アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お泊りデートで試したい!彼が気持ちよく目覚める「朝の起こし方」

目次

朝の彼女の姿を見て、「結婚したらこんな感じかな」と妄想が膨らみ、結婚を決意する男性は少なくありません。つまり、お泊りデートの朝こそ勝負の時間と言えるでしょう。男性が注目しているポイントや喜ぶ起こし方を探ってみました。

 

①コーヒーの香り

「昔付き合っていた彼女の家にお泊まりすると、必ず僕よりも先に起きていてモーニングコーヒーを入れてくれてるんです。コーヒーのいい香りの中『おはよ。コーヒー入ってるからね』と軽く起こしてくれるんです。

ほんときもちよく目覚められます。せっかく入れてくれたコーヒーを温かいうちに飲んであげたいという気持ちにもなりますしね。優しい気持ちには優しい気持ちで応えたくなります」(33歳/男性)

 

②朝食のいい香り

「自分が今までしてみた『朝の起こし方』で好評だったのは、やっぱり『朝食の良い香り』作戦ですね。和食でも洋食でも、きちんとした料理をする必要はありません。むしろ料理苦手な人なら、コーヒーだけでもかまわないと思います。

昔、母親が料理をする音や香りで目覚めて、幸せを感じた記憶ってありませんか?食欲という本能に働きかけるから、なおさら記憶に残りやすいもの。きっと『幸せな目覚め』の思い出として彼の中に残るはずよ。そうすればまた行きたいと思ってくれるはずです」(42歳/女性)

 

③笑顔でおはようという“だけ”

「一昔前ならば、朝食を作ってくれるなどの”俺だけの新しいママ”的な行動が勧められてきましたが、今はそれだけが答えではないかもしれません。高い成果を求められる職場で働く方々の中に、男女ともに朝目が覚めて出勤時間までルーティン化し、無駄に思考力を使わない方法を取り入れる方が増えています。

巷のビジネス書では、実践しているかはともかく、休日も平日も変わらず過ごす方法も勧められています。そのため『朝のルーティンを乱されたくない』から、笑顔でおはようと言ってくれるだけでいいという男性もいます。彼が気持ちよく目覚める朝の起こし方は、寝る前に朝のルーティンを確認し余計なことはしないということかもしれません」(47歳/女性)

 

温かい時間を求めているのか、朝に気持ちの切り替えができることを求めているのか、男性のニーズに合わせ的確に判断して行動に移していく必要がありそうです。次の日が休日か平日かでも、選択が変わる可能性がありますよね。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録