ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

梨×紅茶ジュレ!梨の産地・鳥取のプリン専門店に「大人の梨プリン」が新登場

目次


鳥取県のプリン専門店「Totto PURIN(トットプリン)」は、11月から旬を迎える梨の品種「王秋梨」を使用し、自家製の紅茶ジュレと新鮮な梨を合わせた「大人の梨プリン」を新発売する。

地域を活かしたプリンづくりで鳥取愛を育む

今年5月、鳥取砂丘近くにオープンしたプリン専門店「Totto PURIN」。新型コロナウイルスの影響もあり開店が1カ月以上遅れたが、オープン日には150名以上の行列ができ、開店から1時間ほどで売り切れるなど好評を博している。

店舗前の鳥取砂丘は、鳥取で育った人には小さいころから遠足や散歩などで身近な存在。県外からも多くの観光客が訪れ、地元の人と観光の人が接触する重要な地域だ。その地で発信する同店の使命として、「プリンを通じて”鳥取愛”を育む」という想いを一番大切にしているという。

鳥取で暮らす人も、鳥取に観光に来た人も“鳥取が大好きになる”、そんなきっかけになりそうだ。

名産地である鳥取県の梨を使用

同店が大切にしているのは、“鳥取ならではの素材を活かしたプリンづくり”。


今回は、梨の生産地として有名な鳥取県だからこそ味わうことができる「梨プリン」を開発。10年以上梨作りを行っている梨農家から、11月に旬になる「王秋梨」を直接仕入れて使用している。

紅茶のジュレと合わせた大人の味


フルーツとしての梨の良さは、みずみずしさの中にあるほのかな甘みとシャキシャキとした食感。その良さを活かすために同店の梨プリンは、当日の朝にカットしたばかりの新鮮な梨を使っているので、素材の食感を楽しめる。


また、ほのかな甘さを際立たせるために、あえて味の対比となる紅茶のジュレを作り、その中にカットした新鮮な梨を投入。紅茶ジュレで苦みを少し感じたあとにふっと来る梨の甘さと食感を味わえる、紅茶の苦みを活かした“大人なプリン”であることから、同商品は「大人の梨プリン」と名付けられた。なお、旬な状態の梨を味わってほしいとの想いから、現在通販での取り扱いはない。

鳥取砂丘に行った際には、「Totto PURIN」に立ち寄って新鮮な特産品の味を楽しんでみては。

■「Totto PURIN」
住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164-657 サンコスモス103


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録