすい点で優秀な大根は、離乳初期から使えるお野菜。他の食材と相性が良く、レパートリーも広がりやすいですね。

大根はどんな野菜?旬と栄養素

大根の旬の時期は「冬」

543807356

Getty logo

大根は季節を問わず店頭で見かける野菜ですが、12月から1月ごろの冬が旬となります。

大根は水分が多く離乳食には使いやすい

大根は水分が多く含まれ、柔らかく調理がしやすく、クセのない野菜のため、離乳食にはおすすめです。栄養面では、葉の部分のほうが、ビタミンC、食物繊維、鉄などが豊富に含まれますが、かたく苦味もあるので、葉の部分はなめらかさが必要な時期は避け、根の部分を使いましょう。

離乳食の大根、下処理・下ごしらえの方法

8366

Getty logo

茹でる時のコツ

大きめに切ってから茹でると、なめらかに調理がしやすくなります。

レンジ加熱のコツ

大きめに切った大根(輪切り1cm幅くらい)とかぶるくらいの水を耐熱容器に入れ、600wで1分半~2分程度加熱します。

■ワンポイントアドバイス■

大根は葉に近いほど甘いので、離乳食には葉に近い部分を選びましょう。

大根の離乳食、よくある疑問

塩や重曹を入れて茹でてもいいの?

1144974064

Getty logo

味を染み込ませることなどがあまり必要のない離乳食では、塩を入れて茹でると余分な塩分を摂ることになるので、入れなくてもOK。苦味になるアクをとるための重曹も、大根はアクがそれほど多くないため使わない方がいいでしょう。気になるのであればお米のとぎ汁を少し加えてみるくらいにしておきましょう。

大根は冷凍できる?

1208345942

Getty logo

冷凍できます。調理したものを茹で汁ごと冷凍しておきましょう。1週間程度を目安に使い切り、食べる前はしっかり再加熱しましょう。

大根の離乳食レシピ!初期・中期・後期

<離乳初期のレシピ>大根ペースト

8366

材料

8366

・大根15g ・水適量

作り方

① お鍋に皮をむいた大根とかぶるくらいの水を入れ、やわらかくなるまで煮る ② ①の大根をすりつぶし、茹で汁でのばしながら、なめらかなペースト状にする

8366

■ワンポイントアドバイス■

なめらかさが必要な赤ちゃんには、裏ごし器を使ってかたい部分を取り除くと食べやすくなります。

<離乳中期のレシピ>大根のだしとろとろ

8366

材料

8366

・大根20g ・かつおだし適量 ・水溶き片栗粉小さじ1(水:片栗粉=1:1)

作り方

① お鍋に皮をむいた大根とかぶるくらいのかつおだしを入れて、やわらかくなるまで煮る ②大根を取り出し、みじん切りにしたら、大根と煮ただし汁20㏄ほどをお鍋に戻して、水溶き片栗粉を入れ、とろみがつくまで再加熱する

8366

■ワンポイントアドバイス■

再加熱がお鍋でやりにくいときは、レンジ600wで15秒を2回ほど加熱すると、なめらかにとろみがつきます。

<離乳後期のレシピ>大根とツナのオクラあん

8366

材料

8366

・大根20g ・にんじん5g ・オクラ5g ・ツナ(水煮缶無塩)15g ・水適量

作り方

① オクラは種をとりみじん切り、大根とにんじんは食べやすい大きさに切る ② お鍋に、大根、にんじんとかぶるくらいの水を入れ、やわらかくなるまで煮る ③ ②にツナを汁ごと加え、ツナをほぐしながらひと煮立ちさせる ④ ③にみじん切りにしたオクラを加え、とろみがでるまでしっかり加熱する

8366

■ワンポイントアドバイス■

オクラを使うことで、とろみづけにも彩りにもなります。なければ、水溶き片栗粉でとろみをつけましょう。

まとめ

488609339

Getty logo

大根は手に入りやすく、調理もしやすい、離乳食にはおすすめの食材です。かたい皮や葉はのぞき、土に近い、上のほうの甘味が多い部分を選べるといいですね。切ってから少し味見をしてみて、辛みのある部分は避けていいでしょう。シンプルな大根のみのメニューもおすすめですが、食べることに慣れてきたら、他の食材と合わせたメニューにアレンジして、食感の違いや、味の変化を楽しんだり、手づかみ野菜として活用してみましょう。

この記事の執筆者 木下麗子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士) 食育教室 キッチンひろばChura 主宰 幅広い年齢の栄養指導や献立作成を経験したのち、現在は、母子栄養協会の認定講師 他、離乳食幼児食教室、お母さん向け料理教室などを運営。助産院や幼児教室などにて食育講座を担当。 ◆HP:https://kitchenchura.com/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事 女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。 ◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:木下麗子 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献 日本食品標準成分表2015年版


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録