アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

超簡単でマイナス5歳!40代の「夏老け見え」を撃退するメイクのコツ

目次

「夏老け」も、気になりだすタイミングの今。40代女性の肌は、ちょっとした刺激にも敏感になりがちですし、今年はマスクライフの影響もあって、例年とは異なる肌荒れやくすみに悩んでいる人も珍しくありません。

「老けた印象」を感じたら、日々のメイクでフォローするのが、自信を取り戻す方法の

ひとつ。スキンケアの成果はすぐには出にくいので、まずはぜひメイクで、“老けていない外見”をつくってみて。時短美容家の私、並木まきが、40代女性におすすめの夏老け払拭メイクのテクニックをお話します。

 

1:頬の高い位置にクリームハイライト

肌がくすんで見えると、夏老けな印象は加速。特に、頬の高い位置はマスクをしていても「チラ見え」しやすい部分なので、ここが残念な印象だと、全体的に疲れている印象に見えやすいです。

そこでおすすめなのが、頬の高い位置にツヤ感の強いハイライトを入れる方法。自然な光沢を出し、光を反射させる効果によって、くすみを飛ばして見せたいので、パウダータイプよりもクリームタイプのハイライトが断然におすすめです。

やや広めに塗ると、全体的にツヤッとした印象が際立ち、ヘルシーな肌に見せやすいです。

 

2:ペンシルアイライナーでインサイドライン

目もとの印象がぼやけてしまうと、それだけで「夏老け」のイメージが強まる傾向に。目力不足は、お疲れ気味な雰囲気が出やすい典型です。

時代は「ナチュラルメイク」が定番ですが、目まわりがナチュラルすぎると、どうしても疲れた印象になりやすいのも40代の実態。そのため、「やりすぎないインパクト」を加えつつ、目力をフォローするメイクが老け見え撃退につながります。

リキッドやジェルのアイライナーだと、印象が強くなりすぎて不健康なメイクにもなりがちなので、ペンシルアイライナーで、控えめにインサイドラインを入れるのが、今のおすすめ。インサイドラインは、やや寂しい印象になりやすい40代のまつ毛を濃く見せてくれる効果も期待できるので、サッと描いておくだけで、目力全般がぐんとアップして見えやすいです。

 

3:眉の境目にハイライト

眉毛が寂しい印象だと、これも夏老けの要素に。きちんと描いている眉でも、ボリューム不足などでリッチな印象が消えてしまうと、生活感が強く見えやすいです。

そこで、眉に立体感を加えリッチな印象を加えるべく、眉にもハイライトを。眉の中央から眉尻にかけて、上下に軽くハイライトを塗っておくだけで、自然な立体感が加わり、ヘルシーなイメージが強まります。

眉はマスクをしていても見えるパーツなので、ここがリッチなイメージだと、「きれいな40代」に見せやすいメリットも期待できますよ。

 

「夏老け」は、実年齢よりも上に見せがちなNG。デイリーメイクに少しの手間を加え、ヘルシーなメイクを目指してみて。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録