アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「老け顔オバサン」が朝メイクで忘れがちな3大NGポイント

目次

時短メイクを意識すると、“手早さ”ばかりに意識が向きがち。

しかし年齢を重ねた顔と若い頃の顔では、カバーすべき箇所や手をかけるべき箇所が異なってくる傾向もあるので、“時短”をキーワードにメイクをしていても、その手法は常にアップデートする必要があります。

「時短でも、老け見えだけは絶対に回避したい」とお考えの40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「老け顔オバサン」が、時短メイクで忘れがちなポイントについてお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:ファンデーションを均一に塗ってしまい「肌の凹凸・メリハリがない」

 

「時短メイク」を心がけている方にお話を伺うと「顔全体に、均一にファンデーションを塗っている」というお声が多い傾向にあります。

しかし均一塗りは、時短メイクによる老け見えがもっとも生じやすい原因のひとつ。

40代ともなってくると、小さなシミやシワなどのカバーすべき箇所が増えてくる女性も多い実態に加え、これまでに浴びた紫外線の影響などもあって全体に色ムラが生じている人も珍しくないので、それぞれのパーツに合わせたベースメイクを心がけるほうが、ダンゼン若見え肌を狙えます。

シミにはコンシーラーの部分使い、色ムラは強弱を意識してファンデーションを塗り込むなどの心がけだけでも、“時短老け見え肌”は回避しやすくなりますので、ぜひ!

 

2:パウダーをブラシで塗るだけで「チークが浮いている」

 

40代のスッピン肌には、若い頃と比べて血色感が失われつつあるお悩みもありがちです。

デイリーメイクではこのあたりを踏まえつつ、仕上げにチークを仕込んでいる女性は多いはずですが、パウダーチークをブラシでサッと塗るだけの時短メイク手法だと、チークの粉っぽさが際立ち、浮いているような悪目立ち感が出てしまっている場合も。チークはナチュラルに仕込んでこそ“若見え”が狙えるので、浮いているように見えると、“若作り感”や雑な印象を与えるキッカケにもなりかねません。

乾燥しやすい肌の女性ほど、時短メイクでは、“クリームチーク”の活用がベター。昨今は、ほんのりと血色が加わったような自然なチークのトレンドが続いているので、ファンデーションを塗った後に軽くクリームチークを仕込み、その上からパウダーをのせて挟んでいくようにすると、自然な発色を得やすく落ちにくいメリットも。

 

3:所要時間を減らすためにサッと仕上げすぎている「貧相なまつ毛」

 

時短メイクを意識すると、目元にはそこまで手をかけずにアイシャドウやアイライン、マスカラをサッと使って完了してしまう女性も少なくありません。

ところが40代になると、ただでさえ若い頃よりインパクトが弱まっている場合も多いので、目元の印象が弱すぎてしまうと全体的にぼんやりとした仕上がりに見えやすく、老け見えを招く要因に。

特に“まつ毛”の印象が弱いと、それだけでのっぺりとした見栄えになりやすく、おばさんっぽい印象も加速します。

若見えを狙うなら、時短でもマスカラは手を抜けないポイントのひとつ。ボリュームよりも“長さ”が重要なので、一度塗りで仕上げるなら長さの出るマスカラ選びがマスト、使っているマスカラが2度塗りを推奨しているタイプなら時短でもその手間は惜しまないなどのひと手間で、老け見えを回避して。

 

時短メイクは「手早く済ませる」にフォーカスしがちではありますが、時短しても時短でメイクしているように見せない仕上がりを求めるのが、老け見えを回避する最大のカギ!

“オバ見え回避”を目指すときには、実際には5分で終えたメイクでも、15分で終えたメイクと同じような見栄えを狙ってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録