夫婦で話し合いをするのに、ぴったりな場所があった!

更新日:2021年1月19日 / 公開日:2021年1月19日

「夫・妻にイライラする」「家事・育児は自分ばかり」と感じている人、必見! 50万部超えの人気シリーズ『察しない男 説明しない女』『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』(ともにディスカヴァー)の著者である五百田達成さんの最新書籍から、夫婦のコミュニケーション不全を解決するヒントを、短期集中連載でご紹介します!

今回のお題:話し合いのルール

「そろそろ車買い替えようか」 「えー、次はカーシェアでいいよ」 「学校はあの私立に行かせようよ」 「いや、近くの公立のほうがいいって」 「もっと自然に囲まれたところに引っ越したいなあ」 「そう? 私は都会で暮らしたいけど」 夫婦の話し合いのなかには、このような、平行線を辿りそうなテーマが議題になることもあります。ふたりなので多数決というわけにもいかず、両者とも一歩も譲らなければ、話し合いの出口はなかなか見えてきません。 「話し合い」「すり合わせ」は大事ですが、議論が行き詰まったらどうすればいいでしょうか? そういうときは無理に白黒つけようとするのではなく、いったん話し合いを中断し、時間と場所を改めるのがおすすめです。 それも「また今度にしよう」などとあいまいに延期するのではなく、「じゃあ、明日の夜、8時からまた話そう」などと、具体的にリスケします。 あるいは「場所」を変えるのも効果的。 近所のカフェやファミレスなどへ、その話をするためだけにわざわざ行き、会議を開くのです。職場が近ければ、平日のランチの時間に待ち合わせて話すのもいいでしょう。 というのも、家の中は話し合いを妨げる要素が意外と多いのです。小さな子どもがいればそもそもゆっくり話もできないでしょうし、宅配便の荷物が届いたり、テレビの音がうるさかったりと、邪魔が絶えません。 もちろん、家事や仕事をしながら会話をするのもよくありません。話している側からすると「ないがしろにされてる感」が強く不満です。本気で話し合いをしようとするなら、「片手間」はNG。わざわざ「カフェ会議」を開くのは、ちょっとコストがかかりますが、それに見合うだけのリターンはあります。

議論は内容よりコンディションに左右される

夫婦の話し合いがどうもうまくいかない理由として、「お互いのコンディションが万全でない」も考えられます。どちらかが疲れている、睡眠不足、体調が悪いなどの場合は日を改めるべき。 さらに言えば、基本的な話し合いのマナーを守るのも大事です。最も気をつけたいのは、大声を出さないことでしょう。意見が合わないと、ついヒートアップし大声を出してしまう人がいますが、これは「話し合うつもりがないです」と言っているようなもの。 もし相手が怒鳴ってきた場合、「ちょっと大きな声出さないでよ」と応戦するのは得策ではありません。「は?出してないよ、普通だよ」とさらにヒートアップしてしまう可能性があります。べろべろに酔っ払っている人もそうですが、大声を出している本人はそのことに意外と気づいていないのです。 ここはあえて小声で静かに「うん、それもわかるんだけどね」と会話を進めましょう。そうすれば相手もつられて「そ、そうだろう?」と声を小さくします。

ポイント

話し合いは万全のコンディションで

書籍『不機嫌な妻 無関心な夫』について

「夫婦間がなんとなくギスギスしている」、「話すことは子どものことばかり」など、夫婦間のコミュニケーションについてのお悩みを解決する1冊。夫婦の会話で気を付けたい50のルールを、○×形式で、わかりやすく紹介しています。書籍のなかでは、

●基本のルール ●家事・育児の分担 ●時間とお金の使い方 ●日常生活の過ごし方

の4項目の会話についてまとめています。

著者プロフィール 五百田達成(いおた たつなり)さん 作家、心理カウンセラー、米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー。東京大学教養学部卒業後、角川書店・博報堂・博報堂生活総合研究所を経て独立。著書に、『察しない男 説明しない女』『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』シリーズ(ともにディスカヴァー)、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(新潮文庫)などがある。『スッキリ!!』(日本テレビ)を『この差って何ですか?』(TBS)をはじめ、テレビ、雑誌などのメディアに出演多数。 http://www.iotatatsunari.com/

(文:五百田達成『不機嫌な妻 無関心な夫』(ディスカヴァー)より一部抜粋/マイナビウーマン子育て編集部)


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録