アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

言われてみれば…「本性が軽いウワキ男」を見抜くLINEの特徴

目次

「この歳でお付き合いするなら、軽い男だけは絶対に避けたい」と、密かに誓っていらっしゃる40代女性は多いのではないでしょうか。

婚活を視野に入れているならなおのこと、誠実で信頼できる男性との絆を育みたいと考えるのが自然でもあります。ところが巷には、一見すると誠実そうに見えて、根が軽薄な大人の男性もたくさんいるから少々厄介です。

そこで今回は、どんなに外見が誠実そうでも本性は軽い男が、出会ったばかりの初期段階で送りがちなLINEの特徴に迫ります。

1:いい歳をしてやたらにスタンプバリエーションがある

 

LINEで会話をするたびに、やたら多種多様なスタンプを送りつけてくる大人の男性には、一見誠実そうでもチャラチャラした男性が多めです。

大人世代の男性ですとLINEを連絡事項を伝えるツールとしてサラッと使っている人も少なくないなか、女性が好きそうなスタンプをたくさん買い揃えて、いつも会話に適した図をバリエーション豊富に送りつけてくるというのは、それだけ多くの女性と日頃からコミュニケーションをとりまくっている生活も推測できます。

ちょっと下品なお話で恐縮ですが、有料スタンプには基本的に出費がつきものなので「費用対効果」を考える男性ほど、送り先が多くなければそこまでのスタンプは揃えないのも心理と言えるのです。

2:面白くもおかしくもない話題で「笑」や「w」を使いたがる

 

「今週、食事でもどう?笑」「今日は、どんな日だった?www」という具合に、「笑」「(笑)」「w」の文字をやけに多用するタイプの男性も、裏でチャラチャラしているタイプが少なくありません。

「笑」をつけると、会話がまろやかになるような気がしたり怒られたときにも冗談で済ませられるとでも考えていたりするのか、まるで“笑顔の絵文字”かのように「www」などと多用する彼らは、小心者だけれど女性へのLINEには慣れているからこそ平然と乱発するのです。

女性に慣れていないタイプや誠実な性格の男性ほど、女性を小馬鹿にしているような「笑」「w」の用法は避けたがります。面白くもおかしくもない話題で「笑」を付けてくるタイプには「俺って、面白い男でしょ?」「イケてるでしょ?」的な強い自意識の持ち主も少なくなく、結果的に面倒な男性も多い気がします。

3:女性が「可愛い」と思う顔文字をたくさん送ってくる

 

40代女性の恋のお相手ともなれば、落ち着いた大人の魅力がウリになる世代の男性も多いはず。それなのに、中高生の女の子が使うような可愛い顔文字を多用してくるタイプの男も、裏でかなり女性慣れしている雰囲気が否めません。

女性から見て「可愛い」「素敵」と思えるセンスの顔文字が送られてくるのは「これを送れば、女性は喜ぶだろう」という男の魂胆が見え隠れする行為でもありますが、他方では誠実な大人の男性ほど、真剣に関係を育もうとしている女性に砕けた顔文字などやすやすと送れないのも傾向です。

スマホに内蔵されているわけでもない随分と凝ったJK風顔文字をバシバシ送ってくるとなれば、ラインスタンプ同様にその顔文字を仕込む手間をかけているわけで、お金は使っていないにしてもそこに多大なる時間を費やしているのを忘れるわけにはいきません。

送られてきている顔文字が、女性目線からだと何がどう可愛いのかわからないような微妙なセンスのものばかりだったり内臓絵文字ばかりだった場合には、単にがんばりすぎてスベってしまっている“いい人”の可能性も高いのですが、女性が「いいな」と思う特殊な顔文字が多い場合には、やはり女慣れしている軽い男のニオイが強くなります。

本性が軽い男には、表面を誠実そうに装っても、LINEにちょっとした“癖”が出てしまう人も珍しくありません。「この人のLINE、ちょっとイメージと違うかも?」と違和感を抱く場合には、そこに本来の姿が隠れている可能性もあります。

 

「軽い男は、なんとしても避けたい」と思っていらっしゃるみなさまはぜひ、深い仲になる前の彼らがどんなLINEを送ってくるのかを、じっと観察していただければ幸いです。

 

40代の恋愛

並木まき


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録