アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【歯科医師監修】赤ちゃんの歯ブラシ人気8選 | 大事な選び方と正しい使い方

目次

赤ちゃんに歯が生えてきたら、そろそろ歯磨きをしなければ……と考えるママ・パパも多いことでしょう。具体的には、歯ブラシはいつから使えばよいのでしょうか。赤ちゃんの歯ブラシの選び方、磨く際のポイントとともに紹介します。

赤ちゃんの歯磨きは「いつから」?

881744404

Getty logo

子供がむし歯になるのを避けたいのなら、なるべく早く歯磨きの習慣づけをしたいですよね。赤ちゃんに歯磨きを始めるタイミングはいつなのでしょうか。

「乳歯が生えたら」、まずは習慣づけからスタート!

生え始めの時期は個人差がありますが、生後6~9ヶ月ごろ、乳歯が生え始めたら、まずは歯磨きの習慣づけを始めてみるとよいでしょう。

ただし、この時期は唾液の分泌が盛んなので、まだ歯ブラシを使わなくても歯に汚れはつきにくいです。離乳食の後に湯冷ましを飲ませたり、指でやさしく口の中をこすったり、ガーゼや綿棒などでぬぐってあげればそれで十分です。喉を突かないように見守りながら、歯ブラシをカミカミさせて、その感触に慣れさせてあげてもよいでしょう。

「上下の前歯が生えそろったら」、歯ブラシ開始

これも個人差はあるものの、だいたい1歳のお誕生日を迎えるころに上下の前歯が生えそろってきます。

口が開いたままでいることが多いと、上の前歯は唾液が届きにくいので、一度ついた汚れが自然に落ちにくい傾向にあります。このころから、赤ちゃんの機嫌の良いときを選んで、歯ブラシで磨く習慣をつけ始めるといいでしょう。

どんな歯ブラシを選んだらいい?基準は?

赤ちゃんの歯磨きをするときは、さすがに大人と同じ歯ブラシを使うわけにはいきません。しかし、ドラッグストアに行くと、さまざまな種類の歯ブラシが売られているので、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。最初はどのような歯ブラシを選べばよいでしょうか。

赤ちゃん用と仕上げ磨き用の2種類を用意する

まず、赤ちゃんの歯磨き用の歯ブラシは「2種類」用意しましょう。

ひとつは「赤ちゃんが自分で持ち、口に入れるもの」です。 赤ちゃんが歯ブラシに興味を持ったら、「柄の部分が口の奥まで入らないようにストッパーがついている」ものや、「柄がやわらかくて曲がりやすくなっている」もの、「柄が短く噛んでもへたらないようブラシ部分がシリコン製」のものなどを与えてみましょう。

なお、その時は赤ちゃんが歯ブラシをくわえたまま動き回らないよう注意しましょう。歯ブラシが喉の奥に入り思わぬ事故につながることもあります。

そしてもうひとつ、「親の仕上げ磨き用」の歯ブラシも用意しましょう。こちらは柄が細長く、ブラシ部分が小さめの歯ブラシです。パッケージに「仕上げ磨き用」と書いてあるものを選ぶとよいでしょう。毛の部分は「赤ちゃんの歯2本分の幅程度」の大きさで、毛先が丸く加工してあるほうが磨きやすく、歯ぐきにもやさしいです。

歯磨き粉(剤)は最初は使っても使わなくてもOK

歯磨きをする際に、歯磨き剤は使った方がよいのでしょうか。歯磨き剤をいつから使うとよいのかについては、さまざまな考え方があります。

「ぶくぶくうがいができる2~3歳ころから」[*1]という意見もあれば、「歯が生えていて、赤ちゃんがいやがらなければOK」[*2]という意見もあります。もし歯磨き剤を使う場合は、月齢に合ったフッ素濃度のものを使うことが大切です。詳しくは下記の記事を参照してください。

赤ちゃんに歯ブラシを使うときのポイントは?

まず歯ブラシは軽く濡らしてから使いましょう。寒い時期に冷たい水だとびっくりしてしまうこともあるので、気を付けましょう。

歯磨きのとき、赤ちゃんはおとなしくしてくれるわけではありません。また、歯磨きが痛いと、嫌がってしまうこともあります。どのようにするとうまく磨けるのでしょうか。

(1)頭をしっかり固定。やさしく磨く

赤ちゃんが突然動くと、歯ブラシで口の中を傷つけてしまうこともあります。安全に磨くためには、歯ブラシを口の中に入れるとき、頭をしっかり固定できる姿勢で行うことが大切です。

歯ブラシはペンと同じような持ち方にし、片方の指で子供の唇や頬を軽くめくります。そして、歯に対して、歯ブラシを直角にあてるようにしてみましょう。

歯ブラシは、前後方向、横方向、または円を描くように動かし、優しい力で磨いてください。力を入れすぎたり、歯茎をこすったりしてしまうと赤ちゃんが痛がります。やみくもにブラシを動かすのではなく、どの部分にブラシが当たっているか確認しながら進めましょう。

(2)むし歯になりやすい上の前歯はとくに念入りに

とくに2歳ごろまでは、上の前歯の歯と歯の間や歯と歯肉の境目がむし歯になりやすいので、ここを念入りに磨きましょう。しかし、磨く時間は1本につき5秒くらいで十分です。

もし、赤ちゃんが嫌がって途中でやめざるを得ない場合は、いつも同じところしか磨かないのを避けるため、毎回順番を決めて磨き、時々逆の順番で磨くと磨き残しを防げます。

(3)痛い部分に歯ブラシを当てない

歯磨きが痛いと嫌がるようになります。赤ちゃんが痛がる場所は、歯茎と「上唇小帯」(じょうしんしょうたい)です。

上唇小帯とは、上唇をめくったところの中心にある縦方向のすじのことをいいます。ここを避けて磨くためには、大人の指でしっかりと上唇をめくり、上唇小帯が見えるようにしたうえで、このすじをさけて一本ずつ磨くとよいでしょう。

まとめ

赤ちゃんが1歳ごろになったら、歯ブラシを使ってみましょう。用意するのは赤ちゃん用と仕上げ磨き用の2本です。歯磨きは、赤ちゃんが嫌がらないようにするのがポイント。力を入れたり、痛い場所をこすったりすると痛がるので歯磨きを嫌がります。丁寧にするよりは素早く行ったほうがよいのですが、磨き残しがないようにときには逆の順番で磨いていくのもおすすめです。そして何より「歯磨きしなくちゃダメ!」と力んだり怒ったりせず、笑顔で接してあげましょう。

この記事の監修ドクター 石塚ひろみ先生 歯科医師、オウル歯科院長(埼玉県草加市)。一般歯科診療のかたわら特別支援学校の校医を務め、障がい児や高齢者の訪問診療も行い、とくに医療的ケア児へのアプローチに力をいれている。予防歯科、アンチエイジングカウンセリングにも熱心で、頭頸部において最大の筋肉である「舌」のスペシャリストとしても知られる。 http://www.owldental.com

(文:今井明子/監修:石塚ひろみ先生)

※画像はイメージです

参考文献 [*1]日本口腔保健協会 子どものお口の健康 https://jfohp.or.jp/okuchikenko_navi/child/index.html [*2]日本小児歯科学会歯磨剤は、いつから使ったら良いですか? http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq03.html#faq_d0302

人気の歯ブラシ8選

最後に、赤ちゃんの歯磨きで人気の歯ブラシを紹介します。

※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

赤ちゃん用

クリニカKid’s ハブラシ

歯磨き中に転倒しても衝撃を和らげるため、柄の部分が曲がりやすいようにできています。

ピジョン乳歯ブラシはじめてセット

赤ちゃんでも握りやすいグリップ形状に、のどを突かない安全プレートがついています。

リッチェル 乳歯ブラシセット

安全プレートやおでかけに便利なケースもついています。

コンビテテオ はじめて歯みがき

生後6か月ごろから使えるSTEP1から、生後12か月ごろから使えるSTEP3まで。STEP1にはのど突き防止プレートがついています。

和光堂 にこピカ ベビー歯ブラシ 自分でみがく用

どの角度からでもみがける360°リング状の歯ブラシ。子供の手でも握りやすいハンドル付きです。

仕上げ磨き用

コンビテテオ はじめて歯みがき 仕上げみがき用

歯医者さんに治療器具に学んだ「15°ななめネック」で磨きやすい仕上げブラシです。

和光堂 にこピカ ベビー歯ブラシ 仕上げみがき用

360°リング状でどの角度からでもみがける歯ブラシです。

ピジョン Pigeon 仕上げ専用歯ブラシ やわらかめ

生え始めから使える、前歯やすき間みがきに適した仕上げ専用の歯ブラシです。

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録