アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

豊田市の間伐材を使った“森のタンブラー”が「Toyota Street Market」にて販売

/

目次


10月24日(土)・25日(日)に、愛知県豊田市の県道豊田市停車場で開催される「Toyota Street Market」にて、豊田市の間伐材を原材料にしたご当地オリジナルの「森のタンブラー」が販売される。

“使い捨て”しない飲料容器でごみを削減!

「森のタンブラー」は、アサヒビールとパナソニックが共同で、『“使い捨て”しない飲料容器』として開発したエコカップ。

間伐材などの木材から精製したパルプを主原料とする「高濃度セルロースファイバー成形材料」を使用しているため、廃棄する際に紙製品として分類することができ、プラスチックごみ削減にも期待ができる。

現在、ECサイト「森タン公式ショップ」をはじめ、RELIFE STUDIO FUTAKO(リライフスタジオ フタコ)、ベータ(b8ta)新宿マルイ、パナソニックセンター大阪、ふたこビール醸造所などで販売中だ。

豊田市の間伐材を使用した「森のタンブラー」

今回、そんな「森のタンブラー」が、“環境配慮”や“地産地消”をテーマにしたマーケット「Toyota Street Market」にて、豊田市の間伐材を使用した「豊田の森のタンブラー」として限定販売される。地域の余剰有機物を活用したご当地オリジナルの「森のタンブラー」を発売するのは、今回が初めてのことだという。

「豊田の森のタンブラー」の原材料には、豊田市の間伐材を活用して木工製品を製造する過程で発生した“おがくず”を使用。タンブラーの正面中央には「Toyota Street Market」のロゴを印字している。大きさは<大:490ml>と<小:250ml>の2種類を用意。

買物袋の有料化など、使い捨てプラスチック問題への関心が高まっている今、“使い捨てしない飲料容器”を使用してエコな生活を送ってみては。

米国大使館によるノベルティ配布も


このほか、米国大使館が主催する小中高校生のアメリカ留学や英語学習の促進イベントにて、11月からノベルティとして「森のタンブラー」を配布。米国大使館のロゴと「Education USA」のロゴが表面と裏面それぞれに印字されている。

地球にやさしい「森のタンブラー」の新たな取り組みを、この機会にチェックしてみて。

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録