アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

青みピンクだけじゃない!40代が「ボディコンおばさん」化する口紅3色

目次

口紅は、40代の肌に血色が足りないとき、瞬時に華やかにしてくれる時短美容の救世主。ここ最近はずっとナチュラルメイクが人気なので、口紅も薄づきを意識してきた方は、多いのではないでしょうか。

ところで「40代のナチュラルメイク」の落とし穴のひとつに、“薄づきでも痛いオバサンに見える色”があります。

「薄ければいいってお話じゃないのはわかっているけれど、私の色は大丈夫かしら?」とドキッな40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、私が今「薄づきでもご法度!」に認定したい、40代が「痛いオバサン」に見えやすい口紅の色をお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

1:鮮やかかつ華やかなローズ

 

エレガントの代表格カラーでもある「ローズ」は、レッドよりもやや落ち着いていることから、40代女性が手に取りやすい色です。

しかし鮮やかな発色のローズは、“くすみ”が出始めている肌に合わせると、悪い意味で目立ちすぎてしまうこともあり、少し気をつけたほうがいいものも。特に、秋冬などの寒い時期には、つい濃いめな色みを口元にさしたくなりますが、鮮やかすぎると「冬」というより「夏」のようなイメージにもなり、痛めな雰囲気にもなりがちです。

同じローズなら、深みのあるローズのほうが、40代の顔を上品かつ知的に見せてくれる色だと思います。

2:ブラウンが入っているレッド

 

 

まだまだポピュラーでもある“鮮やかなレッド”には抵抗がある女性ほど、秋冬に手に取りたくなる“ブラウン味のあるレッド”は、色としてはとてもかわいいのですが、やはりこちらも40代の顔には、やや暗い印象を与えがちな色です。

アイシャドウやチークなどの他のポイントメイクとの相性もありますが、“定番のブラウン系アイシャドウ×ブラウンが入っているレッド”を合わせてしまうと、薄づきであればなおのこと、多くの40代女性の顔は沈んでしまうように感じています。

どうしても“ブラウンが入ったレッド”が気分の日には、グロスでツヤ感をプラスするなどして光を味方にしたほうが、暗いムードを払拭しやすいです。

3:シャインなベージュが入った口紅

 

ピンクでもレッドでもローズでも、少し“華やぎ”を足したいと思うと、シャインな質感の口紅を選びたくなります。

しかしシャイン系ベージュがもつ独特の仕上がりは、薄づきでも人工的な雰囲気の“ぬめり感”やが出やすく、40代の大人な口元には“いやらしさ”から痛々しく見えやすい傾向にあります。

くすみが気になってくると、同じ色みでもより明るい質感の口紅をセレクトしたくなりますが、どんな色に混ざっていたとしても、シャインなベージュは意外と難しい色であることを忘れるわけにはいきません。

 

似合う口紅は、肌の色やメイクのテイストによっても異なるのは言うまでもないお話ですが、40代の日本人女性に“似合いにくい色”があるのも確か。最近の口紅は非常に発色がよく、薄づきでもしっかり主張してくれる製品が多いため「痛いオバサン」を回避するには、色選びから慎重にしたいところです。

口紅の発色は見た目と唇にのせたときでも異なりますから、同じような色みでも自分に似合うテイストのスタメンリップと出会うのが、オバサン回避には欠かせないポイントのひとつだと思ってやみません。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録