ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

今日から実践! リラックス効果を高める為の正しいお風呂術

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!

今日4月26日は“良い風呂の日”。数字の語呂合わせによって定められた、なんとも単純な記念日ではあるが、新年度がスタートして慌ただしいこの時期に、大切な癒やしの場であるお風呂を今一度見直すのもいいかもしれない。

SUUMOの「家にいて“幸せだなあ……”と思う瞬間は?」という記事の中で、20~49歳の男女にアンケートを取ったところ、お風呂に入っている瞬間が幸せだと感じている人は全体の48.5%。“ご飯を食べているとき”に次いで、2位にランクインされている。このことからも、世間の人の多くが、お風呂をこよなく愛しているのが分かる。

それでは、より良いお風呂タイムを過ごす為には何が大切なのだろうか。簡単に思いつくのはバスソルトやアロマなどの活用だが、もっと根本的な方法がきっとあるに違いない。その辺を、家庭の医学について紹介するサイト「gooヘルスケア」で調べてみた。すると、どうやらリラックスの鍵はお湯の温度にあることが分かった。記事によると、

お湯の温度は39度前後のぬるめがおすすめ。体温より少し高いくらいの温度なので体への負担が少なく、脈拍や血圧などを安定的に保ちます。さらに鎮静・鎮痛作用や興奮をおさえる作用があり、リラックス効果が高まります。(中略)心身の緊張がほぐれ、副交感神経が優位になって呼吸も安定し、リラックスした状態で就寝前の時間を過ごすことができるため、寝つきもよくなります。

とのこと。これならお湯の温度を設定するだけなので、簡単にトライできそう。まずはここからスタートして、それからバスソルトやアロマなどを購入してみるのもいいかもしれない。“良い風呂の日”である今日この日から、ぜひ試してみては。

元画像url 住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

【住まいに関する関連記事】


情報提供元:SUUMO

更新日:2012年4月26日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録