アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

汚れたな~と思ったら!!簡単!!窓掃除

目次

窓掃除というと、「年末やればいい」と思いがちですが、汚れたな~と思ったときにお掃除すると、年末の大変さも軽減されます。

雨が降り、風が吹き、ほこりがつくと、やっぱり汚れてしまう窓。

 

お掃除で使うものは、少なくていいのです。


霧吹き、ワイパー、ぞうきん。これだけです。

 

掃除は、ためずに、気づいた時にすると、簡単掃除ですみます!!


汚れがひどいときは、洗剤も使うといいと思いますが、洗剤を使うと仕上がった際に、シマシマになってしまったりと結構難しいのです。

だから、汚れがこびりつかないうちに、ささっと、簡単にお掃除することをお勧めします。


こちらは、外側から見た窓の汚れです。ほこりで、汚れています。

 

まずは、汚れをぞうきんでふき取ります。


 

ふき取り後は、こんな感じに、ぞうきんで拭いた跡が残っています。


ぞうきんも、かなり汚れました。

 


そして、霧吹きで、窓ガラスを濡らします。

 


その後、ワイパーで左から右へと、水を切っていきます


窓の一番端まで来たら、縦にワイパーを滑らせて

 


下方へスルスルっと移動します。

 


次は、反対側へ向かって、ワイパーを移動していきます。

 


水がきれいに切れていきます。


反対側へ到着したら、再度、下方へワイパーを滑らせて、さらに、反対方向へとワイパーを滑らせます。これを繰り返します。

 

ワイパー掃除をきれいにするためのポイント


ワイパーをすべらせる際のポイントは、ワイパーに水がついた状態が続くと、窓ガラスについている水がうまく切れない場合があるので、水切れが悪くなったら、ぞうきんで、ワイパーの水切り部分の水分をぞうきんでふき取ります。

 


すべて水を切り終わったら、忘れがちなサッシも掃除します。こちらも、ぞうきんでふき取るだけで、十分、きれいになります!


ぴかぴかになりました。

 


ワイパーでお掃除した窓もきれいになりました。シマシマもなしです!!


室内から覗いた汚れていた窓ガラス

 


こんなにきれいになりました。

スッキリです。

 

ためずに、気が付いたときにさっとできる簡単な窓掃除。

 

お掃除を始める際は、面倒に感じるかもしれませんが、やり始めると、あっという間にきれいになり、お掃除が楽しくなります。ぜひ、試してみてください。

使うものは、水、ワイパーとぞうきんだけ。簡単です。

 

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録