ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【究極グルメ】吉野家の牛丼は「特盛ごはん半分ツユダク」が最強だけど異論は認める / 生卵投入でもっと最強

目次

吉野家の牛丼。店で食べても美味しいが、テイクアウトも美味しい。というか、最近はテイクアウトばかりしているという人もいるのではないだろうか。そんな人に、吉野家の牛丼を究極的に美味しく食べる方法を伝授したいと思う。

・あたまの特盛より「特盛ごはん半分」が良い

いままでいくつもの究極系を求め、公開してきたが、結論として「特盛ごはん半分ツユダク」が最高に美味しい(2021年1月現在)。「ならばあたまの特盛を注文すればよいのではないか」という声が出てくると思うが、あたまの特盛より「特盛ごはん半分」のほうがごはんの量が少ないため、ベストバランスとなる。

・牛肉の旨味を薄れさせないごはん量

大量の牛肉とタマネギを少量のごはんでいただく。旨味が凝縮された牛肉には、少量のご飯こそがベストな量なのである。そう、牛肉の旨味を薄れさせることなく、ごはんの甘味と旨味を付加することが可能なのだ。

・生卵は牛肉もご飯もコーティング

ちょっと贅沢したいならば、そこに生卵を足してもいいだろう。生卵は牛肉もご飯もコーティングして塩分をまろやかにするため、おだやかな美味さを飽きずに食べ続けることが可能なのだ。

・異論は認める

もちろん牛丼の食べ方に正解も間違いもないが、「特盛ごはん半分ツユダク+生卵」がもっとも多くの人たちがおいしいと感じるオーダーだと信じて疑わない。ただし、異論は認める。もっと美味しい食べ方があれば教えていただきたい。

もっと詳しく読む: 【究極グルメ】吉野家の牛丼は「特盛ごはん半分ツユダク」が最強だけど異論は認める / 生卵投入でもっと最強(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/01/08/yoshinoya-gyudon-umai/


/

この記事の著者

東京メインディッシュ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録