アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

海外のインテリアを取り入れたい♡センスの良い《ウォールシェルフ》の飾り方

目次

海外インテリアを取り入れたい♪

個性的なアイテムやアートを上手くインテリアに取り入れている海外のスタイルは、日本でも人気のスタイルですよね。

今回は海外インテリアから学ぶ、ウォールシェルフのおしゃれなディスプレイアイデアを紹介させていただきます。海外本場のアイデアを参考にしてみてくださいね。

ウォールシェルフのおしゃれな飾り方

アートポスターを飾る

アートポスターを飾る

instagram.com

ミニサイズのウォールシェルフの1番上の段にはアートポスターが飾られています。中段下段はそこまで高さがないため、細々した小物を収納するのに最適です。

小さなマグカップの中にはカトラリー類が収納されており、実用性とおしゃれさを兼ね備えたスペースになっています。

余白を意識して飾る

余白を意識して飾る

instagram.com

ウォールシェルフはぎゅうぎゅうに飾ってしまうと、少しごちゃついて見えてしまいます。

少し余白を意識してディスプレイすることで、1つ1つの小物の良さが際立ちますよ。

アートポスター、洋書、グリーン、オブジェと色々な種類のものを飾られていて素敵な空間となっています。

実用性のあるアイテムを置く

実用性のあるアイテムを置く

instagram.com

キッチンにウォールシェルフを取り付けているのですが、飾り棚として使うのではなく実用的な使い方をすることもできます。

調味料やマグカップなどを置いておけば、さっと出し入れできますね。こだわりのアイテムを飾れば生活感も出ないのでおすすめです。

プレートやナフキンを取り入れる

プレートやナフキンを取り入れる

instagram.com

こちらのウォールシェルフは、大きなお花のプレートやグリーン、ナフキンなどが飾ってある素敵な空間となっています。

ウォールシェルフからナフキンが垂れ下がっているのですが、新鮮なディスプレイアイデアですね。

色を統一して飾る

色を統一して飾る

instagram.com

こちらのウォールシェルフはホワイト×ピンクカラーで統一されたおしゃれな空間となっています。

ピンク色のお花やフラミンゴのオブジェ、ピンクのボトルなどピンク尽くめですが、白の配分が多いので主張しすぎず馴染んでいますね。

色を揃えることで統一感が出るのでおすすめです。

木の色に統一感を持たせる

木の色に統一感を持たせる

instagram.com

ウォールシェルフはアンティーク感のある小物が飾られているのですが木の色を揃えることで統一感が出ますね。

アンティーク感を出すなら、オーク系よりもウォールナット系の濃い色のものを選びましょう。

シャビーシックな雰囲気がインテリアを格上げしてくれます。

植物を飾る

植物を飾る

instagram.com

ブラウン×ブラックのかっこいいウォールシェルフには、たくさんの植物が飾られていますね。

植物を飾る場所としてウォールシェルフを使うと自然をたっぷり感じられる素敵なスペースになります。

ドライフラワーをたくさん取り入れる

ドライフラワーをたくさん取り入れる

instagram.com

こちらのウォールシェルフにはたくさんのドライフラワーが飾られていますが、その飾り方がオリジナリティ溢れていますね。

小さな小瓶に一輪挿し、ドライフラワーのリースや、マグカップにお花を入れたり、棚に枝ものを置いたりされています。

自然を感じられる素敵な空間となっていますね。

遊び心のあるアイテムを取り入れる

遊び心のあるアイテムを取り入れる

instagram.com

こちらのウォールシェルフには、カイボンスンのモンキーや車、地球儀、カメラなど個性豊かなアイテムが並べられていますね。

遊び心のある小物をプラスすることで味のある空間になっています。どんな小物を飾るかで雰囲気ががらりと変わりますね。

あえて生活感の出るものを置かない

あえて生活感の出るものを置かない

instagram.com

キッチンカウンター上のバーにはハサミやほうきなど置かれていますがウォールシェルフの上には生活感のあるアイテムを置かれていません。

オブジェやアートなどを飾り、THEキッチンという印象を与えません。

ウォールシェルフをおしゃれに活用しよう

今回は海外流ウォールシェルフのディスプレイアイデアを紹介させていただきましたが、とても素敵なディスプレイばかりでしたね。

ウォールシェルフは飾り棚として使ったり実用的な使い方もできたり色々な使い方ができます。ぜひウォールシェルフを活用してくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録