アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【連載】カット不要!10分DIY!? 2ステップで完成☆《ALLセリア》で作る小物収納

目次

小さくて可愛いものって、ついつい集めたくなりますよね

小物と言っても色々ありますが、今回はマニキュアに目を向けてみました。新色が出ていたり、微妙な色の差が気になって、つい手を伸ばしがち。気づけば沢山集めてたって事も。

そんなアイテムを可愛く収納できたら嬉しいですよね。今回は小物収納にピッタリなDIYをまとめてみました。

○○するだけ!合わせるだけ!収納アイテムを作ってみよう!

出来上がりはコチラ

出来上がりはコチラ

https://folk-media.com/

コンパクトな2段シェルフに仕上げました。

作ってみよう

作ってみよう

https://folk-media.com/

【用意するもの】

●インテリア木製ウォールシェルフ レクタングル 1個(写真右奥)

●インテリア木製ウォールシェルフ レクタングル2 1個(写真左)

●3TRAY 1個

●10TRAY 1個

●BEADS PARTS樹脂(ウッドビーズ等、引き出し用ツマミの代用できるものであれば何でもOK)

〇水性塗料、筆

〇プラスドライバー

〇木工用ボンド

〇グルーガン(瞬間接着剤でもOK)

作ってみよう2

https://folk-media.com/

セリアでは、写真のような仕切りのあるものや、他にも様々な種類が販売されています。使用用途に合わせ選んで下さいね。

作ってみよう3

https://folk-media.com/

発想は単純に、工程は簡単に。ウォールシェルフにTRAYをセットする!このように使いたい。

作ってみよう4

https://folk-media.com/

ですが!さらに可愛い存在にしたくて、ちょっとだけ手を加えてみます。ウォールシェルフについているネジをプラスドライバーで外します。

作ってみよう5

https://folk-media.com/

仕上げたいデザインが決まったら、ウォールシェルフを上下に重ねて木工用ボンドで接着します。

(アレンジ:お好みでウォールシェルを横に連結させたり、数を増やしてみるのも良いでしょう)

作ってみよう6

https://folk-media.com/

ウォールシェルフを好きな色にペイントします。

作ってみよう7

https://folk-media.com/

ペイントが乾いたらTRAYをセット。これだけでも十分なのですが…。

作ってみよう8

https://folk-media.com/

よりラブリーに仕上げたく、お花の形をしたBEADSをチョイス。これをグルーガンでTRAYに接着。

作ってみよう9

https://folk-media.com/

ツマミにするには十分なサイズ感のBEADS、写真のようにお花をつまんでTRAYを引き出し、小物の出し入れをスムーズに。

作ってみよう10

https://folk-media.com/

写真はレクタングル2を上段に。オープンなイメージになり、少し背の高い小物も収納可能になります。

作ってみよう11

https://folk-media.com/

反対に、レクタングル2を下段にすれば、ボックス型のデザインになり、きちんと感が出ます。

作ってみよう12

https://folk-media.com/

上段に収納した小物を埃からガードできますしね。

アレンジバージョン

アレンジバージョン

https://folk-media.com/

お花のツマミは、お洒落に目覚めはじめた未来のレディに。アレンジバージョンはシンプルナチュラルがお好みの大人女子におススメです。

アレンジバージョン3

https://folk-media.com/

今回は幅の狭いレザーテープを使用し、控えめで繊細なイメージに仕上げました。

また幅の広いテープを使用すれば、持ち上げた時のボックスの安定感は更によくなり、デザイン性が高まり存在感も増します。

アレンジバージョン4

https://folk-media.com/

いかがでしたか?塗る、接着!2ステップ!ペイントを乾かす時間を除けば10分!?あっという間に完成です。

心地よい暮らしに可愛いを取り入れよう

クリアなケースで一目瞭然、仕切りがあるとおさまりよくスッキリ。ちょこっとプラスで使いやすく、コンパクトな指定席のできあがり。

雑多になりがちな小物収納におススメな簡単DIYアイデアのご紹介でした。

最後までご覧頂きありがとうございました。皆様の何かのキッカケ、アイデアに繋がれば嬉しいです。


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録