ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【ワーママの理想と現実】子どもが産まれて仕事はどう変わる? 年収、働き方、タイムスケジュール、仕事への満足度…

目次

ワーママのキラキラライフ☆なんて雑誌に出てくるようにはいかないのが、ワーママの現実。とにかく時間がない、家事がまわらない、仕事も思うようにできなくて……本当のところ、ワーママたちは仕事をどう思っているの? ワーママ約100人へのアンケートをもとに、ワーママの働き方、収入、タイムスケジュールや仕事への満足度を聞きました!

ワーママとは? その理想と現実! キラキラには程遠い、毎日……

働くキラキラママにあこがれていたけれど、実際はそんなにうまくいっているケースは珍しい、バタバタと忙しくて毎日必死な、ワーママの現実……。

女性が子どもを産んでからも働くことが増え、「ワーママ」という言葉からも、珍しいというニュアンスはなくなりつつあります。

ママが働きやすい環境整備が進んでいる一方で、まだまだ働きにくいところ、理解が薄いところも……同じ「ワーママ」でも、状況にはかなり差が出てきているのが今の現実。

その実態を、ワーママ約100人へのアンケートから探りました。

ワーママとは?

「ワーママ」とは、「ワーキングママ(ワーキングマザー)」の略。文字どおり、子育てしながら働いている女性を指しています。

子どもの数やフルタイム・パートといった勤務形態、年収や待遇にかかわらず、子育てをしながら働いていれば、「ワーママ」に当てはまります。

「ワーママ」はあっても「ワーパパ」という言葉はない?

「ワーキングパパ」という言葉はないことからもわかるように、「ワーママ」は、もとは、子育てしながら働く女性がまだ珍しかったころに、言われはじめた言葉です。

その後、「ワーママ」=子育てしながら働く女性は増えましたが、まだまだ環境整備は道半ば、といった職場もあるのが現実。そのため、「ワーママ歓迎! 子育てしながら働きやすい職場です」「ワーママも多数活躍しています」など、ワーママにとっての働きやすさをうたう職場があり、そうした職場に子育て中の女性が集中する……ということも起きています。

いずれ、男女の性別にも、出産経験の有無にもかかわらず、当たり前に働けるようになれば、「ワーママ」という言葉も使われなくなっていくかもしれませんね。

小学校高学年までの子どものいるワーママ約100人にアンケート!

「ワーママ」の実態を調査するため、今回は

・12歳(およそ小学生高学年)までの子どもがいる ・働いている(産休・育休中を含む)

という条件に当てはまる女性105名へ、アンケートを実施。年収、勤務形態、毎日のタイムスケジュールなどを質問してみました。

105名のうち、現在働いているのは91名、産休・育休中の人は14名です。

ワーママの働き方と年収は? 子どもができて、どう変わった?

ワーママたちがどのような働き方をしているのか、勤務形態や年収、そしてそれらが、子どもを産むことでどう変わったかを聞いてみましょう。

フルタイム? それとも時短・パート?

☆現在のあなたの働き方(勤務形態)について教えてください※産休・育休中の場合は休暇明けからどのように働くかでお答えください

フルタイムで働くママと、時短・パートタイムで働くママが、ほぼ半々という結果になりました。

かつては、子どもができたら退社、あるいはパートタイムにするのが当然だった時代もありました。現在では、妊娠、出産を理由に女性に不利益な待遇を強いる、いわゆる「マタハラ」が違法になり、産後の女性がフルタイムで働く体制も少しずつ整ってきているといえそうです。

ワーママの年収は高低二極化?

あなた自身の年収を教えてください ※世帯年収ではありません

    2

ワーママに自身の年収を聞いてみると、100万円以下にピークの1つめ、200万円代にピークの2つめがくる一方で、500万円代にも小さなピークがあります。

ワーママのなかでも、年収が高低二極化しているようです。

年収の格差は、フルタイムワーママのなかで起きている!?

年収が二極化しているといっても、たくさん働きたい人がたくさん稼げていて、余裕をもって働きたい人はその分収入も抑えられている、ということなら、個人の選択の結果といえそうです。

しかし、勤務形態と年収を掛け合わせてみてみると、必ずしも、年収と勤務形態が連動しているとはいえないようです。

    3

フルタイムワーママと、時短・パートタイムワーママのそれぞれの年収をグラフにしたのが上の図です。(自営業ワーママの回答者数は今回は1名だったので、省きました)

時短・パートタイムワーママの75%が年収150万円以下。

これは、扶養家族となる条件に「年収130万円以下(60歳未満の場合)」があるため、この範囲に抑える選択をしているワーママが多いのだろうと考えることができます。

一方で、フルタイムワーママの年収は、200万円代から600万円代にかけて、かなり分散しています。

国税庁によれば、2020年(平成30年)の給与所得者の年間の平均給与は441万円。このうち、男性は545万円、女性は293万円[*1]。

フルタイムで働いていても、年収200万円代でとどまる人から、男性の平均以上に稼ぐ人まで、仕事によってかなり差があることがわかります。

ワーママの働き方、どう変わる? 出産Befor/After !

子どもができる前とできた後で、働き方がどう変わったかを尋ねてみました。

産後しばらくはフルタイムは厳しい!

時短・パートタイムワーママの多くからは、「フルタイムワークは厳しくなった」という声が。元はフルタイムで働いていた人でも、出産を機に働き方を見直す人は多いようです。

社員で働いていたが、出産後は、パートで9時4時しか無理 (43歳、愛知県、時短・パート、年収101~150万円)

以前はフルタイムだったが、子供が生まれてからは時短。いつフルタイムに戻すか悩んでいる (31歳、東京都、時短・パート、年収401~500万円)

子どもがいると、フルタイムだと難しい。自分自身の体力がもたないから (33歳、埼玉県、時短・パート、年収100万円以下)

子どもが産まれて、正社員から、パートになりました (41歳、埼玉県、時短・パート、年収101~150万円)

フルタイムワーママも残業、休日出勤はできない!

一方、フルタイムワーママからは、「残業ができない」という声が非常に多かったです。当たり前のように残業していた人が定時退社に切り替えると、家庭での暮らし方もかなり変わってくるようです。

残業をほとんどしなくなりました(できなくなりました……の方が正確かも) (38歳、青森県、フルタイム、年収401~500万円)

子どもができる前はガンガン残業もして、夜は夫婦で外食することが多かったが、子どもができてからは、極力残業せず、残務は自宅に持ち帰って子供が寝てからする。夕食も基本的に分担で、自炊して家で食べている (41歳、東京都、フルタイム、年収401~500万円)

夫婦どちらもフルタイムだが、子どもができたあとは、保育園の迎え時間のため、ほとんど超勤をしなくなった (35歳、静岡県、フルタイム、年収401~500万円)

「残業は当たり前」だったころが信じられないほど定時退社に (30歳、東京都、フルタイム、年収501~600万円)

美容師です。昔は仕事の後で練習や講習会などできたが、今は時間通りに仕事だけに専念。家庭と仕事の両立が難しいなって思います (33歳、愛知県、時短・パート、年収101~150万円)

保育園のお迎えの時間とかがあるので、残業できない。その分、時間配分に気を付けたり、隙間時間を有効に使わないといけない (37歳、愛知県、フルタイム、年収501~600万円)

早出、残業ができなくなった (45歳、滋賀県、フルタイム、年収301~400万円)

仕事を変えざるを得なかった例も

残念なことに、出産を機に、それまでの仕事から外された、辞めざるを得なくなったという声もありました。

主要なプロジェクトメンバーから外れた (39歳、愛知県、フルタイム、年収401~500万円)

雇ってくれる会社が減ったので、やりたい仕事に就きにくくなった (40歳、神奈川県、時短・パート、年収100万円以下)

復職後、部署が変わってしまい、時短勤務をした。パワハラにあって自宅の近所に転職した (38歳、埼玉県、フルタイム、年収201~300万円)

周囲の協力の必要性や、迷惑をかけることへの意識の高まりも

それまで大抵のことは一人でやれていた女性でも、子どもができた後は、周囲に頼ることを覚えた、覚えざるを得なかったという人は多いです。迷惑をかけていて申し訳ないと思いながら働き続けている人も。

家族や近所に住んでいる父や母の協力が必要になった (40歳、埼玉県、フルタイム、年収601~700万円)

子どもが熱を出したりと、急に休むことが多く、周囲に迷惑をかけることが多くなった (34歳、静岡県、時短・パート、年収100万円以下)

周りに気を使わせてしまっているなと感じる (34歳、愛知県、時短・パート、年収301~400万円)

子ども以外の理由で休みがとれなくなった!

子どもができると、子どものために仕事を休まなくてはいけない日が出てきます。そのため、それまで比較的自由にとれていた休みがとれなくなった、という声もありました。

自分の体調管理に気をつかうようになった。子どものことで早退等しがちなので、さらに、自分の体調不良で休むなんて、申し訳なさすぎる (39歳、秋田県、時短・パート、年収101~150万円)

子どもの発熱などで急な休みがあるので、自分の用事では有給休暇がとれない (31歳、埼玉県、フルタイム、年収501~600万円)

自分自身の価値観の変化をあげる声も

働き方への自身の意識の変化を第一にあげる人もいました。

子どもが生まれる前は残業当たり前で、周りにあまり頼らず完璧に仕事をこなそうとしていたが、子供が生まれてからは子どもの体調や行事が最優先になり、幼稚園の時間内におさまるようなバイトをするように (39歳、滋賀県、時短・パート、年収100万円以下)

時間に制限があるので、仕事の優先順位を考えて取り組んだり、周りの人に仕事をお願いしたりするようになった (36歳、愛知県、フルタイム、年収601~700万円)

一時的に時短にしたものの、子どもの成長とともに働き方が戻ってきた!

子どもができて、時短にしたものの、子どもの成長ともに今は元の働き方に戻っている、という人もいました。子どもができたばかりの人は、参考にしたいですね。

2人め3歳までは時短、その後フルタイムに戻したら、仕事が増えて残業しないと回らなくなった (39歳、京都府、フルタイム、年収501~600万円)

子どもが3歳になるまでは時短勤務。今はフルタイム (33歳、福岡県、フルタイム、年収301~400万円)

変わらない、収入が上がった、という人も!

少数ですが、子どもがきても働き方は変わらない、効率化して時給が上がった、といううれしい声もありました!

時給が増えたかな。頑張ったから (32歳、東京都、フルタイム、年収601~700万円)

元々自由業として働いているので、家族の支えがあれば、働き方自体はそれほど変わらない (42歳、東京都、フルタイム、年収701万円以上)

時給が増えたので、さらに増えるよう努力している (40歳、埼玉県、フルタイム、年収601~700万円)

ワーママのタイムスケジュールは?

子どもがきて、圧倒的に忙しくなった、時間が足りない、と感じるワーママがほとんどのよう。

どのように一日の時間を配分しているのか、フルタイム―ママと、時短・パートタイムワ―ママに分けて、見てみましょう。

フルタイムワーママのタイムスケジュール

どうしても時間のやりくりが厳しいフルタイムワーママ。早朝起きて家事をする人、夜子どもたちを寝かしてから仕事を再開する人、なかには睡眠時間がかなり短かったり、食事の時間を削っているワーママも……。

一方で、子どもの送り迎えをパパと分担したり、洗濯乾燥機など家電を上手に利用したりする工夫も目立ちます。

5時起床 7時までに朝食を作り、片づけ、そうじ 8時半→16時半 仕事(昼食なし) 18時くらいまでに夕食準備 or 外食 20時ころまで風呂・団らん 21時には洗濯(自動乾燥)を回したまま就寝 (42歳、東京都、フルタイム、年収701万円以上)

6時 起床、ごはん・お弁当作り 7時 子どもを起こし支度 8時 出発 8時半→17時半 仕事(子どもの迎えは父親) 18時 晩御飯 19時 後片付けとお風呂の準備 20時 お風呂 21時 寝かしつけ 22時 仕事や趣味、くつろぎ 24時 就寝 (38歳、福井県、フルタイム、年収151~200万円)

5時 起床、朝食 6時半 出発、子ども送り 9時→18時 仕事 18時半 子ども迎え 19時 風呂 19時半 夕食 21時 寝かしつけ 24時 就寝 (41歳、埼玉県、フルタイム、年収301~400万円)

5時半 起床、洗濯して朝食作り朝食。その後に洗い物と掃除。朝は子どものことは夫が担当 8時 出発 8時30分→17時 仕事 17時半 子どもをお迎えして買い物 19時半前後 夕食 20時半 子どもとお風呂 21時頃 子どもを寝かしつけ、その後、持ち帰り残業務対応と夫婦の時間 23時過ぎ 就寝 (41歳、東京都、フルタイム、年収401~500万円)

時短・パートタイムワーママのタイムスケジュール

時短・パートタイムと一口でいっても、1~2時間短いだけで、ほぼフルタイムのように働いているママもいれば、短時間だけ働いて、育児・家庭を中心にしているママもいて、さまざまです。

フルタイムに近いくらい働く時短ワーママの場合

6時 起床、朝食、お弁当作り、身支度 7時半 出発(子どもの送りは夫) 8時半→16時 仕事 17時 子どものお迎え 18時 夕食 19時 お風呂 21時 寝かしつけ&就寝 (31歳、東京都、時短・パート、年収401~500万)

6時半 起床 7時20分 子どもを学校に送り 8時20分 子どもを園に送り 8時40分→17時 仕事 17時半 晩ごはん 19時半 お風呂 21時半 寝かしつけ 22時半 就寝 (41歳、兵庫県、時短・パートタイム、年収101~150万円)

7時 起床、洗濯、子どもの朝食の用意 8時 子どもたちが出ていってから朝食を食べる 9時→16時 仕事。その後、内職の荷物を取りに行く 17時から一日のメール処理 18時 夕食づくり 19時 夕食。その後内職 22時 風呂。その後は布団に入り寝落ちするまでスマホ (43歳、愛知県、時短・パートタイム、年収101~150万円)

短い時間に限って働くパートタイムワーママ

5時半 起床 9時半 出勤 15時 帰宅と買い物 17時 夕飯 20時 寝かしつけ (34歳、静岡県、時短・パート、年収100万円以下)

5時半 起床 7時 朝食 8時半 子どもを幼稚園に送る 9時~ 仕事 14時半 仕事を終えて子どもの迎え 17時半 夕食 19時 入浴 20時 就寝 (34歳、福岡県、時短・パート、100万円以下)

5時 起床 8時→13時 仕事 帰宅以降はずっと子どもの面倒を見てます 21時 就寝 (47歳、埼玉県、時短・パート、101~150万円)

6時 起床、朝ごはん、準備 8時 出発子どもを送る 9時→15時 仕事 その後子供たち迎え 17時 お風呂、ご飯 20時 就寝 (33歳、愛知県、時短・パート、100万円以下)

ワーママは今の働き方に満足してる? 本音を聞いてみた!

日々忙しく働いているワーママたち。果たして、今の働き方に満足しているのでしょうか? 本音を聞いてみました!

ワーママの仕事への満足度はとても高い!?

あなたは現在の仕事に満足していますか?

    4

52%、半数以上のママが「満足している」と回答。

これに「どちらかというと満足している」という回答と合わせると、9割近くが、現在の仕事にある程度満足していることがわかります。

また、アンケートでは、上のように回答した理由も聞いてみました。

現在の仕事に満足しているママ、その理由は?

家事に育児にと忙しいワーママにとって、ある程度時間や休みの融通が利くこと、子育てへの職場の理解があることは、仕事への満足度の大きなポイントとなっているようです。

年収が高いほど満足度が高いとも、フルタイムのほうが、時短・パートタイムのほうが満足度が高いともいえない結果に。年収や勤務形態よりも、それぞれの希望に合わせた働き方ができているかのほうが重視されている印象です。

ただ、「満足している」といっても、その度合いはさまざま。充実感をもって働けているワーママもいれば、あまりぜいたくは言えないと、自分を納得させているワーママもいるようです。

いろいろ融通が利く環境だから (41歳、埼玉県、フルタイム、年収301~400万円)

時間の融通が利く (31歳、愛知県、時短・パート、年収151~200万円)

仕事は嫌いではないし、休みもとりやすく、子育てと両立しやすい (35歳、静岡県、フルタイム、401~500万円)

残業を減らせるように配置転換してもらったので。新しい価値観で仕事に臨める (41歳、東京都、フルタイム、年収401~500万円)

日にち、時間を自由に決められて、給料もいい (41歳、東京都、フルタイム、年収401~500万円)

子どもが急な風邪や行事などでシフトを変更できるところが本当に助かっている (33歳、愛知県、時短・パート、年収100万円以下)

もう少し長く働きたい気持ちもあるが、今は子どもとの時間を優先したいので、概ねこれでいいと思っている (39歳、滋賀県、時短・パート、年収100万円以下)

収入と支出のバランスを保つことができている (33歳、埼玉県、時短・パート、年収100万円以下)

まあまあ責任のある仕事をしている (38歳、青森県、フルタイム、年収401~500万)

子どもが生まれる前からの仕事を継続できるのはありがたい (40歳、埼玉県、フルタイム、年収601~700万円)

欲を言えばきりがない (36歳、山梨県、時短・パート、年収201~300万円)

社会がいろいろと厳しいなかで、満足しているということにしておかないと、罰が当たる (34歳、愛知県、フルタイム、年収201~300万円)

現在の仕事に不満なママ、その理由は?

基本給が低いし、自由度も少なく融通が利かない (38歳、福井県、フルタイム、年収301~400万)

肉体労働なので、腰を痛めてしまい、体力的に続くか不安 (40歳、神奈川県、時短・パート、年収101~150万円)

人間関係。組織が適当 (39歳、秋田県、時短・パート、年収151~200万円)

小学校教員で、仕事が勤務時間内で終わらない程たくさんある、残業代や休日出勤代が全く出ない体力的にキツい、腰痛持ちなので立ち仕事(授業)がツラい、仕事内容の割に給料が低い、保護者対応が年々大変になっている (40歳、茨城県、フルタイム、年収501~600万円)

まとめ

「ワーママ」の実態を、アンケートを通して見てきました。

子どもを育てながら働くのは大変でもありますが、今の仕事に対し、前向きな回答が多かったのは、働く女性が増え、時代が前に進んでいることを感じる結果でした。

時間を大事にしたいワーママも、キャリアを大事にしたいワーママも、自分に合わせた働き方を選べて、毎日を充実させていける、そんな例が一つでも増えればいいと願うばかりです。

◆アンケート情報 調査時期:2020年12月20日-24日 調査対象:マイナビニュース会員、子どものいる女性 調査数:396名 ※記事内で紹介している回答は、このうち、0~12歳までの子どもがいて、現在「働いている」あるいは「産休・育休中」と回答した105名のものです。 調査方法:インターネットログイン式アンケート

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

(漫画:くりきんとん/文・構成:マイナビウーマン子育て編集部)

参考文献 [*1]国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録