アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

20分でプログラミングの思考法を直感的に学べるボードゲームが新発売

/

目次


ボードゲームなどの企画・制作を行う「バンソウ」は、IT関連企業「VITA」と共同開発した、プログラミングの思考法を直感的に学べるボードゲーム『ロジックロボット』3,300円(税込)を、3月24日(水)から発売する。現在Amazonにて予約を受付中だ。

条件分岐を学ぶ入り口に最適

『ロジックロボット』は、プログラミングの基礎“条件分岐”という命令方法がテーマ。条件分岐とは、ある条件が満たされているかどうかによって次に実行する処理を変えることを指し、どのプログラミング言語にも必ずと言っていいほど存在する、基礎中の基礎とも言えるもの。


「VITA」が開講していた親子向けのプログラミング教室では、多くの子供たちがこの条件分岐の理解に苦戦していたため、条件分岐をまず手に取りやすいアナログな遊びで体験することでプログラミングの思考法を学ぶ入り口にしてもらえればという思いにより、同商品が開発された。

10才から20分で遊べる簡単なルール

同ゲームは、莫大なエネルギーをもたらす新鉱石“オメガライト”が発見された近未来が舞台。しかしオメガライトのありかは、危険いっぱいの地下深く。プレイヤーはロボットエンジニアになって、危険地帯に侵入するロボットをプログラミングし、誰よりも早くオメガライトの入手を目指す。


危険地帯のマップを見ながらロボットに行動プログラムを施す前半の「プログラミングフェーズ」では、ほかのプレイヤーとプログラムを奪い合う駆け引きを行う。


侵入したロボットを動かしてオメガライトの在処を目指す後半の「アクションフェーズ」では、プログラムを活用しながらゴールを目指し競争する。同ゲームでは、これらを楽しみながら、プログラミングの思考法を身につけることができる。

10才ごろから20分程度で遊べる簡単なルールなので、子どもにプログラミングの思考法を学ばせるのにおすすめ。もちろん、大人が遊んでもつい熱中してしまう楽しいボードゲームになっている。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録