アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

目次

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。

豆腐、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

8384

豆腐は絹豆腐や木綿豆腐とあります。初期の頃には、なめらかで食べやすい絹豆腐から始めます。歯茎でつぶすことのできるような月齢(生後9ヶ月くらい)になったら木綿豆腐を使うことができます。

・初期の調理:軽く茹でて、お湯などでのばしてペースト状に ・中期の調理:2~3mm角に切って ・後期の調理:4~5mm角に切って ・完了期の調理:約1cm角に切って

豆腐を始めるときに注意したいこと

初めてあげるたんぱく質源として使いやすい豆腐ですが、アレルギーの心配があるので、初めてあげる時は医療機関があいている時間に少量のみにしておくと安心です。 また、加工食品ですが、新鮮なものを選び、火を通してから使いましょう。

離乳食の豆腐、調理のポイント

8384

加熱のコツ

豆腐は、大人は冷奴で食べることができますが、赤ちゃんは食中毒菌には弱いので、湯通しして表面を殺菌するとよいでしょう。

加熱でNGなこと

豆腐は加熱しすぎると“す”が入り(穴が開く)、ボソボソと食べにくくなります。 また、トマトなど酸っぱいものと調理するとかたくなる性質があるので、酸っぱいものが入るときは煮にすぎないようにするとよいでしょう。

■ワンポイントアドバイス■

豆腐は加熱殺菌が必要ですが、おいしく食べるためには加熱のし過ぎには要注意!

豆腐の離乳食、よくある疑問

668951254

Getty logo

絹と木綿豆腐、栄養は違うの?

豆腐には、たんぱく質や鉄分の他に、骨の形成に必要なカルシウムが豊富に含まれています。 それらの栄養素は、絹豆腐・木綿豆腐どちらにも含まれますが、木綿豆腐の方がたんぱく質・鉄分・カルシウムが多くなっています。

冷凍保存もできる?

豆腐は、冷凍すると“す”が入ってボソボソした食感になってしまいますので、冷凍保存には向いていません。 ただ、ペースト状に調理した状態であれば冷凍保存ができます。

どんな豆腐を選べばいいの?

998957602

Getty logo

豆腐は色々な種類の豆腐がありますが、赤ちゃんが食べやすい絹豆腐や木綿豆腐を月齢に応じて選びましょう。なお、「卵豆腐」「ごま豆腐」などは豆腐とは別の製品です。

豆腐の離乳食レシピ!初期・中期・後期

936726032

Getty logo

<離乳初期のレシピ>豆腐のだしペースト

8384

材料(作りやすい量:約4-5回量)

8384

・絹豆腐40g ・だし汁適量

作り方

① 絹豆腐を湯通しする ② だし汁を入れながらのばし、絹豆腐をすりつぶす ③ ②を鍋に入れて沸騰したら完成

8384

8384

■ワンポイントアドバイス■

だし汁はお湯でもOKです。

<離乳中期のレシピ>豆腐と人参のトロミ煮

8384

材料(約1回量)

8384

・絹豆腐20g ・人参10g ・だし汁適量 ・水溶き片栗粉適量

作り方

① 皮をむいた人参を柔らかく茹で、みじん切りにする ② 絹豆腐は3mm角程度に切る ③ 鍋に①の人参・②の豆腐・だし汁を入れ、沸騰したら水溶き片栗粉でトロミをつける

8384

8384

■ワンポイントアドバイス■

調理の中でしっかりと加熱をする場合は、事前に豆腐を湯通ししなくてもOKです。

<離乳後期のレシピ>豆腐のハンバーグ

8384

材料(約1回量)

8384

・木綿豆腐40g ・小松菜10g ・粉ミルク小さじ1/2* ・片栗粉少々 ・植物油少々

*乳アレルギーの場合は豆乳(無調整)で代用できます

作り方

① 小松菜は柔らかく茹でて細かくみじん切りにする ② 木綿豆腐は水けをきり、①の小松菜・粉ミルク・片栗粉とよく混ぜておく ③ 小判型に成型をして、油をひいたフライパンに並べて両面、こんがりと焼き上げる

8384

8384

■ワンポイントアドバイス■

後期になると手づかみ食べを始める赤ちゃんもいますので、このころを目安に手づかみメニューも取り入れられるといいですね。

まとめ

1155234664

Getty logo

豆腐は、離乳食初期に始めて与えるたんぱく質源として、選びやすい食材です。大豆製品なのでアレルギーの心配がありますので、始めてあげる時は慎重に心がけましょう。 初めは絹豆腐をすりつぶしたものからはじめ、歯茎を使ってカミカミできるようになったら木綿豆腐も使うことが出来ます。 加熱しすぎるとボソボソになるので、さっと火を通す程度で構いませんが、冷ややっこなどで食べられるようになるのは、衛生面も考えて1才すぎてからだと安心ですね。常備しておくと便利な食材で大人のレシピにもいろいろ使えますので、豆腐のレシピはたくさんレパートリーを作りたいですね

この記事の執筆者 夏目千恵子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士) 地域で離乳食講習会、育児相談を行っている他、離乳食から小学生までの、家庭で実践できる無理のない食のアドバイスを心がけた活動をおこなう。 Blog: https://ameblo.jp/kanrieiyoshichieko/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事 女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。 ◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:夏目千恵子 先生、監修:川口由美子 先生)


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録