売上の一部を寄付!マスクをした「あぶらとり紙~はんなりますく~」が登場

更新日:2020年11月13日 / 公開日:2020年11月13日


創業116年の「よーじや」から、『マスクをつけたあぶらとり紙「あぶらとり紙~はんなりますく~」』が登場!11月13日(金)より数量限定で発売され、売上の一部が日本赤十字社に寄付される。

「あぶらとり紙」のロゴマークがマスクを装着

コロナ禍の新しい生活様式としてマスク着用が推奨されるなか、マスクで汗ばむ肌のケアに便利な「あぶらとり紙」。


今回、観光土産としてだけでなく、若い世代の人にも身近に利用してもらいたいという想いから、看板商品である「あぶらとり紙」のロゴマークの女性が外装フィルムによりマスクをしているように見える、遊び心のある商品『マスクをつけたあぶらとり紙「あぶらとり紙~はんなりますく~」』が誕生した。

売上の一部を日本赤十字社に寄付

同商品は、<3冊組>1,177円(税込)のうち30円、<5冊組>1,958円(税込)のうち50円を、日本赤十字社に寄付。寄付されたお金は、医療をはじめとした災害救護活動など、幅広い分野で人道支援活動に活用される。

数量限定にて販売

<3冊組>は20,000部限定・<5冊組>は10,000部限定での販売。

購入は、「よーじや」本店・祇園店・三条店・嵯峨野嵐山店・清水店・清水産寧坂店・金閣寺店・京都駅烏丸中央口コーナー・京都駅八条口コーナー・大丸京都店・羽田空港第一ターミナル店・羽田空港第二ターミナル店、「よーじやカフェ」祇園店・嵯峨野嵐山店にて。なお、通信販売では<5冊組>のみ購入することができる。

また、「よーじや」は、新型コロナウイルス感染対策として、スタッフのマスク着用、アルコール消毒設置などを徹底して営業中。

『マスクをつけたあぶらとり紙「あぶらとり紙~はんなりますく~」』の購入を通して、人とのつながりを感じてみては。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録