アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【本当にあったママ友地獄】ウワサ、無視、陰口、不倫、金銭トラブル……ママ友トラブルのリアルに迫る!

目次

保育園や幼稚園、小学校、PTAに習いごと……子どもを通じた人間関係が広がっていくと同時に、「ママ友」との付き合いが必要になることも増えていきます。なかには、信じられない非常識な事態に巻きこまれることも! ママたちへのアンケートを通して、ママ友トラブルの実態を探ります。

ママ友が怖い!? ウワサ、陰口、無視、いじめ……

ママ友グループの情報網は強力! でも、ウソか本当かわからないウワサや陰口も耳に入ってくるのは困りもの……。ときには「ママ友地獄」としかいいようのないドロドロのトラブルに発展することも!

保育園や幼稚園、小学校、習いごとなど、子どもを通じた人間関係が広がっていくにつれて、ママ同士、親同士のお付き合いも避けては通れないものになっていきます。

けれど、なかにはお付き合いを遠慮したいママがいるのも確か……。

子どもをもつママ約300人へのアンケートをもとに、リアルなママ友トラブル事情を探ります。

そもそも「ママ友」とは? ママ友トラブルはよくあるの?

「ママ友」とは、一般には、子をもつママ同士が友人になったもの。

ただし、本来は「友人」というほどの信頼関係はないのに、子ども同士での関係を守るため、「友人」としてふるまわなければならない場合でも、「ママ友」ということがあります。

「ママ友」同士で何かあったら、子どもが虐められたり立場をなくしたりするかも……そう不安に思って、本当は付き合いたくない「ママ友」と付き合い続けているケースも多いのが実態です。

そうした背景が、ときに「地獄」と呼ばれる過激なママ友トラブルに結びついています。アンケート結果から、実態をみてみましょう。

約半数のママが、ママ友トラブルを体験・目撃!

Q. 「ママ友」と、あるいは子どものママ同士とでトラブルになったことはありますか?

   4

Q.ほかのママ同士のトラブルを見かけたり、聞いたことはありますか?

   5

ほかのママ同士のトラブルを見かけたり、聞いたりしたことがあるママは56%、自ら体験したことがあるママは44%という結果でした。

ママ友地獄の実態は? 本当にあったママ友トラブル!

具体的に、どんなママ友トラブルがあったのでしょうか?

ママ友トラブルの体験がある、見たり聞いたりしたことがあると回答したママに、具体的な内容を聞いてみました。

子ども同士のトラブルにママが口出し……

子ども同士が遊んでいて、片方の子が怪我をして、責任のなすりつけ合いに…… (33歳、埼玉県、会社員・公務員・団体職(販売、サービス))

他愛のない子どものケンカがママ同士のケンカになって、しまいには派閥争いに発展。とにかく迷惑だった! (40歳、青森県、会社員・公務員・団体職員(サービス))

子どもたちがかなり悪いいたずらをして、学校に謝りにいこうと提案したが、上の子の受験に関わるので黙っていてほしいと懇願された。

後日、学校から呼び出し。校長室に入るとそこにはそのママ友が。校長先生が「○○さんから全部聞きましたよ。なぜあなたは……」と言い出し、全部うちの子のせいにされていて、憤慨! (49歳、埼玉県、会社員・公務員・団体職員(流通・チェーンストア))

ママ同士のトラブルで子どもたちに悲劇が

親子ともども仲良しで、習いごとやお出かけはいつも一緒のAちゃんママとBちゃんママ。ところが、Aちゃんママが、影でBちゃんママへの不満を愚痴っていたのが、Bちゃんママの耳に入り、大激怒。それ以来、子どもたちは一緒遊びたいのに、遊ばせないようになってしまった。

一緒に私立小学校を受験させようと同じ塾まで通っていたのに、結局、私立と公立の小学校とで離ればなれに。子どもたちがかわいそう。 (45歳、岡山県、専業主婦)

突然の一方的な無視や仲間外れ!

親しくしていたママ友が、ある日突然、なぜか、口もきいてくれなくなった (40歳、静岡県、専業主婦)

ママ友グループによる大人の仲間外れがあって怖かった (50歳、奈良県、その他)

LINEやSNS発のトラブルも多発!

SNS(インスタやツイッター)上でママ友の悪口や誹謗中傷があって、犯人捜しでギスギスした間柄に。LINEグループから退出者が続出! (41歳、東京都、会社員・公務員・団体職員(食品))

気付いたら、ママ友LINEグループを外されていて、悲しかった…… (50歳、奈良県、その他)

いつの間にか広まっている!? ウワサや陰口

ママ友に家庭内のことを少し話したら、誇張され、尾ひれがついたウワサが広がっていた (49歳、大阪府、会社員・公務員・団体職員(専門商社))

ママ友に話した旦那との私生活を周囲にバラされた (31歳、愛知県、専業主婦)

信じてたのに……! お金や大切なものの貸し借り

皆に数千円ずつ借りておいて、「返して欲しい」と言うと、あれこれ文句つけては返さないママがいて金銭トラブルに。そのうち皆が言わなくなるのを待っていたかのようで、イヤだった (50歳、青森県、会社員・公務員・団体職員)

作家のサイン入りの読み聞かせ絵本を貸したら、催促しても返してもらえなかった。結局、そのママが引っ越してしばらくしてから、ちがう絵本を渡されて、「これで勘弁して」との手紙が添えられていた。あと味が悪かった (49歳、沖縄県、専業主婦)

不倫、浮気、恋愛関係のウワサはドロドロ……

Aさんのママ友が、Aさんの旦那と浮気してた (46歳、東京都、専業主婦)

「AちゃんママとBちゃんパパが浮気してるらしい!」と、ウワサを流していたCちゃんママが、実は、Aちゃんパパと不倫していたらしい。怖いし、Bちゃんパパがとばっちりすぎる (41歳、神奈川県、会社員・公務員・団体職員(その他))

トラブルをでっちあげるお騒がせママ!

自分の子がいじめられたと、保育園で泣きながら先生に訴えたママ。はたから見ていていじめはなかったし、 ただ相手の子のママが嫌いで困らせたかっただけに見えた (39歳、京都府、会社員・公務員・団体職員(海運・鉄道・空輸・陸運))

子どもたちが何人か遊んでいるときに一人が泣き出したら、その子のママが猛ダッシュ。「○○くんに何かされたの?!たたかれたの?!○○くん、○ちゃんはデリケートな子なんだから…」などとまくしたて、ほかの子も泣いてしまった(当然です)。

後で、泣き出した子は帰りたかっただけとわかり、「な~んだ!」と謝りもせずに帰っていった。ほかのママたちは完全に引いていた (43歳、山形県、専業主婦)

図々しい、ケチなママは嫌われる

子どもの習いごとの送り迎えで、仲のいい子を車で乗せていってあげたら、「うちの子は乗せて行ってくれなかった」と言われた。そんなことを言われても、仲がよくないのに乗せられないし、困った…… (34歳、静岡県、専業主婦)

ママ友の一人が自分の好きなアイドルグループのチケットを取る協力を皆に要請してきて、断りきれず、チケット取りに利用された。そこからだんだんと疎遠になってしまって、残念 (44歳、群馬県、会社員・公務員・団体職員(教育))

ランチ会のときの手土産で、一人のママのお金のケチさが出てしまっていて……それに不満を持った主催者の方の意向で、次からそのママは呼ばないということに (45歳、東京都、会社員・公務員・団体職員(通信関連))

役員、当番など仕事の押し付け合いの果てに……

保護者会役員を決めるとき、女性間の妬みヒガミもあって話がごちゃごちゃに。AちゃんママたちにマウントをとられるようになったBちゃんママは、結局、その後、Aちゃんママたちと縁を切っていた。それでよかったと思う (45歳、新潟県、会社員・公務員・団体職員(官公庁))

小学校の卒業を祝うためのPTAの協力隊のようなものがあり、子どもたちの小さいころの写真を集めスライドショーを作ることに。 結局作業するのは1人のママだけで、頑張ってくれてみんな感謝していたのだけれど、作業してくれたそのママが最後にデータの共有化を拒否し、独り占めしたので、大モメに。 (49歳、東京都、フリーター(アルバイト))

ママ友地獄を回避するには? 付き合い方の7つのポイント

子どもが絡むだけに、トラブルに巻きこまれても、さっと逃げられるとは限らないのがママ友地獄。ママ友と、なるべく揉めないように付き合うには、どうしたらいいのでしょうか?

アンケート結果をもとに、ポイントをまとめてみました。

ポイント1 ママ友同士の距離感を大切に

いきなり家に押しかけたり、根ほり葉ほり相手のことを聞こうとしたり……。ママ友との距離を急に縮める行為は、「図々しい」という印象を相手に与えるなど、トラブルのモト。気づいたら、「あの人すごいおしゃべりだから気を付けて」とウワサされていた、なんてことも!

同じ年ごろの子どものがいるママ同士といっても、背景や価値観はさまざま。意見が合わないことも当然あると考えて。関係を深めるにしても、慎重に相手の様子をみきわめながらにしましょう。

ポイント2自分のことを話しすぎない

子どものこと、夫のことなど、同じママ同士で話したい気持ちはわかりますが、話しすぎる前にちょっとストップ。その話、ほかの人に聞かれても大丈夫ですか?

「ここだけの話ね」と前置きしても、一度口から出した言葉は取り消せません。ウワサとして広がっても大丈夫と思えないなら、口には出さないで。秘密の話は、本当に信頼できる相手だけとしましょう。

ポイント3ウワサをうかつに信じない、広めない

ママ友同士の会話から、ほかのママや家庭の様子が耳に入ることは多いもの。

でも、その話、ほかでは話さないほうが無難です。本当かどうかわかりませんし、本当だったとしても、ウワサされている本人は、広められて不快な思いをしているかもしれません。

ポイント4ママ友グループ付き合いはほどほどに……

とくに人付き合いが苦手な自覚がある人は、グループ付き合いは極力避けて、一対一のママ友関係を大事にしたほうが、トラブルは避けられます。

複数の人間が集まると、なかなか全員が全員と仲良しとはいきません。派閥争いになったり、仲間外れが起きたり……ママ友グループでのお付き合いをうまくこなすのは、一対一の人付き合いより難易度が高いんです。

役員やPTAなど、どうしてもグループに参加しなくてはならない場合以外、集団とは距離をとるというのも、ひとつの処世術です。

ポイント5お金や大事なものの貸し借りをしない

お金がママ友トラブルのもとになっているケースは、とても多いです。ケチでお金を払わないママが嫌われるのはもちろんですが、お金を気前よく払ったら払ったで「マウンティングだ」と言われたり、「お返しがプレッシャーで……」と思わせたり。

奢り、奢られはママ友同士では避けたいですね。お金を貸したり借りたりするのも、基本的には避けましょう。

大事なものを貸したり借りたりするのも、同じようにトラブルのモトだと考えて。

ポイント6子どもたちの関係とママ同士の関係を切り分けて

子ども同士のトラブルがきっかけで、ママ友同士のトラブルにつながることは本当に多いです。とくに、ささいな子ども同士のトラブルにすぐに口をはさみたがるママ、大騒ぎにするママは、嫌われがち。園や学校に報告などしようものなら、あっという間に「モンペ(モンスターペアレント)」などとウワサが立ちます。

程度にもよりますが、子ども同士のトラブルは、少し離れて見守る姿勢を大切に。もちろん、ママ同士のトラブルが原因で、仲のよい子どもたちを引き離すなんてことが、あってはなりません。

ポイント7 「期間限定」と割りきって付き合うのもアリ

ママ友付き合いが盛んなのは、一般に、小学校低学年まで。それ以降は、子どもの進路や家庭の教育方針などのちがいから、自然と疎遠になっていくことも少なくありません。

どうしても気が合わないけれど、子どものため、周囲との兼ね合いで、付き合いを続けなければいけないママもいるかもしれません。その場合は、一時的な関係と割りきって、深入りせずに表面上のお付き合いをこなす、というのも手です。

もちろん、本当に気が合う友人が見つかって、お互いハッピーなママ友関係を長く続けられるなら、それに越したことはありません。

まとめ

ママ友トラブルの実例と、回避法を見てきました。

ネガティブなイメージをもつ人も多い「ママ友」ですが、なかには一生ものの親友が見つかったという人、ママ友のおかげで子育てのつらい時期を乗り越えられたという人もいました。

また、とくに子どもが小さいうちは、ママ友仲間から入った情報に助けられたという声も多くありました。

子どもがからむ関係だからこそ、トラブルを起こしたくない!と構えるママも多いのが「ママ友」。必要以上に怖がることなく、基本的な人間関係のマナーを抑えつつ、無理せず付き合えるママ友関係を、上手にセレクトしていきたいですね。

◆アンケート情報 調査時期:2020年12月21日-22日 調査対象:マイナビニュース会員、子どものいる女性 調査数:274名 調査方法:インターネットログイン式アンケート

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

(漫画:ニタヨメ/文・構成:マイナビウーマン子育て編集部)


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録